澀川幸子

涩川幸子(しぶかわ こうし,1332年-1392年7月15日),北朝正慶元年(南朝元弘2年,1332年)出生 ,室町幕府第2代将軍足利義詮正室涩川義季之女,母为北条朝房之女。兄弟涩川直赖。生年又有正慶2年(元弘3年,1333年)説。法名法观,号香严院殿。

義季的姐妹嫁给足利直義(足利尊氏同母弟),義詮正室(「大樹室家」)就在涩川家选择。观应2年(南朝正平6年、1351年)涩川幸子生下義詮長男千寿王,千寿王5岁夭折,以後涩川幸子没有生育。義詮側室紀良子生下足利義满、足利满詮,幸子作为嫡母养育义满兄弟。

貞治6年(南朝正平22年,1367年)義詮猝死,涩川幸子被尊为「大方禅尼」「大御所涩河殿」为足利义满管理管領守護大名。结交斯波義将,对抗細川赖之。貞治5年(南朝正平21年(1366年)任命当時18岁的侄子涩川義行为九州探題永德元年(南朝弘和元年,1381年)後圆融天皇行幸室町第,命典侍日野宣子授涩川幸子从一位。将軍生母紀良子和将军正室日野業子授予从二位

明德3年(南朝元中9年)六月廿五(1392年7月15日)去世,葬在嵯峨香严院。

参考文献编辑

  • 村井章介《涩川幸子》(《国史大辞典 7》(吉川弘文館、1986年) ISBN 978-4-642-00507-4
  • 森茂晓《涩川幸子》(《日本史大事典 3》(平凡社、1993年) ISBN 978-4-582-13103-1