沈南蘋

沈南蘋(1682年-?),清代畫家。

沈南蘋畫作《雪梅群兎圖》

生平编辑

長崎滯留2年時間中,傳入花鳥畫的寫生與技法。其弟子熊代熊斐等人形成南蘋派円山応挙伊藤若冲等江戸中期的畫家大多受到影響。

 
沈南蘋畫作《丹鳳朝陽圖》

參考文献编辑

  • 近藤秀実 「南蘋試論 「雪梅群兎図」と「雪蕉仙鶴図」」『古美術』 第85号、三彩社、1988年1月10日、pp.80-100
  • 近藤秀実 「沈南蘋の足跡」『古美術』 第93号、三彩社、1990年
  • 鶴田武良 国立文化財機構監修 『日本の美術326 宋紫石と南蘋派』 1993年 至文堂 ISBN 978-4784333264
  • 成瀬不二雄 「沈南蘋と江戸の写実絵画」、中野三敏編 『日本の近世12 文学と美術の成熟』収録 中央公論社、1993年 ISBN 4-12-403032-0
  • 千葉市美術館編集・発行 『新世紀・市制施行80年記念 江戸の異国趣味 ─南蘋風大流行─』 2001年10月

参见编辑