打开主菜单

上田 信((1957年9月28日[1]- )是一名日本歷史學家、立教大学文学部教授,専門研究中国史亞洲社会論。出身於東京都

他對於中国史研究領域主要集中在時代(西暦14~19世紀)研究、亞洲社会論等領域,乃至在世界音樂的角度展開討論。

目录

略歴编辑

出生於東京都,1980年畢業於東京大学文学部東洋史学科,1982年 同大学大学院人文科学研究科東洋史学専攻修士課程修了、東京大学東洋文化研究所助手(-1987年)。198385年期間在南京大学留学。1989年立教大学文学部史学科専任講師。1990年助教授1997年教授

著作编辑

單著编辑

  • 『伝統中国――〈盆地〉〈宗族〉にみる明清時代』(講談社選書メチエ 1995年)
  • 『森と緑の中国史――エコロジカル・ヒストリーの試み』(岩波書店, 1999年)
  • 『トラが語る中国史――エコロジカル・ヒストリーの可能性』(山川出版社, 2002年)
  • 中国の歴史(9)海と帝国――明清時代』(講談社, 2005年)
  • 『東ユーラシアの生態環境史』(山川出版社[世界史リブレット] 2006年)
  • 『風水という名の環境学 気の流れる大地』農山漁村文化協会 図説・中国文化百華 2007
  • 『ペストと村 七三一部隊の細菌戦と被害者のトラウマ』風響社あじあ選書 2009
  • 『大河失調 直面する環境リスク』叢書・中国的問題群 岩波書店 2009
  • 『シナ海域蜃気楼王国の興亡』講談社 2013
  • 『貨幣の条件 タカラガイの文明史』筑摩書房 2016

共編著编辑

  • 木村靖二)『地域の世界史(10) 人と人の地域史』(山川出版社, 1997年)

譯書编辑

參考資料编辑

  1. ^ 『現代日本人名録』2002年

外部連結编辑