冈本加乃子

冈本加乃子(日语:岡本かの子, 英語:Kanoko Okamoto, 1889年3月1日-1939年2月18日)是一位日本小说家,歌人。

冈本加乃子
Kanoko Okamoto
Okamoto Kanoko.jpg
出生(1889-03-01)1889年3月1日
 日本东京府东京市赤坂区青山南町
逝世1939年2月18日(1939歲-02-18)(49歲)
 日本东京府东京市小石川区
職業作家
體裁小说和诗歌

生平编辑

旧姓大贯,1889年出生于日本东京府一个富豪家族,1906年拜师于與謝野晶子,后发表新体诗和歌作品,1908年和父亲在轻井泽避暑时认识东京美术学校(现東京藝術大學)的学生冈本一平,后在和田英作撮合下结婚,1911年生下长子冈本太郎。后研究佛教著作,1936年后陆续发表多部小说。

作品编辑

小説编辑

  • 鶴は病みき(1936年、信正社)
  • 真夏の夜の夢(1937年]、版画荘)
  • 母子叙情(1937年、創元社)
  • 金魚撩乱(1937年、中央公論社
  • 老妓抄(1938年、中央公論社)
  • 河明り(1938年、創元社)
  • 丸の内草話(1939年、青年書房)
  • 生々流転(1940年、改造社
  • 鮨(1941年、中央公論社)
  • 女体開顕(1943年、中央公論社)

歌集编辑

  • かろきねたみ(1912年、青鞜社)
  • 愛のなやみ(1919年、愛のなやみ)
  • 浴身(1926年、越山堂)
  • わが最終歌集(1929年、改造社)
  • 新選岡本かの子集(1940年、新潮社

散文编辑

  • 散華抄(1929年、大雄閣)
  • 観音経 付法華経(1934年、大東出版社)
  • 仏教読本(1934年、大東出版社)
  • 人生論(1934年、建設社)
  • やがて五月に(1938年、竹村書房)
  • 巴里祭(1938年、青木書店)
  • 観音経を語る(1942年、大東出版社)

参考来源编辑

  • Sugisaki, Kazuko. 'A Writer's Life: A Biographical Sketch'. In The House Spirit by Okamoto, Kanoko translated by Sugisaki, Kazuko. Capra Press (1995). ISBN 0-88496-392-6
  • Copeland, Rebecca. The Modern Murasaki: Writing by Women of Meiji Japan. Columbia University Press (2007). ISBN 0-231-13775-3

外部链接编辑