打开主菜单

庵 功雄 (いおり いさお,1967年 - ),日本语言学家,日本语学家。一桥大学国际教育中心・言语社会研究科教授。研究领域是语法论、会话等。曾获新村出研究奖励赏林大纪念论文赏、日本语教育奖励赏。

目录

简历编辑

庵功雄出身于日本大阪府枚方市。高中毕业于日本放送协会学园高等学校,1991年毕业于大阪大学文学部日本语学科。1996年于大阪大学研究生院文学研究科现代日本语学讲座博士后期课程单位取得退学。后任大阪大学文学部助手。1997年以论文《日本語のテキストの結束性の研究 -指示表現と名詞の機能を中心に》获大阪大学的博士(文学)学位。

1997年担任一桥大学留学生中心(现国际教育中心)专任讲师。1999年获新村出纪念财团第16回新村出研究奖励赏。2001年就任助教授,2007年就任准教授,2010年获日本语教育学会第5回林大纪念论文赏。2012年就任北京外国语大学北京日本学研究中心教授,同年获日本语教育学会第10回日本语教育奖励赏。2013年就任一桥大学国际教育中心教授。[1]

著作编辑

海外(日本以外)出版编辑

日本出版编辑

单著编辑

  • 『新しい日本語学入門』スリーエーネットワーク、2001年、ISBN 978-4-88319-201-4
  • 『『象は鼻が長い』入門―日本語学の父三上章』くろしお出版、2003年
  • 『日本語におけるテキストの結束性の研究』くろしお出版、2007年、ISBN 978-4-87424-399-2
  • 『日本語教育・日本語学の「次の一手」』くろしお出版 2013

合著编辑

  • 『初級を教える人のための日本語文法ハンドブック』松岡弘 監修、高梨信乃,中西久実子,山田敏弘と共著、スリーエーネットワーク、2000年
  • 『中上級を教える人のための日本語文法ハンドブック』白川博之 監修、高梨信乃,中西久実子,山田敏弘と共著、スリーエーネットワーク、2001年
  • 『日本語文法演習 時間を表す表現―テンス・アスペクト』清水佳子 と共著、スリーエーネットワーク、2003年
  • 『やさしい日本語のしくみ』日高水穂 ・前田直子,山田敏弘,大和シゲミ と共著、くろしお出版、2003年
  • 『日本語文法演習 助詞―「は」と「が」、複合格助詞、とりたて助詞など』中西久実子共著、スリーエーネットワーク、2010年、ISBN 978-4-88319-540-4
  • 『日本語教育文法のための多様なアプローチ』森篤嗣共編 ひつじ書房 2011
  • 『日本語文法演習 上級 まとまりを作る表現 指示詞、接続詞、のだ・わけだ・からだ』三枝令子共著 スリーエーネットワーク 2013
  • 『「やさしい日本語」は何を目指すか 多文化共生社会を実現するために』イ・ヨンスク, 森篤嗣共編 ココ出版 2013

脚注编辑

  1. ^ [1]researchmap

参考链接编辑

  • 庵功雄研究室[2]