打开主菜单

伊東正義(1913年12月15日-1994年5月20日)、日本政治家

伊東 正義
Masayoshi Ito.jpg
 日本第109任外務大臣
任期
1980年7月17日-1981年5月18日
总理 鈴木善幸
前任 大来佐武郎
继任 園田直
 日本內閣總理大臣(臨時代理)
任期
1980年6月12日-1980年7月17日
总理 大平正芳
前任 大平正芳
继任 鈴木善幸
 日本副總理
任期
1980年6月11日-1980年7月17日
总理 大平正芳
前任 福田赳夫
继任 金丸信
 日本第43任内閣官房長官
任期
1979年11月9日-1980年7月17日
总理 大平正芳
前任 田中六助日语田中六助
继任 宮澤喜一
 日本眾議院議員
任期
1969年12月29日-1993年6月18日
选区 福島縣第2區(中)日语福島県第2区 (中選挙区)
任期
1963年11月22日-1966年12月27日
选区 福島縣第2區(中)日语福島県第2区 (中選挙区)
个人资料
出生 (1913-12-15)1913年12月15日
 大日本帝国福島縣若松市
(現会津若松市
逝世 1994年5月20日(1994-05-20)(80歲)
 日本東京都
政党 自由民主黨
配偶 伊東輝子
母校 東京帝国大学法学部

歴任日本众议院議員(9期)、外務大臣(第109代)、副首相内阁官房長官(第43代)、自由民主党政務調査会長(第32代)、自由民主党总務会長日语自由民主党総務会(第30代)。祖父是会津藩士伊東健輔。

来歴・人物编辑

出生于福岛县会津若松市東京帝国大学法学部日语東京大学法学部毕业后进入农林省工作。[1]

1963年当选日本众议院議員,[2]他属于原农林省大臣河野一郎为首的河野派,后又加入密友大平正芳所属的池田派(領袖池田勇人)。

大平正芳任自民党总裁后,伊東成为党財務委員長,在第二届大平内阁中出任内阁官房長官,辅佐大平[3]

1980年,福田派三木派对大平内阁提出不信任决议,虽未得逞,但大平仍在5月30日病发入院。伊東在6月12日临时代理首相职务。[4]大平因病去世后,内阁总辞职。

1986年出任中曾根康弘总裁下属的自民党政調会長,重返政界,1987年任竹下登总裁手下的自民党总務会長。1993年从政界引退。1994年5月20日因肺炎東京都家中去世。享年80。

脚注编辑

  1. ^ 劇画『小説吉田学校』の中でもこのエピソードが描かれている
  2. ^ 『大平正芳』 115頁。
  3. ^ 『大平正芳』 256頁。
  4. ^ 前日の6月11日付けで「内閣法第九条に規定する国務大臣に指定」する旨の辞令が発出され「内閣総理大臣臨時代理の就任予定者」となったが、これには期間・条件等(「大平正芳の病気療養中」など)の制限に関する付記がないため、形式的にはいわゆる「副総理」である。翌12日に大平が死亡したことにより新首相の親任式までの間「内閣総理大臣臨時代理」の職名を使用することとなった。

参考文献编辑

政党职务
前任:
安倍晋太郎
自由民主党总務会長
第30代:1987年 - 1989年
繼任:
水野清
前任:
藤尾正行
自由民主党政務調査会長
第32代:1986年 - 1987年
繼任:
渡边美智雄
官衔
前任:
岸信介
1957年・石橋内閣
  内阁总理大臣臨時代理
1980年
第2届大平内閣
繼任:
青木幹雄
2000年・小渊内閣
前任:
福田赳夫
  国務大臣(副首相)
1980年
繼任:
金丸信
前任:
大来佐武郎
  外務大臣
第108代:1980年 - 1981年
繼任:
园田直
前任:
田中六助
  内閣官房長官
第43代:1979年 - 1980年
繼任:
宫泽喜一