打开主菜单

劉杰(1962年)是一名中華人民共和國籍的歷史學者,目前擔任早稻田大學社会科学部・社会科学綜合学術院教授、早稻田大學亞洲太平洋研究科教授。同時兼任哥倫比亞大學客席研究員、朝日新聞亞洲網絡客席研究員、朝日亞洲研究員。專門研究近代日本政治外交史、近代日中關係史、現代日中関係論、現代中国論。

出生於北京市,10歲開始學習日語,故很早便能流利地以日語交談。就讀北京外國語大學後,1982年來日入讀東京大學,師從伊藤隆,1993年修畢東京大学大学院人文科学研究科博士課程。1996年起任職於早稻田大學。

著書编辑

單著编辑

共著编辑

共編著编辑

  • 三谷博楊大慶)『国境を越える歴史認識―日中対話の試み』(東京大学出版会, 2006年)
  • (Andrew Gordon、三谷博、Yang Daqing)『Toward a History Beyond Borders: Contentious Issues in Sino-Japanese Relations』 (哈佛大學出版社, 2012)
  • 川島真)『1945年の歴史認識 ― 〈終戦〉をめぐる日中対話の試み』(東京大学出版会, 2009年)

史料編纂编辑

解説编辑

  • 益井康一 『漢奸裁判史 1946-1948 新版』(みすず書房, 2009年)

譯書编辑

分担執筆编辑

雑誌寄稿编辑

  • 「太平洋戦争新解釈の座標軸」 『諸君!』1995.9月号
  • 「電文にみる慮溝橋事件 ― 北京日本大使館の10日間」 『中央公論』1999.9月号
  • 「日中の相互不信を信頼へと変える法」 『論座』2002.5月号
  • 「日中関係と日中経済協力」 『月刊監査役』2004.4月 日本監査役協会
  • 「日中反目を解くには『説法』が必要」(巻頭インタビュー) 『選擇』2004年10月号
  • 「エリートに置き去りにされた中国民衆の危険なうごめき」 国分良成氏との対談 『中央公論』2004.9月号