打开主菜单

東野 幸治(1967年8月8日),日本搞笑藝人、節目主持人(司会者)。兵庫縣寶塚市(兵庫県宝塚市)出身。隸屬的事務所是吉本興業(よしもとクリエイティブ・エージェンシー)。身高178cm、體重65kg血型O型。兵庫縣立寶塚高級中學(兵庫県立宝塚高等学校)畢業。暱稱為「東海苔」(ひがしのり,這是因為他頭髮濕掉時會貼在頭上,看起來就像頭上貼著海苔一樣)[1]

目录

經歴编辑

1985年即高中3年級時,參加吉本興業的新人選秀會合格,就此踏上藝人之路。當時,因新生代藝人DownTown(ダウンタウン)的搞笑熱潮消退,故吉本興業以DownTown為中心推出了一連串的新企劃,而東野曾在其中一個企劃,即DownTown在於大阪2丁目劇場所公開録製的電台節目「心斎橋搞笑探検隊」(大阪廣播電台,ラジオ大阪)中參與演出。東野會參加的是因受朋友以參加就能得到豪華商品的說詞所引誘,但他所拿到的只是支原子筆。此外,藉由上開選秀會,也參加了李頓調查團(リットン調査団,搞笑藝人團體)的演出。東野曾經有一段時間想透過在唸大學朋友的幫忙參加大學入學考試,並因此暫停演藝活動,然而東野並沒有考取,之後即全心的投入演藝活動。

在新人時期以心斎橋筋2丁目劇場為演藝活動的中心,也參與過由DownTown(ダウンタウン)主持的現場直播節目「4點囉~」(4時ですよ〜だ)及其他電視節目。東野於「4時ですよ〜だ」開播初期雖然僅是在由素人演出的「ダウンタウンの欲望」單元中扮演「欲望の男」的角色,不過東野表現優秀,逐漸展露頭角,在節目的最後半年時,已經可以跟今田耕司・石田靖等人共同擔綱主持。另外東野在「4時ですよ〜だ」節目播出的那段時間中,也跟今田組團在由新新人負責現場演出的「2丁目jrたんけんたい」(是歸屬在Downtown主持的「2丁目探検隊」現場節目之下)節目中擔任主持人。此時東野的月收入有日幣7至8萬元,既沒有特別的危機感,也沒有湧出特別的上進心。

東野在同時期還參加了由圭・修所主持的傍晚帶狀節目「素敵!KEI-SHU5」,並在其中化身為「東野先生」、以一身全白運動服的裝扮到日本各地拍攝介紹當地的影片(VTR)(此角色原本是當時東野在舞台上演段子時所用的)。

「4時ですよ〜だ」停播後,因當時吉本新喜劇劇場所需的演員不足,故東野與今田等人一同被要求轉到當時正急於重整的吉本新喜劇劇場擔任演員。當時東野無論如何都無法接受轉到吉本新喜劇,曾想過退出演藝圈轉到植木屋工作。但是經過今田等人的熱心勸說後,東野放棄了退出的想法,並接受了新喜劇的工作。之後在吉本新喜劇中也大多以主角的身分演出,並於24歳時結婚生子。東野與今田相同,都很崇拜DownTown,於是在DownTown前往東京發展的1年後,也前往東京發展。東野因為不是從NSC出身,所以對於早出道幾個月的前輩今田等人說話時都使用尊敬語,而對於幾乎是同時出道的木村祐一,東野雖然早出道幾個月,但仍然以同期的方式對待木村。(但是木村和東野初次見面時,知道自己是晚出道幾個月的後輩,然而因東野用「木村先生」稱呼自己,所以木村後來就直接叫「東野」而不用敬稱了)對於身為5期生的辻本茂雄,東野則是以前輩的身分照顧他。然而東野最近對於比自己約晚2年出道的後輩石田靖,跟約晚3年出道的後輩松村邦洋,東野也有「幾乎是同期」、「超過40歳以後,(2~3年程度的藝齡差)就等於是同期了」等發言。同年出道的藝人有山崎邦正(1年數個月的後輩)、雨上がり決死隊・蛍原徹(2年數個月的後輩)以及其他事務所的松村邦洋、さまぁ~ず等。

人物编辑

東野在游泳方面有一定的實力及成績,在2009年及2011年的「行列のできる法律相談所」節目企劃中,曾參加了3次的鐵人三項(トライアスロン)比賽,分別是於2009年4月26日舉行的「石垣島トライアスロン2009」、2011年5月15日舉行的「第25回指宿トライアスロン大会」,以及2011年9月4日舉行的「2011佐渡国際トライアスロン大会」。東野在其中的2009年石垣島及2011年指宿舉行的2場比賽都順利完賽。[2]然而因為東野當時如同「中華炒麵(硬)」(かた焼きそば)的髪型,讓他在另一個「感覺超好的」(ごっつええ感じ)節目中被整慘了。

