佐藤幸德

佐藤幸德(1893年3月5日-1959年2月26日)是山形縣出身的日本陸軍軍人。他經由陸軍大學校第33期、陸軍士官學校第25期畢業,最終階級為陸軍中將。

日語寫法
日語原文 佐藤 幸徳
假名 さとう こうとく
平文式罗马字 Kōtoku Satō

个人生涯编辑

張鼓峰事件其間,他以步兵第75聯隊長作戰。諾門罕戰役其間,已升為少將的佐藤於諾門罕戰役中隸屬小松原道太郎的部隊。1943年,第31師團組建,佐藤成為師團長。1944年的英帕爾戰役期間,第31師團在條件極其惡劣的環境下,還是辛苦地佔領了柯希馬;但佐藤幸德在評估了整體戰力之後,認為繼續作戰下去只是徒增無謂的傷亡,5月底,佐藤幸德決定違抗牟田口廉也司令官的命令,通令第31師團全軍撤退。

軍歴编辑

主要著述物编辑

相关书籍编辑

いずれも佐藤について触れられている。

相关条目编辑

参考文献编辑

  • 児島襄「悲劇のインパール作戦」《太平洋戦争 下巻》P119-172 中公文庫、1974年。ISBN 4-1220-0117-X
  • 山下實六(大阪回生病院)「インパール作戦における烈兵団長の精神鑑定」《九州神経精神医学》24巻1号P151-157 1978年4月
    • 1977年11月26日、九州大学精神科同門会において講演した際の講演原稿
  • 土門周平 「佐藤幸徳と宮崎繁三郎 インパール作戦間の冷戦」《歴史と人物》「増刊 秘録・太平洋戦争」 中央公論社、1979年。