丸山真男

丸山真男(1914年3月22日-1996年8月15日),日本政治學家、思想史家,東京大學法學部政治思想講座教授,專攻政治思想史,被認為是第二次世界大戰後日本影響力最大的政治學者。

丸山眞男
出生(1914-03-22)1914年3月22日
 日本大阪府東成郡天王寺村(現大阪市阿倍野區
逝世1996年8月15日(1996歲-08-15)(82歲)
 日本東京都
国籍 日本
母校東京帝國大學
知名于福澤諭吉
日本政治思想史
近代儒學研究
奖项第4屆大佛次郎賞日语大佛次郎賞(1977年)
科学生涯
研究领域日本思想史、哲学
机构日本學士院
東京大學
日語寫法
日語原文丸山 眞男
丸山 真男[1]
假名まるやま まさお
平文式罗马字Maruyama Masao

生平编辑

1914年,丸山真男生於大阪府。父親丸山幹治記者,曾赴美國報導有關第一次世界大戰的新聞;哥哥丸山鐵雄後來則成為樂評家。1921年,搬家至東京府四谷

大正民主思潮下成長的丸山於1931年昇入舊制第一高等學校,在校期間曾加入左派社團,以致於受到特別高等警察課的調查;1934年一高畢業後入東京大學法學部,先研究歐洲政治思想史,後則師從南原繁改習日本政治思想史。在第二次世界大戰皇國史觀盛行的年代,丸山採用社會科學的方法,獨樹一幟。1936年,他完成一篇學生論文〈政治學中國家的概念〉,備獲賞識而升任為法學部助手,後升助教授;一直到1944年,時因大日本帝國陸軍教育召集的關係被送至平壤二等兵才中斷。

第二次世界大戰後,1946年,丸山發表了著名的論文〈超國家主義的論理與心理〉,文中稱戰前的天皇制為「不負責任的體系」,使這篇文章大為出名。

1950年,丸山升任東大教授。

1960年,與岸信介內閣安保鬥爭中,丸山對2500名聚集在教育會館的群眾發表演講,其中一句「一旦認同權力萬能,就等於否定了民主;這是我們眼前的選擇」激勵了眾人,之後便出發前往日本國會抗爭。

1969年,左派的全學共鬥會議(全共鬥)運動佔領他的研究室時,他嚴厲批評,參加的學生直與納粹無異。

1971年,丸山自東京大學退休;1974年成為東大名譽教授,1978年成為日本學士院會員。

1993年,丸山被診斷罹患肝癌。1996年8月15日,丸山逝世。丸山臨終前說:「想起我的青春時代,整個日本就是一個奧姆真理教……一出了日本就完全行不通的邏輯,在日本社會內卻可以堂堂通行。」(「私の青年時代を思うと、日本中、オウム真理教だったのではないか。 外では通用しないことが、内では堂々とまかり通る。」)

思想與貢獻编辑

丸山真男的思想承繼德國黑格爾思潮,融入馬克斯·韋伯阿爾弗雷德·舒茨卡爾·曼海姆等德國知識社會學家的理論。丸山真男與經濟史學者大塚久雄的「大塚史學」並稱。

丸山真男的成名作為《日本政治思想史》(1952年),影響了日本現代人文學科的各個層面。在日本,丸山的思想被稱為「丸山政治學」,丸山真男门下代表弟子多数在日本法政大学执教,其弟子藤田省三,是继丸山真男之后,被认为代表丸山学派的政治学家。

