內田百閒

內田百閒(うちだ ひゃっけん、1889年(明治22年)5月29日 - 1971年(昭和46年)4月20日)是一位日本小說家散文作家。內田百閒本名濱田耕三第二次世界大戰結束後,筆名更改為內田百閒。別號為百鬼園(ひゃっきえん)

內田 百閒
Uchida Hyakken.jpg
1953年的內田百閒
出生內田榮造
(1889-05-29)1889年5月29日
日本岡山縣岡山市
逝世1971年4月20日(1971歲-04-20)(81歲)
日本東京都千代田區六番町
職業小說家随筆家
語言日語
國籍 日本
教育程度学士文学
母校東京帝国大学独文科
創作時期1922年 - 1970年
體裁小說随筆
代表作『冥途』(1922年)
『百鬼園随筆』(1933年)
阿房列車』(1952年)
配偶堀野清子 (1912年 - 1964年)
佐藤こひ (1964年 - 1971年)
受影響於夏目漱石

筆名“百閒”取自故鄉岡山縣旭川市百間川。他在第二次世界大戰期間,與中里介山拒絕加入日本文學報國會[1]

內田百閒擅長書寫奇幻小說和幽默的随筆。他的代表作包括『冥途』、『阿房列車』、『ノラや』等[2]

生平编辑

1889年明治22年)5月29日,內田百閒出生於岡山市(現在中區)古京町一丁目百四十五番地,家中經營造酒屋「志保屋」。

1905年(明治38年),父親久吉去世,志保屋倒閉。內田百閒之後就讀第六高等学校(現在岡山大学)、東京帝国大学文科。

1911年(明治44年),因探視夏目漱石成為其門生[2],結識小宮豊隆鈴木三重吉森田草平[2]

1912年大正元年),內田百閒與堀野清子結婚。1913年(大正2年),從事夏目漱石著作本校正工作,長男久吉出生。

1914年(大正3年),內田百閒畢業於東京帝国大学,結識漱石山房後輩芥川龍之介[3]。內田百閒擔任法政大学教授(予科独逸語部),長女多美野出生。

1921年(大正10年),內田百閒出版短編小説「冥途」等「新小説」,次女美野出生。

1923年(大正12年),內田百閒擔任陸軍砲工学校附陸軍教授,三女菊美出生。

1929年(昭和4年),內田百閒移居東京市牛込區(現在東京都新宿區)合羽坂

1933年(昭和8年),随筆集『百鬼園随筆』(三笠書房)刊行。 1934年(昭和9年),內田百閒因「法政騒動」辭去法政大教授[4]

1939年(昭和14年),內田百閒前往台灣旅行。

1942年(昭和17年),內田百閒拒絕加入日本文學報國會

1945年(昭和20年),內田百閒因東京大空襲導致東京都麹町區土手三番町(現在千代田區五番町)住宅燒毀。

1948年(昭和23年),內田百閒遷居東京都千代田區六番町。

1964年(昭和39年),內田百閒妻子清子死去(72歳)。

1970年(昭和45年),內田百閒最後以百鬼園發表随筆「猫が口を利いた」。

1971年(昭和46年)4月20日 ,內田百閒於東京自宅去世。戒名為覚絃院殿随翁栄道居士[5]

著作编辑

主要著作编辑

  • 『冥途』(稲門堂書店、1922年)
  • 『百鬼園随筆』(三笠書房、1933年)
  • 『續百鬼園随筆』(三笠書房、1934年)
  • 『旅順入城式』(岩波書店、1934年)
  • 『無弦琴』(中央公論社、1934年)
  • 『王様の背中』(楽狼書院、1934年)
  • 『百鬼園俳句帖』(三笠書房、1934年)
  • 『百鬼園日記帖』(三笠書房、1935年)
  • 『鶴』(三笠書房、1935年)
  • 『凸凹道』(三笠書房、1935年)
  • 『有頂天』(中央公論社、1936年)
  • 『續百鬼園日記帖』(三笠書房、1937年)
  • 『随筆新雨』(小山書店、1938年)
  • 『居候匆々』(小山書店、1938年)
  • 『北溟』(小山書店、1938年)
  • 『丘の橋』(新潮社、1939年)
  • 『鬼苑横談』(新潮社、1939年)
  • 『菊の雨』(新潮社、1939年)
  • 『百間座談』(三省堂、1941年)
  • 『船の夢』(那珂書店、1941年)
  • 『沖の稲妻』(新潮社、1942年)
  • 『百鬼園俳句』(青磁社、1943年)
  • 『戻り道』(青磁社、1944年)
  • 『御馳走帖』(榜葛刺屋書房、1946年、新稿・三笠書房、1968年)
  • 『新方丈記』(新潮社、1947年)
  • 『百鬼園夜話』(湖山社、1949年)
  • 『贋作吾輩は猫である』(新潮社、1950年)
  • 『随筆億劫帳』(河出書房、1951年)
  • 『實説艸平記』(新潮社、1951年)
  • 『鬼園の琴』(三笠書房、1952年)
  • 阿房列車』(三笠書房、1952年)
  • 『無伴奏』(三笠書房、1953年)
  • 『第二阿房列車』(三笠書房、1954年)
  • 『禁客寺』(ダヴィット社、1954年)
  • 『東京焼盡』(講談社、1955年)
  • 『第三阿房列車』(講談社、1956年)
  • 『いささ村竹』(筑摩書房、1956年)
  • 『鬼苑漫筆』(三笠書房、1956年)
  • 『ノラや』(文藝春秋新社、1957年)
  • 『東海道刈谷驛』(新潮社、1960年)
  • 『つはぶきの花』(筑摩書房、1961年)
  • 『けぶりか浪か』(新潮社、1962年)
  • 『クルやお前か』(東都書房、1963年)
  • 『波のうねうね』(新潮社、1964年)
  • 『馬は丸顔』(朝日新聞社、1965年)
  • 『麗らかや』(三笠書房、1968年)
  • 『夜明けの稲妻』(三笠書房、1969年)
  • 『残夢三昧』(三笠書房、1969年)
  • 『日没閉門』(新潮社、1971年)

