打开主菜单

戶川昌子(日语:戸川 昌子,1931年3月23日-2016年4月26日),是一名日本推理小說作家、歌手及政治人物。

戶川昌子
原文名稱 戸川 昌子
日文假名 とがわ まさこ
羅馬拼音 Togawa Masako
出生 (1931-03-23)1931年3月23日
東京都
逝世 2016年4月26日(2016-04-26)(85歲)
職業 小說家、歌手
體裁 推理小說
獎項 第8回江戶川亂步獎(『大いなる幻影』)

生平编辑

戶川昌子年幼喪父喪兄,與母親相依為命。她於東京都立千歲丘高中日语東京都立千歳丘高等学校畢業。畢業後於伊藤忠商事打字員[1],後來又在咖啡店香頌歌手。1962年,她憑小說《幻影之城》與佐賀潛瓜分獲得江戶川亂步獎,正式出道。1963年又憑《獵人日記》入圍直木獎

戶川昌子的作品主題多以女性為主,不過後來她轉為多寫與推理無關的風俗小說。除了小說作品外,她的音樂作品分別在1975年及1976年以唱片形式推出。她亦曾參選2001年第19屆日本參議院議員通常選舉,不過最終落選。

2011年起罹患胃癌,2016年4月26日早上5時47分逝世,享年85歲[2]

著作编辑

  • 大いなる幻影(1962年、講談社) ※のち角川文庫、講談社文庫
  • 獵人日記(1963年、講談社) ※のち角川文庫、講談社文庫
  • 闇の中から(1964年、講談社 )
  • 契らずに(1965年、集英社)
  • 蒼ざめた肌(1965年、文藝春秋新社) ※のち徳間文庫
  • 女人白道(1965年、サンケイ新聞出版局) ※のち徳間文庫
  • ソドムの罠(1965年、講談社)
  • 赤坂禁猟区(1966年、講談社)
  • 白昼の密漁(1966年、講談社) ※のち講談社文庫
  • 緋の堕胎(1966年、講談社) ※のち双葉文庫
  • 仮装行列(1967年、講談社) ※のち徳間文庫
  • 揺れる女(1967年、講談社)
  • 深い失速(1967年、講談社) ※のち徳間文庫
  • 銀座「どん底」附近(1967年、文藝春秋) ※のち徳間文庫
  • 眠れない夜の本 おんなの艶筆(1967年、青春出版社)
  • 夜の交差点(1967年、東京文芸社)
  • 蜃気楼の帯(1967年、読売新聞社) ※のち講談社文庫
  • 蜜の味(1968年、東京文芸社)
  • もっと声を!(1968年、新潮社)
  • 夜のパスポート(1968年、講談社)
  • 裂けた眠り(1968年、新潮社)
  • 赤い暈(1969年、新潮社) ※のち徳間文庫
  • 夢魔(1969年、講談社) ※のち徳間文庫
  • 悪魔のような女(1969年、講談社)
  • 夜の爪痕(1969年、東京文芸社/Tokyo books)
  • 火の脈(1969年、東京文芸社/Tokyo books)
  • 仮面の性(1969年、東京文芸社/Tokyo books)
  • 蒼い蛇(1969年、徳間書店)
  • 黄金の指(1969年、東京文芸社/Tokyo books)
  • 壁の恋(1969年、東京文芸社/Tokyo books)
  • 青い部屋の中で(1969年、文芸春秋/ポケット文春)
  • 見知らぬ伴侶(1969年、東京文芸社/Tokyo books)
  • 蒼き裸者の群れ(1970年、徳間書店)
  • 赤い爪痕(1970年、徳間書店)
  • 聖談とヌードの風景(1970年、ベストセラーズ)
  • 狩りの時刻(1970年、講談社) ※のち徳間文庫
  • 幻影の牙(1970年、サンケイ新聞社出版局) ※のち徳間文庫、双葉文庫
  • 聖女(1971年、講談社)
  • 透明女(1971年、光文社/カッパ・ノベルス) ※のち徳間文庫
  • 日本毒婦伝(1971年、講談社) ※のち双葉文庫『悪女の真実』
  • 東西妖婦伝(1972年、集英社/コンパクト・ブックス)
  • 強制結婚(1972年、徳間書店)
  • 水の寝棺(1972年、講談社)
  • 牝の罠(1972年、徳間書店)
  • 欲望の鎮魂歌(1973年、実業之日本社) ※のち徳間文庫
  • 男と女がいる町(1974年、東京文芸社/Tokyo books)
  • 負け犬(1974年、東京文芸社)
  • 生きるのはひとり その人に生命を燃やそうとするとき(1974年、青春出版社)
  • 美しき獲物たち(1974年、文芸春秋) ※のち徳間文庫
  • 肉の復活(1974年、平安書店/Marine books)
  • 戸川昌子ののぞき魔(1976年、ベストセラーズ/ワニの本)
  • 金曜日の誘惑(1976年、講談社)
  • 蒼い悪霊(1977年8月、徳間書店)
  • 虹色の噴水(1977年8月、東京文芸社)
  • 華やかなる氷河(1977年、光文社) ※のち文庫
  • 太陽の生贄(1978年3月、双葉社) ※のち文庫『霊色』
  • 女のひき語り さまざまな音色で女の人生をうたう(1980年、文化出版局)
  • ブラック・ハネムーン(1980年、双葉社)のち文庫
  • どう燃えて生きるか 一度だけの自分・生きがいの見つけ方(1981年、青春出版社)
  • 深海怪物の饗宴(1983年、徳間ノベルス) ※のち文庫
  • 私がふたりいる(1984年、光文社文庫)
  • 火の接吻 26年目の不信の再会(1984年、講談社ノベルス) ※のち扶桑社文庫1
  • 落第ママでも子は育つ 高年出産はこわくない(1986年、国際文化社)
  • 女は二つの愛を持っている 常識ちゃん・自分ちゃん講座(1987年、青春出版社)
  • 嬬恋木乃伊(1987年、徳間文庫)
  • 静かな哄笑 怪奇ミステリー傑作集(1988年、光文社文庫)
  • ドン・キホーテと口紅(1988年、主婦の友社)
  • 処刑台の祭り(1988年、光文社文庫)
  • 冷えた炎の如く 愛の毒に生きた女たち(1989年、徳間文庫)
  • LA NAIT MAGIC 夜は魔術(1990年) - いがらしゆみこと共著
  • 子供は天使か小悪魔か(1990年、ファラオ企画)
  • 人それぞれの道 VIP対論(1990年、ファラオ企画)
  • 今を自分らしく生きる(1990年、海竜社)
  • こんな男はおやめなさい 愛という名の16章(1992年、文化創作出版)
  • 還暦離婚 いくつになっても再出発(1995年、ネスコ文春)
  • 黄色い吸血鬼(1997年、出版藝術社)
  • 蜘蛛の巣の中で(2000年2月、青谷舎)
  • 昭和の短篇一人一冊集成 戸川昌子(2008年、未知谷)
  • 人生とは明日のことではなく今日のことである 人生についての90の断章(2014年、海竜社)

參考資料编辑

  • 謎詭·偵探·推理 日本推理作家與作品

脚注编辑

外部連結编辑