演技编辑

  • 東野雖然有豐富的短劇經驗,但一讓他正經演戲時,馬上就變的拙劣起來。
    • 為了鍛野東野的演技,在「ダウンタウンのごっつええ感じ」節目中甚至還為他開了個單元(單元名稱叫「龍としのぶ 俳優養成テレビ小説」)。在這個單元中,就只有東野一個人在唸台詞的畫面,而劇本上所寫的真正的台詞則打出在螢幕下方。若只看故事情節的話,是非常正經不搞笑的劇情,但東野所唸出來的台詞卻完全不是這麼回事,以此方式逗樂發現不同的觀眾。
    • 之後在2001年間參與了許久沒機會接演的連續劇「明日があるさ」,但演技完全沒有成長,最後甚至因為演技太差而導致其他的共演者不願繼續拍攝的情形(開拍首日的場景東野就NG了8次)。因此在有些本來就會NG的地方,就以「不要求更好的演技力」為由,就直接播送出去了。對於東野僵硬的演技,浜田說:「只剩下東野的時代劇了」。對於浜田如此隨性的說法,東野則是因為過度驚嚇而導致全身僵硬。。
    • 東野在新人期間曾演過東映的錄影帶電影(Vシネマ),在床戲時有女上男下的情節,當時東野卻很沒情調的說「好高好高」。
  • 2004年間,東野在自己主持的節目中公佈接到邀約,將出演以兒童為主要觀眾的特攝劇(特撮ドラマ)「 戦隊シリーズ」中的司令官這個角色,這齣劇並不是東映公司所製作的「スーパー戦隊」,而似乎是松竹公司製作的「魔弾戦記リュウケンドー」。之後這個司令官的角色因為諸多原因而由同樣所屬於吉本興業的清水圭來飾演。
  • 東野尊敬的演員是萬屋錦之介。

評價编辑

  • 雖處於稍微離開的中心位置,但具有說話的能力、他一邊說「ちょっと待って下さいよ」(請等一下唷)一邊插話的樣子也被很多搞笑藝人所模仿。。
  • 與今田一同被稱為「板凳藝人」(雛壇芸人)的範本。
  • 因為粉絲全部都是中年男性,所以有「Mr.好感度精準藝人」(Mr.好感度ピンポイント芸人)的評價[3]
  • 井上公造曾說:「東野先生的工作量與日本的景氣好壞是有連帶關係的」。從電視台的立場來看,景氣若是不好,就不能不繼續用有收視率的大牌藝人,而資淺的藝人因為酬勞便宜,景氣差時也能聘用。因此像東野的中堅藝人是最容易被捨棄的。此種以東野的工作量來預測景氣好壞的理論,實際上從2001年間的泡沫經濟破滅(デフレ不況)當時,東野的固定節目也確實被停掉了8個來看,似乎有點道理,東野本人也支持這個理論。
  • 搞笑團體Ungirls(アンガールズ)的2人當初因為都是東野的粉絲而結識、成為好友,之後更組成了搞笑團體。
  • 有吉弘行為東野取的綽號是「垃圾」(ゴミくず)。

綜藝、談話性節目编辑

現在有參加演出的節目编辑

固定節目
  • ワイドナショー(日曜10時00分 - 10時55分、フジテレビ) - MC
  • 東野・岡村の旅猿 プライベートでごめんなさい…(日曜10時55分 - 11時25分、日本テレビ) - MC
  • お笑いワイドショー マルコポロリ!(日曜12時59分 - 13時54分、関西テレビ) - MC
  • 行列のできる法律相談所(日曜21時00分 - 21時54分、日本テレビ) - MC宮迫博之後藤輝基と交代で担当)
  • ちゃちゃ入れマンデー(月曜19時00分 - 19時55分、関西テレビ) - MC
  • 主治医が見つかる診療所(月曜20時00分 - 20時54分、テレビ東京) - MC
  • 教えて!ニュースライブ 正義のミカタ(土曜9時30分 - 11時00分、ABC) - MC
  • ノブナガ(土曜24時58分 - 25時58分、CBC) - MC
  • 別冊主治医が見つかる診療所 健康スイッチ(テレビ東京、BSジャパン) - MC
  • 独占!ライブ至上主義(第2・4火曜22時00分 - 23時30分、BSスカパー! スカチャン) - MC
特別節目
  • 国民総参加クイズSHOW! QB47(NHK総合) - MC
  • 爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル(フジテレビ) - MC
  • ものまね王座決定戦(フジテレビ) - MC
  • ザ・ドキドキどっきり(フジテレビ) - MC
  • 鳥人間コンテスト選手権大会読売テレビ) - MC
  • 漫才Lovers(読売テレビ) - MC
  • 東西芸人いきなり!2人旅(朝日放送) - MC

