媛蹈鞴五十鈴媛命

媛蹈鞴五十鈴媛命(日语:媛蹈鞴五十鈴媛命ひめたたらいすすひめ の みこと[1] Himetataraisusuuhime no mikoto),又名富登多多良伊須須岐比賣命(日语:富登多多良伊須須岐比賣命ほとたたらいすすきひめ の みこと Hototataraisusukihime no mikoto)、比賣多多良伊須須氣余理比賣命(日语:比賣多多良伊須須氣余理比賣命ひめたたらいすすきよりひめ の みこと Himetataraisusukiyorihime no mikoto)乃事代主神玉櫛媛所生的女兒神武天皇東征後所娶的皇后

生平略紀编辑

庚申年八月,神武天皇欲立正妃,廣求世族豪門,聽聞媛蹈鞴五十鈴媛命貌美絕色,即迎娶之。神武天皇即位元年,立為皇后,生日子八井命ひこやゐ の みこと)、神八井耳命かむやゐみみ の みこと)、神沼河耳命(かむぬなかはみみ の みこと,即為後來的綏靖天皇)。綏靖天皇即位後,尊為皇太后

內部連結编辑

脚註编辑

註釋编辑

出典编辑

  1. ^ 舍人親王. 日本書紀. 1669年 [2019年7月6日]. 

參考資料编辑

前任:
日本皇后
神武年間
繼任:
五十鈴依媛命