栗田源蔵

栗田源蔵日语栗田 源蔵,1926年11月3日-1959年10月14日)是日本一名連環殺手,曾經殺害8人.

栗田 源蔵
出生 栗田 源蔵
(1926-11-03)1926年11月3日
大日本帝國秋田縣[1]
逝世 1959年10月14日(1959-10-14)(32歲)
日本國宮城縣仙台市古城
死因 絞刑
刑事处罚 死刑
谋杀
受害者数量 8
谋杀时间段
1948年2月-1952年1月13日
国家 日本
千葉縣, 栃木縣, 静岡縣
被捕日期
1952年1月16日

谋杀案编辑

栗田在1948年2月谋杀了他的两名女友。1951年8月8日,他强奸并谋杀了一名24岁妇女。之後他与女尸发生性关系

1951年10月11日,他强奸并谋杀了一名29岁的妇女。他還把婦女的三个孩子从一个叫做おせんころがし日语おせんころがし悬崖上扔下去。最終只有一人幸存[2]

1952年1月13日,栗田杀死了一名63岁的妇女和她24岁的侄女。之后他与侄女的尸体发生了性关系。 警察在犯罪现场发现了栗田的指纹

逮捕,审判和处决编辑

栗田于1952年1月16日被捕。

1952年8月12日,千葉地方裁判所日语千葉地方裁判所以最近的两起谋杀案判处他死刑。1953年12月21日,宇都宮地方裁判所英语宇都宮地方裁判所再度判处其死刑。他对判决提出上诉,但由于其精神狀態不稳定,他于1954年10月21日撤回上诉。他被认为患有神经症,并且隨時可能自殺[3]。1956年5月10日,要求執行栗田的死刑判決的檢察官在国会曾與他人展開辯論。[4]栗田最終于1959年10月14日在宮城刑務所日语宮城刑務所被处决。

另見编辑

参考文献编辑

  1. ^ 「おせんころがし」は勝浦市から鴨川市にまたがる約4キロメートルの海岸の通称である。「おせんころがし」の碑が勝浦市にあるため、しばしば誤解を生むが、本件の発生現場は小湊町(現在の鴨川市)である。
  2. ^ 石井暉二「おせんころがし殺人事件」『千葉大百科事典』(千葉日報社、1982年)
  3. ^ 1965年3月には前橋地裁1976年2月には松山地裁で、一人の被告人に対し、二つの死刑判決が宣告された例があるが、控訴審で前者は無期懲役に、後者は一つの殺人について無期懲役に減刑されている。松山の例は残る一つの殺人については死刑が確定し、すでに執行されている。
  4. ^ 存档副本. National Diet Library. 1956-05-10 [2008-01-09]. (原始内容存档于2017-10-23) (日语).