服部龍二

服部龍二(1968年)是一名日本國際政治學者、中央大學教授,專門研究日本政治外交史、東亞國際政治史。

出生於東京都,1992年畢業於京都大学法學部、1997年神戶大學大学院法学研究科博士課程單位取得退学、99年以「東アジア国際環境の変動と日本外交 -1918-1931」取得神戸大学博士(政治学)。97年千葉大學社会文化科学研究科助手、2000年拓殖大學政治經濟学部講師、02年助教授、03年中央大学綜合政策学部助教授、07年教授。

2002年憑著『東アジア国際環境の変動と日本外交 1918-1931』的研究獲得吉田茂獎,2011年憑著「日中国交正常化」獲得大佛次郎論壇獎亞洲・太平洋獎特別獎。

著書编辑

單著编辑

  • 『東アジア国際環境の変動と日本外交 1918-1931』(有斐閣 2001年)
  • 『国際政治史の道標――実践的入門』 (中央大学出版部 2004年)
  • 幣原喜重郎と20世紀の日本――外交と民主主義』(有斐閣 2006年)
  • 廣田弘毅――「悲劇の宰相」の実像』(中公新書 2008年)
  • 『日中歴史認識――「田中上奏文」をめぐる相剋1927-2010』(東京大学出版会 2010年)
  • 『日中国交正常化――田中角榮大平正芳、官僚たちの挑戦』(中公新書 2011年)
  • 『“外交敗戦”の教訓 なぜ、日米開戦は避けられなかったのか』(さかのぼり日本史「外交篇 昭和」:NHK出版 2012年)
  • 『大平正芳――理念と外交』(岩波書店〈岩波現代全書〉 2014年)
  • 『外交ドキュメント 歴史認識』(岩波新書 2015年1月)
  • 中曾根康弘――「大統領的首相」の軌跡』(中公新書 2015年12月)
  • 田中角榮――昭和の光と闇』(講談社現代新書 2016年9月)

共編著编辑

  • 川島真)『東アジア国際政治史』(名古屋大学出版会 2007年)
  • 土田哲夫後藤春美)『戦間期の東アジア国際政治』(中央大学出版部 2007年)
  • 佐道明廣小宮一夫)『人物で読む近代日本外交史――大久保利通から広田弘毅まで』(吉川弘文館 2008年)
  • (佐道明広・小宮一夫)『人物で読む現代日本外交史――近衛文麿から小泉純一郎まで』(吉川弘文館 2008年)
  • 高原明生)『日中関係史 1972-2012 政治』(東京大学出版会 2012年)
  • 佐藤元英・武山眞行)『日本外交のアーカイブズ学的研究』(中央大学政策文化総合研究所研究叢書:中央大学出版部 2013年)

編纂史料编辑

  • 『満州事変と重光駐華公使報告書――外務省記録「支那ノ対外政策関係雑纂『革命外交』」に寄せて』(日本図書センター 2002年)
  • 王正廷回顧録――Looking Back and Looking Forward』(中央大学出版部 2008年)

共編回想编辑

  • (中島琢磨・昇亜美子)『森田一 心の一灯 回想の大平正芳-その人と外交』(第一法規、2010年)
  • (中島琢磨・江藤名保子)『栗山尚一 沖縄返還・日中国交正常化・日米「密約」 外交証言録』(岩波書店、2010年)
  • (若月秀和・神田豊隆・楠綾子・中島琢磨・昇亜美子)『アジア外交 動と静 元中国大使中江要介オーラルヒストリー』(蒼天社出版 2010年)
  • (井上正也、中島琢磨編)『中島敏次郎 外交証言録 日米安保・沖縄返還・天安門事件』(岩波書店 2012年)
  • (中島琢磨・昇亜美子・若月秀和・道下徳成)『中曽根康弘が語る戦後日本外交』(新潮社、2012年)
  • (白鳥潤一郎)『折田正樹 外交証言録 湾岸戦争・普天間問題・イラク戦争』(岩波書店、2013年)
  • (瀬川高央・若月秀和・加藤博章)『長谷川和年 首相秘書官が語る中曽根外交の舞台裏 米・中・韓との相互信頼はいかに構築されたか』(朝日新聞出版、2014年)
  • 福永文夫雨宮昭一・若月秀和)『朝賀昭 田中角栄 最後の秘書が語る情と智恵の政治家』(第一法規、2015年)
  • (加藤博章・竹内桂・村上友章)『元国連事務次長 法眼健作回顧録』(吉田書店、2015年)
  • (若月秀和・昇亜美子)『谷野作太郎 外交証言録アジア外交 回顧と考察』(岩波書店、2015年)

外部連結编辑