平野甲贺

平野甲贺(1938年-2021年3月22日)是一位日本书籍装帧设计师。

日語寫法
日語原文平野 甲賀
假名ひらの こうが
平文式罗马字Hirano Kōga

生平编辑

1938年出生于朝鮮日治時期京城府(现首尔特别市),1945年第二次世界大战结束后返回日本静冈县生活。1961年毕业于武藏野美术学校(现武藏野美术大学),同年进入高岛屋宣传部工作,1963年离职开启自由职业生涯,为多家公司设计海报宣传画。1964年以来几乎参与所有晶文社出版书籍的装帧设计工作,已设计书籍装帧超过6,000本。2013年在武藏野美术大学美术馆举办个人展览。[1]2014年与妻子搬去小豆岛居住,2019年又转去高松市

2021年3月22日因肺炎去世,享年82岁。[2]

家庭编辑

妻子平野公子是制片人,长子平野太吕是摄影师

荣誉编辑

1984年为木下順二新书《本乡》的装帧设计获得講談社出版文化賞装帧奖

著作编辑

  • 『平野甲賀 装丁の本』(リブロポート、1985年)
  • 『平野甲賀〔装丁〕術・好きな本のかたち』(晶文社、1986年)
  • 『文字の力』(晶文社、1994年)
  • 『もじを描く』(編集グループSURE、2006年)
  • 『僕の描き文字』(みすず書房、2007年)
  • 『ブックデザインの構想 チェコのイラストレーションから、チラシ・描き文字まで』 (黑川创共著、編集グループSURE、2008年)

参考来源编辑

  1. ^ 過去の展覧会 - 平野甲賀の仕事 1964−2013展页面存档备份,存于互联网档案馆)武蔵野美術大学美術館
  2. ^ 石川友恵. 装丁家の平野甲賀さん死去 「深夜特急」の題字手がける. 朝日新聞. 2021-03-23 [2021-03-23]. (原始内容存档于2021-05-06). 

外部链接编辑