武藏丸光洋

武藏丸光洋(1971年5月2日),本名菲阿馬魯·佩尼塔尼(薩摩亞語Fiamalu Penitani),美屬薩摩亞出身的相撲力士,第67代横綱。他高1.92米,重235公斤。

武藏丸光洋 Sumo pictogram.svg
Musashimaru Dohyo-iri.JPG
出生 (1971-05-02) 1971年5月2日51歲)
出生地美属萨摩亚
身高192cm
體重235kg
所属部屋武藏川部屋
成绩
最高等级第67代橫綱
终生战绩779胜294败115休(86场所)
幕内战绩706胜267败115休(73场所)
冠军幕内优胜:12回
十两优胜:1回
三段目优胜:1回
序之口优胜:1回
资料
首次登场1989年9月
晋升幕内1991年11月
引退2003年11月
引退后担任武藏川部屋年寄
备注

他是薩摩亞人(父親是德國-湯加混血兒,母親是葡萄牙-薩摩亞混血兒),當他十歲時,一家搬到了夏威夷歐胡島,在高中時學習美式足球和希臘-羅馬摔跤。他的摔跤教練鼓勵他嘗試相撲。他搬到日本,並於1989年6月加入武藏川部屋,並在同年初次參賽,並在1991年到達幕内,在1994年昇至大關,之後停頓了數年,但在1999年昇至橫綱,成為日本歷史上第二位外國出身的橫綱。在他的職業生涯中,他贏得了700多個頂級部門比賽。

他於2003年10月2日因傷患正式引退,後來他成為日本相撲協會年寄,並於2013年成了武藏川部屋第15代師傅。他引退後也結束了夏威夷力士在日本相撲界的領先地位。

他的外甥武藏國真武也是他的部屋的弟子。

戰績编辑

 

 
武蔵丸光洋
1月場所
初場所(東京
3月場所
春場所(大阪
5月場所
夏場所(東京)
7月場所
名古屋場所(愛知
9月場所
秋場所(東京)
11月場所
九州場所(福岡
1989年
(平成元年)
x x x x (前相撲) 西 序之口 #41
優勝
7–0
1990年
(平成2年)
東 序二段 #56
6–1
 
西 三段目 #94
6–1
 
東 三段目 #40
優勝
7–0
東 幕下 #25
5–2
 
西 幕下 #11
2–5
 
西 幕下 #24
6–1
 
1991年
(平成3年)
東 幕下 #9
4–3
 
西 幕下 #4
4–3
 
東 幕下 #1
5–2
 
東 十兩 #11
優勝
11–4
東 十兩 #3
10–5
 
東 前頭 #12
11–4
1992年
(平成4年)
東 前頭 #3
9–6
 
西 前頭 #1
9–6
 
西 張出小結
8–7
 
東 小結
11–4
西 關脇
10–5
 
東 關脇
9–6
 
1993年
(平成5年)
東 張出關脇
10–5
 
東 關脇
10–5
 
東 關脇
9–6
 
西 關脇
8–7
 
東 關脇
8–7
 
西 張出關脇
13–2[1]
1994年
(平成6年)
東 關脇
12–3
西 張出大關
9–6
 
東 張出大關
12–3
 
西 大關 #1
15–0
 
東 大關 #1
11–4
 
西 大關 #2
12–3
 
1995年
(平成7年)
西 大關 #1
13–2[2]
 
東 大關 #1
12–3
 
東 大關 #1
12–3
 
東 大關 #1
12–3
 
東 大關 #1
10–5
 
東 大關 #1
10–5
 
1996年
(平成8年)
西 大關 #1
9–6
 
西 大關 #1
9–6
 
東 大關 #2
9–6
 
東 大關 #2
10–5
 
東 大關 #2
11–4
 
西 大關 #1
11–4[3]
 
1997年
(平成9年)
西 大關 #1
12–3
 
西 大關 #1
12–3[4]
 
東 大關 #1
9–6
 
西 大關 #1
10–5
 
東 大關 #1
13–2[2]
 
東 大關 #1
12–3
 
1998年
(平成10年)
西 大關 #1
12–3
 
東 大關 #1
8–7
 
西 大關 #1
10–5
 
西 大關 #1
12–3
 
東 大關 #1
11–4
 
東 大關 #1
11–4
 
1999年
(平成11年)
東 大關 #1
8–7
 
東 大關 #1
13–2
 
東 大關 #1
13–2
 
西 横綱
12–3
 
西 横綱
12–3
 
東 横綱
12–3
 
2000年
(平成12年)
東 横綱
2–2–11[5]
 
東 横綱 #2
11–4
 
東 横綱 #2
休場[6]
0–0–15
東 横綱 #2
10–5
 
西 横綱
14–1
 
東 横綱
11–4
 
2001年
(平成13年)
西 横綱
14–1[2]
 
西 横綱
12–3
 
西 横綱
13–2[2]
 
西 横綱
12–3
 
東 横綱
9–6
 
東 横綱
13–2
 
2002年
(平成14年)
東 横綱
1–3–11[7]
 
東 横綱
13–2
 
東 横綱
13–2
 
東 横綱
10–5
 
東 横綱
13–2
 
東 横綱
4–2–9[8]
 
2003年
(平成15年)
東 横綱
休場[9]
0–0–15
東 横綱
休場[9]
0–0–15
西 横綱
休場[9]
0–0–15
西 横綱
2–4–9[10]
 
西 横綱
休場[11]
0–0–15
西 横綱
引退
3–5–0
各欄数字按「勝-負-休場」表示。    優勝 引退 十兩・幕下

三賞=敢鬬賞、=殊勛賞、=技能賞     其他:=金星
番付階級幕内 - 十兩 - 幕下 - 三段目 - 序二段 - 序之口

幕内序列横綱 - 大關 - 關脅 - 小結 - 前頭(「#数字」为出场顺序)

注释编辑

  1. ^ と優勝決定戦
  2. ^ 2.0 2.1 2.2 2.3 貴乃花と優勝決定戦
  3. ^ 曙・3代若乃花貴ノ浪魁皇と優勝決定戦
  4. ^ 貴乃花・曙・魁皇と優勝決定戦
  5. ^ 左尺骨手根伸筋附着部炎により4日目から途中休場
  6. ^ 左膝関節捻挫により全休
  7. ^ 左手関節三角線維軟骨複合体損傷により4日目から途中休場
  8. ^ 左手関節三角線維軟骨複合体損傷(陳旧性靱帯剥離骨折)により6日目から途中休場
  9. ^ 9.0 9.1 9.2 左手関節三角線維軟骨複合体損傷(陳旧性靱帯剥離骨折)術後により全休
  10. ^ 左手関節挫傷により6日目から途中休場
  11. ^ 左手関節挫傷により全休

參考编辑

Kuehnert, Marty (2003-11-19). "The end of the Hawaiian era marks a huge blow to sumo". Japan Times Online. Retrieved 2007-06-30.