打开主菜单

清水規矩(しみず のりつね、1890年2月10日 - 1968年1月19日、日本陸軍軍人。最終階級陸軍中将

经歴编辑

福井县出身。小学教員・清水武兵衛三子。武生中学校名古屋陸軍地方幼年学校中央幼年学校就读、1911年5月、陸軍士官学校(23期)毕業。同年12月任步兵少尉歩兵第36連隊)。1918年11月、日本陸軍大学校(30期)毕业。

1919年4月起先后任参謀本部付勤務、参謀本部員、陸軍兵器本廠付兼軍務局課員。1923年9月起先后任驻苏联里加代表和驻德国代表。帰国後、1927年8月起任参謀本部員、近衛步兵第4連隊付、参謀本部員、陸軍技術本部付兼軍務局課員。1934年8月升陸軍大佐参謀本部課長兼軍令部員、步兵第73連隊長。1937年8月任侍从武官。在任中、1938年3月晋升陸軍少将、1940年12月升陸軍中将。

1941年3月以第41師团長助理身份参加侵略中国的战争及太平洋战争。1942年5月编入预備役。同年7月任教育总監部本部長、南方军总参謀長、第7方面军参謀長、第5军司令官(防卫满洲)。八月风暴行动后被苏联军队抓捕,关押于西伯利亚。1956年12月在苏联復員

參考文獻编辑

  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 福川秀樹『日本陸軍将官辞典』芙蓉書房出版、2001年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』芙蓉書房出版、1981年。