源通子

源通子(みなもと の つうし,?-1221年),第83代土御門天皇後宮,第88代後嵯峨天皇生母。父参議正四位下左近衛中將源通宗日语源通宗源通親日语源通親長子、贈从一位左大臣)。

源通子为典侍,受土御門天皇寵愛。建历元年(1211年)生春子女王,建保元年(1213年)生覺子內亲王(准三宮、正親町院),建保2年(1214年)生仁助法親王日语仁助法親王,建保4年(1216年)生靜仁法親王,承久2年(1220年)生邦仁王(後嵯峨天皇)。承久3年(1221年)八月,源通子去世。後嵯峨天皇即位,仁治3年(1243年)七月十一日,贈母亲源通子为皇太后

参考文献编辑

  • 井上宗雄《増鏡(上)》、講談社(講談社学術文庫)、1979年
  • 「源通子」《日本女性人名辞典》[普及版]、日本図書センター、1998年