門下生编辑

腳註编辑

  1. ^ 其戶籍名為「丸山 眞男」,但媒體一般將其名字中的「」字寫作新字體」。

参考文献编辑

関連文献编辑

丸山論は没後に、約100冊以上出版されている。
水林彪末木文美士・澤井啓一・安丸良夫川崎修松沢弘陽、※計8名の思想史論考集
  • 植手通有集3 丸山真男研究 その学問と時代』あっぷる出版社、2015年
  • 福田歓一 『丸山真男とその時代』 岩波書店〈岩波ブックレット522〉。小冊子
  • 宮村治雄 『丸山真男「日本の思想」精読』 岩波現代文庫
  • 宮村治雄 『戦後精神の政治学 丸山真男・藤田省三萩原延壽』 岩波書店
  • 松本礼二『知識人の時代と丸山眞男 比較20世紀思想史の試み』岩波書店
  • 笹倉秀夫 『丸山真男の思想世界』 みすず書房
  • 飯田泰三 『戦後精神の光芒 丸山真男と藤田省三を読むために』 みすず書房
  • 石田雄 『丸山真男との対話』 みすず書房
  • 石田雄・姜尚中 『丸山真男と市民社会』〈転換期の焦点5〉世織書房 
  • 加藤周一日高六郎 『同時代人丸山真男を語る』〈転換期の焦点6〉世織書房、※2冊とも対談のブックレット
  • 都築勉 『戦後日本の知識人 丸山真男とその時代』 世織書房
  • 都築勉 『丸山真男への道案内』 吉田書店
  • 都築勉 『丸山真男、その人 歴史認識と政治思想』 世織書房
  • 山崎正純 『丸山真男と文学の光景』 洋々社
  • 入谷敏男 『丸山真男の世界』 近代文芸社
  • 仲正昌樹 『丸山真男と吉本隆明 〈戦後思想〉入門講義』作品社、2017年
  • 佐藤瑠威 『丸山真男とカール・レーヴィット 近代精神と批判精神をめぐって』日本経済評論社
  • 植村和秀 『丸山真男と平泉澄 昭和期日本の政治主義』〈パルマケイア叢書19〉柏書房
  • 田中浩 『日本リベラリズムの系譜 福沢諭吉・長谷川如是閑・丸山真男』 朝日新聞出版朝日選書
  • 中野敏男 『大塚久雄と丸山真男 動員、主体、戦争責任』 青土社、新装版刊
  • 渡部純 『現代日本政治研究と丸山真男 制度化する政治学の未来のために』 勁草書房
  • 情況出版編集部編 『丸山真男を読む』 情況出版
  • 小林正弥編『丸山真男論 主体的作為、ファシズム、市民社会』〈公共哲学叢書2〉東京大学出版会
  • 今井弘道 『三木清と丸山真男の間』風行社
  • 今井弘道 『丸山真男研究序説 「弁証法的な全体主義」から「八・一五革命説」へ』風行社
  • 富田宏治 『丸山真男 「近代主義」の射程』関西学院大学出版会
  • 田口富久治 『丸山真男とマルクスのはざまで』日本経済評論社  
  • 安川寿之輔 『福沢諭吉と丸山真男 「丸山諭吉」神話を解体する』 高文研
  • 小幡清剛 『丸山真男と清水幾太郎 自然・作為・逆説の政治哲学』 萌書房
  • 中島誠 『司馬遼太郎と丸山真男』 現代書館
  • 北沢方邦 『感性としての日本思想 ひとつの丸山真男批判』藤原書店
  • 今井伸英 『丸山真男と戸坂潤 護憲の論理と丸山政治学の陥穽』 論創社
  • アンドリュー・E・バーシェイ 『近代日本の社会科学 丸山真男と宇野弘蔵の射程』 山田鋭夫訳、NTT出版  
  • 小田村寅二郎『昭和史に刻むわれらが道統』日本教文社 
  • 小田村寅二郎「丸山真男氏の思想と学男の系譜」(『学問・人生・祖国―小田村寅二郎選集』(国民文化研究会))

映像编辑

  • NHKエンタープライズ編 『ビデオ 丸山眞男と戦後日本』(2巻組:みすず書房、1997年)
1996年にNHKETV特集」で2日間に渡り、「第1巻:民主主義の発見」、「第2巻:永久革命としての民主主義」が放映。
  • 『学問と情熱 丸山眞男――響き続ける民主化への執拗低音』、ナレータ加藤剛
    紀伊國屋書店 ビデオ評伝シリーズ第30巻」 1997年/DVD再版、2004年。
  • NHK Eテレ 『戦後史証言プロジェクト 日本人は何をめざしてきたのか 知の巨人たち 第3回 丸山眞男と政治学者たち』
    2014年7月14日放映。90分。丸山の講演テープ、三谷太一郎折原浩らのインタビューなどが含まれている。

外部連結编辑