打开主菜单

岡嵨二人是兩位推理作家井上泉德山諄一所用的筆名。井上泉,1950年12月9日出生,福岡縣人,曾從事電影製作及記者等。德山諄一,1943年8月1日出生,東京都人,法政大學經濟學系肄業。

生平编辑

二人於1981年以《希望明天好天氣》參選江戶川亂步獎,可惜未能獲獎。

翌年他們再接再厲,以《寶馬血痕》再次參選第28屆江戶川亂步獎,終於獲獎,在推理文壇正式出道。後來,二人又出版了《第七年的恐嚇信》,這三本小說都是以日本賽馬為主題。不過這類型的小說未能得到大眾的青睞,二人於是轉為改寫以綁架為主題的小說,因此有「綁架的岡嵨」之稱。

1989年,二人憑《99%的誘拐》獲得吉川英治文學新人獎。同年,《克萊因壺》出版之後,搭檔正式解散。井上泉開始以筆名井上夢人進行小說創作。

作品一覧编辑

長編小説编辑

  • 1982年:焦茶色のパステル寶馬血痕,1992年3月 林白
  • 1983年:七年目の脅迫状(第七年的恐嚇信)
  • 1983年:あした天気にしておくれ(希望明天好天氣)
  • 1984年:タイトルマッチ(錦標賽)
  • 1984年:どんなに上手に隠れても(不管怎樣躲藏)
  • 1985年:チョコレートゲーム巧克力遊戲, 2010年9月 獨步文化
  • 1985年:5W1H殺人事件
    • 1989年:【改題】解決まではあと6人
  • 1985年:とってもカルディア
  • 1985年:ビッグゲーム
  • 1986年:コンピュータの熱い罠
  • 1986年:七日間の身代金
  • 1987年:珊瑚色ラプソディ
  • 1987年:殺人者志願
  • 1987年:ダブルダウン
  • 1987年:そして扉が閉ざされた
  • 1988年:眠れぬ夜の殺人 - 捜査0課シリーズの第一作
  • 1988年:殺人!ザ・東京ドーム
  • 1988年:99%の誘拐99%的誘拐, 2010年5月 獨步文化
  • 1989年:クリスマス・イヴ
  • 1989年:眠れぬ夜の報復 - 捜査0課シリーズの第二作
  • 1989年:クラインの壺克萊因壺, 2011年5月 獨步文化

連作短編集编辑

織田貞夫(おださだお)和土佐美郷(とさみさと)的「山本山系列」

  • 1984年:三度目ならばABC該死的星期五, 1988年1月 希代推理
    • 【收錄作品】三度目ならばABC / 電話だけが知っている / 三人の夫を持つ亜矢子 / 七人の容疑者 / 十番館の殺人/ プールの底に花一輪
      • (該死的星期五 / 都是電話惹的禍 / 死了一個丈夫 / 七個嫌疑犯 / 十番館 / 游泳池裡的秘密)
  • 1985年:なんでも屋大蔵でございます

短編集编辑

  • 1984年:開けっぱなしの密室
    • 【收錄作品】 罠の中の七面鳥 / サイドシートに赤いリボン / 危険がレモンパイ / がんじがらめ / 火をつけて、気をつけて / 開けっぱなしの密室
  • 1985年:ちょっと探偵してみませんか
  • 1986年:記録された殺人
    • 【收錄作品】 記録された殺人 / バッド・チューニング / 遅れて来た年賀状 / 迷い道 / 密室の抜け穴 / アウト・フォーカス
  • 2011年:ダブル・プロット
    • 【收錄作品】 記録された殺人 / こっちむいてエンジェル / 眠ってサヨナラ / バッド・チューニング / 遅れて来た年賀状 / 迷い道 / 密室の抜け穴 / アウト・フォーカス / ダブル・プロット - 『記録された殺人』に未収録の三編(シリーズ連作「こっちむいてエンジェル」、「眠ってサヨナラ」、企画物の「ダブル・プロット」)を加えた再編集版で岡嶋二人最後の短編集

參考資料编辑

  • 謎詭·偵探·推理 日本推理作家與作品