新編再刊・全集编辑

  • 『現代知性全集27 內田百閒集』(日本書房、1959年)
  • 『私の「漱石」と「龍之介」』(筑摩書房〈筑摩叢書〉、1965年)
  • 『內田百閒全集』(全10巻、講談社、1971-73年)
  • 『現代の随想2 內田百閒』 平山三郎編(彌生書房、1981年)
  • 『新輯 內田百閒全集』(全33巻、福武書店、1986-89年)

日記编辑

  • 『百鬼園日記帖』平山三郎校訂(論創社、1981年)、旺文社・福武・ちくま 各文庫で再刊
  • 『恋文・恋日記』(福武書店、1989年、新版1995年)、中公文庫(全2冊)、2007年
  • 『百鬼園戦後日記』(小澤書店(上・下)、1993年)、ちくま文庫、2004年。中公文庫(全3冊)、2019年
  • 『百鬼園戦前・戦中日記』(慶應義塾大学出版会(上・下)、2019年)

作品集(文庫再刊)编辑

  • 旺文社文庫『內田百閒文集』(全39巻、旺文社、1979-87年)
    • ※生前刊行のほぼ全著作・日記・俳句。
    • 他に平山三郎編での座談集・手紙・回想文集+平山三郎中村武志による回想記[6]、単行版で「百鬼園写真帖」を刊行。
  • 福武文庫『內田百閒文庫』(全29巻、福武書店、1989-94年)、※以下は各・新字新かな遣い、アンソロジーによる文庫オリジナル版も刊行。
  • ちくま文庫『內田百閒集成』(全24巻、筑摩書房、2002-03年)。主に旺文社版+福武版の新装再刊
  • 中公文庫で、「ノラや」、「一病息災」、「御馳走帖」ほか(3冊は新装改版、他はアンソロジー)
  • 新潮文庫で、「阿房列車」(1・2・3)、「百鬼園随筆」が新版再刊
  • 他に岩波文庫種村季弘編)、講談社文芸文庫池内紀編)、ちくま文庫で各2冊。

関連作品编辑

映画
漫画
  • 『阿房列車』(月刊IKKI連載中、一條裕子作画)
  • 『ヒャッケンマワリ』竹田昼白泉社、2017年、ISBN 978-4592711230
絵本
音楽
  • 『Still - Stir』(難波研作曲 2009年)
    • 『冥途』の印象を元にチェロ独奏の為に作曲された。youtubeやsound cloudで試聴可能。
ムック
  • 『内田百間 イヤダカラ、イヤダの流儀』平凡社 別冊太陽、2008年9月
  • 『KAWADE夢ムック 総特集 内田百間』河出書房新社、2003年12月
  • 『新潮日本文学アルバム42 内田百間』新潮社、1993年

參考資料编辑

  1. ^ 内田百閒の戦前日記初公開 5月に岡山で、激動の時代淡々と. 山陽新聞. 2019-01-06 [2019-06-22]. (原始内容存档于2019-04-20). 
  2. ^ 2.0 2.1 2.2 著者プロフィール. 新潮社. [2019-06-22]. (原始内容存档于2017-06-18). 
  3. ^ 百間随筆1 池内紀編. 講談社BOOK倶楽部. [2019-06-22]. (原始内容存档于2019-06-22). 
  4. ^ 『東京朝日新聞』 1934年1月12日
  5. ^ 岩井 1997,第48頁
  6. ^ 各回想記、平山三郎は平山 (1983)、平山 (2018)、中村武志は中村 (1986)、増補し中村 (1993)。

外部連結编辑