過去曾參加演出的節目编辑

固定節目
  • 4時ですよーだ(1987年4月6日 - 1989年9月29日、毎日放送)
  • ダウンタウンのゆーたもん勝ち!(1988年4月5日 - 1988年9月27日、毎日放送)
  • ラジオDEごめん(1989年10月 - 1990年3月、中京テレビ) - MC
  • 素敵!KEI-SHU5(1989年10月 - 1990年3月、中京テレビ)
  • 夕焼けの松ちゃん浜ちゃん(1990年12月1日 - 1991年9月21日、朝日放送)
  • 正解るんです(1991年4月3日 - 1993年3月22日、中部日本放送) - MC
  • 摩訶不思議 ダウンタウンの…!?(1992年4月 - 1993年9月、朝日放送)
  • 生生生生ダウンタウン(1992年4月15日 - 1993年3月24日、TBS)
  • ダウンタウン也(1993年4月1日 - 1993年9月30日、TBS)
  • 今田・東野の血が騒ぐ(1993年4月5日 - 9月27日、中部日本放送) - MC
  • ダウンタウン汁(1993年10月7日 - 1994年9月26日、TBS)
  • ゲームカタログII(1994年4月 - 1995年3月、テレビ朝日) - MC
  • ダウンタウンのごっつええ感じ(1994年10月 - 1997年11月、フジテレビ)
  • 天使のU・B・U・G(1994年10月13日 - 1995年3月16日、フジテレビ) - MC
  • 今田耕司のシブヤ系うらりんご(1995年3月27日 - 9月29日、フジテレビ)
  • かざあなダウンタウン(1995年5月9日 - 1996年3月30日、テレビ朝日)
  • ウッチャンウリウリ!ナンチャンナリナリ!!(1995年5月12日 - 1996年3月15日、日本テレビ)
  • 森田一義アワー 笑っていいとも!(1995年10月 - 2002年9月、フジテレビ)
  • 笑っていいとも!増刊号(1995年10月 - 2002年9月、フジテレビ)
  • 冒冒グラフ(1995年10月9日 - 1996年3月29日、フジテレビ)
  • Oh!黄金サービス(1996年4月 - 9月、フジテレビ) - MC
  • 今田・東野のCMコウジ園(1996年4月 - 1997年3月、日本テレビ) - MC
  • 爆走!ポンチーズ(1996年4月 - 1997年3月、テレビ朝日) - MC
  • 熱帯シナモンズ(1996年10月 - 1997年3月、TBS) - MC
  • ひらめけ!発明大将軍(1996年10月18日 - 1997年3月21日、日本テレビ) - MC
  • らぶ衛門(1997年4月 - 9月、テレビ朝日) - MC
  • 快傑!コウジ園(1997年4月6日 - 1998年9月27日、日本テレビ) - MC
  • 名古屋が最高!(1997年4月26日 - 1998年6月27日、中部日本放送) - MC
  • 超!よしもと新喜劇 → 超コメディ60!(1997年10月16日 - 1998年9月17日、毎日放送)
  • クイズ!渡る世間は金ばかり?!(1997年10月25日 - 1998年1月10日、テレビ朝日) - MC
  • 純情学園男組(1998年9月5日 - 1999年6月26日、朝日放送)
  • 歌迷窟(1998年10月 - 1999年3月、日本テレビ) - MC
  • いろもん貳 → いろもん參(1998年10月1日 - 2002年3月28日、日本テレビ) - MC
  • ウンナンのホントコ!(1998年10月21日 - 2002年3月6日、TBS)
  • 伝説音舗〜うれる堂〜(1999年4月 - 2001年3月、読売テレビ) - MC
  • 恋ボーイ恋ガール(1999年4月15日 - 9月9日、フジテレビ) - MC
  • ナンバ壱番館(1999年10月 - 2004年3月、朝日放送) - MC
  • 明石家マンション物語 → 明石家ウケんねん物語(1999年10月13日 - 2002年3月20日、フジテレビ)
  • ネッパ者(1999年10月19日 - 2000年12月23日、中部日本放送) - MC
  • イカリングの面積(2000年4月2日 - 2001年3月25日、テレビ愛知) - MC
  • まかせて!!エキスパ(2000年10月20日 - 2001年3月23日、フジテレビ) - MC
  • ベストポジションSPORTS(2001年4月1日 - 2002年3月31日、テレビ朝日) - MC
  • 土曜ドカンッ!!(2001年10月 - 2002年9月、読売テレビ) - MC
  • HAMADA COMPANY 弾丸!ヒーローズ(2001年10月21日 - 2002年2月24日、朝日放送)
  • 三宅裕司のドシロウト(2002年4月2日 - 2006年3月30日、山口放送
  • ウッチャきナンチャき(2002年4月17日 - 2003年2月5日、TBS)
  • 芸能人が通う診察室(2003年10月 - 2004年9月、日本テレビ) - MC
  • アジアの純情(2004年1月6日 - 3月16日、フジテレビ) - MC
  • 2時ワクッ!(2004年3月29日 - 2005年12月23日、関西テレビ)
  • オカンと娘(2004年4月4日 - 2005年3月27日、読売テレビ) - MC
  • やりにげコージー → やりすぎコージー(2004年4月7日 - 2011年9月14日、テレビ東京) - MC
  • 歌スタ!!(2005年4月4日 - 2010年3月29日、日本テレビ) - MC
  • グッピー!!(2005年4月7日 - 2006年3月30日、読売テレビ) - MC
  • ランキンの楽園(2006年11月24日 - 2008年9月12日、毎日放送) - MC
  • ごぶごぶ(2007年2月23日 - 2014年3月25日、毎日放送) - MC
  • あらびき団(2007年10月10日 - 2011年9月27日、TBS) - MC
  • 勉強してきましたクイズ ガリベン!(2008年1月19日 - 2009年2月21日、テレビ朝日) - MC
  • チェック!ザ・No.1(2008年10月17日 - 2009年3月13日、毎日放送) - MC
  • ほこ×たて(2011年1月17日 - 2013年10月20日、フジテレビ) - 準レギュラー
  • KOZY'S NIGHT 負け犬勝ち犬(2011年10月12日 - 2012年9月26日、テレビ東京) - MC
  • ニッポン!いじるZ(2011年10月12日 - 2013年3月20日、TBS) - MC
  • 東西芸人いきなり!2人旅(2012年5月6日 - 2013年3月31日、朝日放送) - MC
  • ギョクセキっ!(2013年4月15日 - 2014年3月24日、関西テレビ) - MC
  • もはや神ダネ(2013年4月17日 - 9月18日、フジテレビ) - MC
  • 東野幸治のナイモノネダリ(2014年2月4日 - 3月25日、TBS) - MC
  • よしもと新喜劇(毎日放送)
  • ドラいぶもん(日本テレビ) - MC
  • 惑星ビュービュー(テレビ朝日) - MC
  • 踊る!ほっとけさん(テレビ朝日)

