尹良親王

(重定向自後醍醐源氏之祖

尹良親王(1364年-1424年9月7日),是日本南北朝時代皇族,他曾擔任征夷大將軍。《浪合記》《信濃宮传》軍記所见的南朝皇族,後醍醐天皇孫。生父是中務卿宗良親王,母井伊道政之女,历史学立場实在性有很多疑問。又称源尹良

尹良親王
日本親王
國家大和王朝
時代南北朝時代
(無)
尹良
封爵親王
出生正平19年(1364年)?
逝世应永31年8月15日(1424年9月7日)?
征夷大將軍

經歷编辑

在遠江井伊谷館出生。天授五年(1379年),親王宣下叙二品,後任兵部卿。元中三年(1386年)8月8日賜姓源氏,为臣籍,同時叙任正二位权中納言,兼左近衛大将、征夷大将軍元中九年(1392年)南北朝合一後,隐居吉野。继承父親討幕遺志转战東国各地。应永三十一年(1424年)战败,大河原在民家自杀。

 
尹良親王墓

家庭编辑

  • 父:宗良親王(1311-1385?)
  • 母:井伊道政女
  • 兄弟姐妹:興良親王?、桜姫(大橋定省室)
  • 妻:世良田政義女
  • 子:源良王(尹重) - 子孫继承大橋家
  • 子:氷室良新 - 津島神社社家氷室家之祖
  • 女:蜂須賀正秋室?

北朝

 
 
治仁王日语伏見宮治仁王
 
 
 
(北1)光嚴天皇
 
(北3)崇光天皇
 
榮仁親王
 
 
貞成親王
(後崇光院)
 
(102)後花園天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(北2)光明天皇
 
 
 
 
貞常親王日语伏見宮貞常親王
 
伏見宮家
 
 
 
 
 
長助法親王
 
 
(北4)後光嚴天皇
 
(北5)後圓融天皇
 
(北6)(100)
後小松天皇
 
(101)稱光天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
珣子内親王
(後醍醐天皇中宮)
 
 
皇子某(小川宮)日语小川宮
 
 

南朝

 
(96)後醍醐天皇
 
尊良親王日语尊良親王
 
守永親王日语守永親王
 
 
 
 
 
 
 
世良親王日语世良親王
 
 
基良親王
(良玄法親王)
 
 
 
 
護良親王
(尊雲法親王)
 
興良親王
(大塔若宮)
 
 
 
 
恒良親王日语恒良親王
 
 
(98)長慶天皇
 
 
 
 
 
成良親王
 
 
(99)後龜山天皇
 
小倉宮
 
 
 
 
 
(97)後村上天皇
 
 
某親王(護聖院宮
 
 
 
 
宗良親王
(尊澄法親王)
 
興良親王
(遠江宮)
 
 
 
 
 
懷良親王
 
 
尹良親王
(源尹良)〔後醍醐源氏之祖
 
 
 
 
滿良親王日语満良親王
 


參考文獻编辑

  • 信濃教育会編 『建武中興を中心としたる信濃勤王史攷』 信濃毎日新聞、1939年、NCID BN07522032
  • 渡辺世祐 「信濃宮伝及び浪合記について」(『國史論叢』 文雅堂書店、1956年、NCID BN04023309。初出は1952年)
  • 柳田國男 「東国古道記」(『定本柳田國男集 第2巻』 筑摩書房、1980年、NCID BN00286929。初出は1949年)
  • 浪合村誌編集委員会編 『浪合村誌 上巻 歴史編』 浪合村誌刊行会、1984年、NCID BN06995800
  • 安井久善 「宗良親王の後裔とその活動」(『宗良親王の研究』 笠間書院、1993年、ISBN 9784305400567
  • 小和田哲男 「井伊氏の成長と三岳城」(『争乱の地域史―西遠江を中心に』 清文堂出版、2001年、ISBN 9784792404956。初出は1991年)
军职
前任:
宗良親王
征夷大將軍
1386年?-?
繼任: