打开主菜单

千田夏光(1924年8月28日-2000年12月22日,本名千田貞晴),日本作家,生於关东州大連市,為日本最早披露慰安婦存在的作家。

生平编辑

千田夏光的曾祖父千田貞曉日语千田貞暁,為薩摩藩出身的貴族院議員之曾孫。1924年生於大連市。日本大学肄業後進入每日新聞社工作。1957年後成為自由作家。

《從軍慰安婦》编辑

1964年,千田夏光在每日新聞發行的相片及《日本戰歷》(日本の戦歴)中發現照片中有女性隨軍,深入調查之後才發現慰安婦的存在[1]。1973年,出版了《從軍慰安婦》一書,引起全世界的關注與轟動。

著作编辑

  • 驚異の戦闘機・ゼロ戦(盛光社、1967年)
  • 日本の航空機(毎日新聞社 ヤング・エリート選書、1969年)
  • 占いの科学(毎日新聞社、1969年)
  • どん行列車の旅 気ままにたずねる心のふるさと(サンケイ新聞出版局、1973年)
  • 従軍慰安婦 “声なき女”八万人の告発(双葉社、1973年)
  • 続・従軍慰安婦 償われざる女八万人の慟哭(双葉社、1974年)
    • 従軍慰安婦 続篇(三一書房 三一新書、1978年)
  • 蒸発妻 一ケ月数万人が消える衝撃の記録(双葉社、1974年)
  • 民芸旅行(日本交通公社出版事業局、1974年)
  • 従軍看護婦 痛哭のドキュメント白衣の天使(双葉社、1975年)
  • 禁じられた戦記 ニューギニア、ガ島、ルソン・飢餓地帯(汐文社日语汐文社 シリーズ戦争と人間〈2〉、1975年)
  • 未婚の母 加賀まりこから子連れホステスまで新しい性モラルの虚像と現実(双葉社、1975年)
  • 従軍慰安婦悲史 戦史の空白部分を抉る(エルム社、1976年)
  • 皇太子よどこへゆく あなたは¨明仁天皇¨を必要とするか(エルム社、1976年)
  • 皇后の股肱―民草としての決算書(晩聲社日语晩聲社 ルポルタージュ叢書〈4〉、1977年)
  • 俘虜になった大本営参謀 三五年目のガダルカナル島(毎日新聞社、1977年)
  • あの戦争は終わったか 体験伝承の視点(汐文社、1978年)
  • 性的非行 女子中・高生の非行を追って(汐文社 同時代叢書、1978年)
  • 暴力非行 学園・家庭内暴力―非行少年を追って(汐文社 同時代叢書、1979年)
  • 死者の告発(双葉社、1979年)
  • 皇軍“阿片”謀略(汐文社 同時代叢書、1980年)
  • 終焉の姉妹 上・下(新日本出版社日语新日本出版社、1980年)
    • 終焉の姉妹 上・下(講談社文庫、1986年)
  • 死肉兵の告白(汐文社 同時代叢書、1980年)
  • 植民地少年ノート(日中出版、1980年)
  • 精薄児の書いたラブレター(汐文社 同時代叢書、1980年)
  • オンナたちの慟哭 戦争と女性哀話(汐文社 同時代叢書、1981年)
  • 踏まれ草(汐文社 同時代叢書、1981年)
  • 従軍慰安婦・慶子 中国、ガ島、ビルマ…死線をさまよった女の証言(光文社 カッパノベルス ノンフィクション・シリーズ、1981年)
    • 従軍慰安婦・慶子 死線をさまよった女の証言(恒友出版、1995年)
    • 従軍慰安婦・慶子 死線をさまよった女の証言(クラブハウス、2005年)
  • くれない染めし草の色(汐文社 同時代叢書、1982年)
  • 砂のつぶやき(新日本出版社、1982年)
  • 母と娘の刻印(講談社、1982年)
  • ハンカチ売りの非行少女(汐文社 同時代叢書、1982年)
  • 天皇と勅語と昭和史(汐文社 同時代叢書、1983年)
  • 女子大生花子(汐文社 同時代叢書、1983年)
  • 思い出の塔(汐文社、1983年)
  • 色のない花(汐文社 同時代叢書、1984年)
  • 筆の涙 被爆者横山雪さんの手紙(汐文社 同時代叢書、1984年)
  • 死と死 あの戦争をめぐって(汐文社、1984年)
  • 涙痕 オンナたちの戦争(汐文社 同時代叢書、1985年)
  • 女子高生は菫色(全国学校図書館協議会、1986年)
  • 銃殺(汐文社 同時代叢書、1986年)
  • 麻美子先生(汐文社 同時代叢書、1986年)
  • 沈黙の風(汐文社 同時代叢書、1987年)
  • 黙示の海(汐文社 同時代叢書、1988年)
  • 三歳からの便所掃除(汐文社、1988年)
  • 向四軒片隣(あゆみ出版、1988年)
  • 理由ある反抗 高校中退者の苦笑い(汐文社、1989年)
  • なぜ?が言える子を育てる(汐文社、1989年)
  • 新天皇の足音(汐文社 同時代叢書、1989年)
  • ドキュメント明仁天皇 新天皇はどう育てられたか(講談社文庫、1989年)
  • 錠光如来 今なおピカの火を守る男(汐文社、1990年)
  • 奥丹後の「日の丸」(あゆみ出版、1990年)
  • 三年子をつくるべからず(汐文社、1990年)
  • 教師のための天皇制入門(汐文社、1991年)
  • 甕の中の兵隊(新日本出版社、1992年)
  • 高校生徹底質問!!従軍慰安婦とは何か(汐文社、1992年)
  • 従軍慰安婦と天皇(かもがわ出版日语かもがわ出版 かもがわブックレット、1992年)
  • 従軍慰安婦 その支配と差別の構図(馬原鉄男日语馬原鉄男との対談、部落問題研究所日语部落問題研究所、1992年)
  • 中学生の心と大人の眼(あゆみ出版、1992年)
  • 幼児虐待(汐文社、1992年)
  • ニコニコ売春(汐文社、1994年)
  • 「聖戦」の名のもとに(労働旬報社日语労働旬報社、1995年)
  • 戦争で涙した女たちのどうしても語りたかった話(汐文社、1995年)
  • 素顔の反戦地主 沖縄の心をともに生きる(池原秀明相原宏と共著、蕗薹書房、1996年)
  • 教え子がどうしても語りたかった先生の話(汐文社、1996年)
  • 「女・子供」の目(寿岳章子日语寿岳章子と共著、ふきのとう書房、1997年)
  • 将来「問題児」にならない3歳からの子育て(汐文社、1997年)
  • 小中学生の子育て再点検(汐文社、1997年)
  • 銀行になんか負けないぞ!! 零細業者 宮田和子奮闘記(汐文社、1998年)

原作编辑

腳註编辑

  1. ^ 『従軍慰安婦』1973年 後書き

參考文献编辑

  • 高崎宗司. 「半島女子勤労挺身隊」について. (编) (財)女性のためのアジア平和国民基金 「慰安婦」関係資料委員会. 「慰安婦」問題調査報告 1999 (PDF). (財)女性のためのアジア平和国民基金. 1999: 41–60. 

參見编辑

外部連結编辑