打开主菜单
1917年的唱片封面。

在那邊》(英语:Over There),是1917年發表在美國愛國歌曲,在兩次世界大戰中在美軍士兵廣泛傳唱。

目录

歌詞编辑

英文歌詞编辑

Johnny,[1] get your gun, get your gun, get your gun.
Take it on the run, on the run, on the run.
Hear them calling you and me,
Every Son of Liberty.
Hurry right away, no delay, go today.
Make your Daddy glad to have had such a lad.
Tell your sweetheart not to pine,
To be proud her boy's in line.
Over there, over there,
Send the word, send the word over there
That the Yanks are coming, the Yanks are coming
The drums rum-tumming everywhere.
So prepare, say a prayer,
Send the word, send the word to beware -
We'll be over, we're coming over,
And we won't come back till it's over, over there.
Johnny, get your gun, get your gun, get your gun.
Johnny, show the "Hun"[2] you're a son-of-a-gun.
Hoist the flag and let her fly
Yankee Doodle[3] do or die.
Pack your little kit, show your grit, do your bit.
Yankee[4] to the ranks from the towns and the tanks.[5]
Make your Mother proud of you
And the old red-white-and-blue[6]

日文翻譯编辑

ジョニーよ銃を執れ、銃を執れ、銃を執れ。
取ったら走れ、走れ、走れ。
彼らが我らを呼ぶ声が聞こえる。
全ての自由の息子達よ。
さあ急げ、遅れるな、今日中に。
「素晴らしい息子だ」と父親を喜ばせる為に。
恋人には「恋しがるな」と伝えよう、
そして「最前線の我らを誇りに思え」と。
「向こう側」へ、「向こう側」へ。
伝えろ、伝えろ、「向こう側」へ。
ヤンキーが来るぞ、ヤンキーが来るぞ。
どこへだろうと戦鼓を鳴らしてやってくる。
だから備えろ、さあ祈れ。
伝えろ、伝えろ、「用心せよ」と。
我らは超えてくる、海を超えてやってくる。
そしてやり遂げるまで戻りはしないのだ。
ジョニーよ銃を執れ、銃を執れ、銃を執れ。
ジョニーよ、フン族[2]に暴れっぷりを見せてやれ。
旗を掲げて翻らせて。
ヤンキードゥードゥル[3]なら果たすか死ぬか。
装備を詰め込め、気概を見せろ、全力を尽くせ。
田舎中から集まって、ヤンキー[4]どもは隊列を組む。
母親がお前を誇りに思うように、
そして伝統ある星条旗[6]を誇りに思うように。

參考文獻编辑

  1. ^ ジョニー(Johnny)は英語圏における一般的な名の1つ。ここでは無名の男の代名詞として用いられている。
  2. ^ 2.0 2.1 現在この部分は「Johnny on the run...」と歌い変えられる事が多い。その場合は「ジョニーよ、走れ」となる。
  3. ^ 3.0 3.1 現在この部分は「Like true heroes...」と歌い変えられる事が多い。その場合は「真の英雄なら」となる。
  4. ^ 4.0 4.1 現在この部分は「Soldiers...」と歌い変えられる事が多い。その場合は「兵隊達は」となる。
  5. ^ ここでいうtankとは「tank town」、すなわち蒸気機関車に水を供給していた小さな町の意味。
  6. ^ 6.0 6.1 現在この部分は「And to liberty be true」と歌い変えられる事が多い。その場合は「真の自由を」となる。