打开主菜单
武部六蔵.jpg

武部六藏(日语:武部 六蔵たけべ ろくぞう Takebe Rokuzō,1893年1月1日-1958年1月19日)日本石川县人,日本内務省官僚秋田县知事关東局总長企画院总裁心得、满洲国总務長官

目录

生平编辑

武部六藏是原加賀藩士長崎县師範学校長教授、武部直松的四子,生于長崎。早年,武部六藏先后入東京府立四中第一高等学校。1918年7月,自東京帝国大学法科大学法律学科(独法)获優等毕业,被授予銀時計。1916年10月,参加文官高等試验行政科試验合格。1918年7月,入内務省東京府属兼内務属,隶属地方局府县課。

1919年10月,就任長崎县理事官、内務部農林課長。以後,历任福冈县学務課長,内務事務官,都市計画局、帝都復興院書記官,建築局庶務課長兼营繕課長、復興局建築部庶務課長、復興局長官官房計画課長、復興局長官官房文書課長、復興事務局文書課長、計画課長、庶務課長、兼内務書記官,内務大臣秘書官、内務書記官,大臣官房会計課長。

1932年6月,就任秋田县知事。1935年1月,转任关東局司政部長,后任该局总長。1939年1月,任企画院次長,后任该院总裁心得。1940年7月,就任满洲国国務院总务長官,任至1945年8月日本投降。

1945年9月,武部六藏遭西伯利亚抑留。1950年7月,作为战犯中華人民共和国引渡,收容入撫順战犯管理所。因脑軟化症造成半身不遂,于1956年7月归国。

1958年1月19日,武部六藏逝世。

家庭编辑

参考文献编辑

  • 上田正昭他『日本人名大辞典』講談社、2001年。
  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。
  • 秦郁彦編『日本近現代人物履歴事典』東京大学出版会、2002年。

延伸阅读编辑

  • 田浦雅徳古川隆久、武部健一編『武部六蔵日記』芙蓉書房出版、1999年。
  • 武部健一編『武部六蔵昭和三年滞欧日記』武部健一、2006年。
  • 古川隆久『あるエリート官僚の昭和秘史 - 「武部六蔵日記」を読む』芙蓉書房出版、2006年。

外部链接编辑

官衔
前任:
内田隆
  秋田县知事  
官選第34代:1932 - 1935
繼任:
児玉政介
前任:
大野緑一郎
  关東局总長
第3代:1936 - 1938
繼任:
大津敏男
前任:
星野直樹
  满洲国总务長官
第7代:1940 - 1945
繼任:
废止