戲劇编辑

廣播编辑

  • MBSヤングタウンキンド館(1989年7月 - 1990年3月、MBSラジオ)、金曜日(1990年10月 - 1993年3月、MBSラジオ)
  • 今田・東野のパックインミュージック21 水曜日2部(1992年10月 - 1993年9月、TBSラジオ
  • 今田耕司と東野幸治の東京RADIO CLUB・金曜特別(1994年4月 - 1994年9月、TBSラジオ)
  • Come on FUNKY Lips!(1994年4月 - 1999年9月、文化放送

廣告编辑

  • ジョージア・エメラルドマウンテンブレンド(2010年・浜田率いる「王道派」)

電視遊樂器遊戲编辑

著作编辑

  • 『泥の家族』(小説、シンコーミュージック、2000年、ISBN 4401616642
  • 『この間。』(エッセイ、ワニブックス、2013年、ISBN 4847091531東野コージ名義

CD编辑

  • 親父の唄〜ラスベガスバージョン(BMGファンハウス、1993年)
  • チュンチュンワールド〜おげんきたいそう〜(日本コロムビア、1994年発売。NHK「みんなのうた」、今田耕司と)
  • SO・YA・NA(WEST END×YUKI。EAST END×YURIのヒット曲の大阪弁版カバー)
メンバーとして参加したRe:Japan、エキセントリック少年ボウイオールスターズ(ニイハオ役)、日影の忍者勝彦オールスターズ(アメ入道役)も参照。
また、テイ・トウワプロデュースによる今田のKOJI1200名義のアルバム「I LOVE AMERICA(アメリカ大好き!)」にも今田をサポートする役割で大きく参加した。歌とラップ、コーラス、ベース(の口真似)、コントを披露している。

附註编辑

  1. ^ 他にも、チリ毛(天然パーマから)、白い悪魔(色白で人の不幸をよく嘲う事から)、チリチリ、かたやきそば、陰毛食べ食べ(野性爆弾の川島邦裕命名)、2軍のボス(有吉弘行による命名)、東野りん(出川哲朗による命名および特にそう呼称している)などがある。
  2. ^ 各大会の詳細は公式HP参照。
  3. ^ ゴッドタン』の「マジギライ1/5」に登場した際の紹介文を自身のブログに引用したもの(2012年8月12日「ピンポイント。[永久失效連結]

相關項目编辑

外部連結编辑