中央公论文艺奖

中央公论文艺奖(日语:中央公論文芸賞)是日本中央公论新社庆祝成立120周年在2006年设立的文学奖,奖金100万日元[1]

评选委员编辑

從第1回至第5回的中央公论文芸奖的评选委员是渡边淳一林真理子鹿岛茂浅田次郎於第六回開始加入评选委员[2]

历届得奖者编辑

得奖人 作品 出版社
1 2006年 浅田次郎 《お腹召しませ》 中央公论新社
2 2007年 角田光代 第八日的蝉 中央公论新社
3 2008年 祢寝正一 《荒地の恋》 文艺春秋
4 2009年 村山由佳 《ダブル・ファンタジー》 文艺春秋
5 2010年 江国香织 像樣的不倫人妻》(真昼なのに昏い部屋) 讲谈社
6 2011年 井上荒野矢澤朝子 《そこへ行くな》;《地のはてから》 集英社;讲谈社
7 2012年 東野圭吾 解憂雜貨店 2012年3月 角川書店
8 2013年 石田衣良 《北斗: 殺人少年的懺悔》 2012年10月 集英社
9 2014年 木内昇 『櫛挽道守』[3] 2013年12月 集英社
10 2015年 篠田節子 『インドクリスタル』[4] 2014年12月 KADOKAWA
中島京子 長いお別れ[5] 2015年5月 文藝春秋
11 2016年 東山彰良 『罪の終わり』[6] 2016年5月 新潮社
12 2017年 森絵都 みかづき[7] 2016年9月 集英社
13 2018年 朝井まかて 『雲上雲下』 2018年2月 德間書店
14 2019年 吉田修一 『国宝』[8] 2018年9月 朝日新聞出版

參考資料编辑

  1. ^ 中央公論文芸賞に浅田次郎作「お腹召しませ」2006年08月28日 互联网档案馆存檔,存档日期2013年07月28日,. - asahi.com(朝日新聞社)2012年6月4日閲覧。
  2. ^ 第6回「中央公論文芸賞」は井上荒野さんと乃南アサさんがW受賞 2011/08/26 - 中央公論新社 2012年6月4日閲覧。
  3. ^ 中公文芸賞に木内昇さんの「櫛挽道守」 :日本経済新聞
  4. ^ 「インドクリスタル」 篠田節子さん : ライフ : 読売新聞(YOMIURI ONLINE). [2019-04-24]. (原始内容存档于2016-08-28). 
  5. ^ 「長いお別れ」 中島京子さん : ライフ : 読売新聞(YOMIURI ONLINE). [2019-04-24]. (原始内容存档于2015-11-18). 
  6. ^ 中央公論文芸賞に東山彰良さん「罪の終わり」 - 産経ニュース
  7. ^ 中公文芸賞に森絵都さん. 時事通信社. [2017-09-18]. 
  8. ^ 中公文芸賞に吉田さん. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). 2019-08-23 [2019-08-28]. 

外部链接编辑