神奇少年

ふしぎな少年』是手塚治虫在1961年5月~1962年12月在月刊誌「少年クラブ」(講談社)連載的漫画作品、並在1961年4月3日~1962年3月31日与NHK放送日剧

介绍编辑

大西三郎与朋友到地下道意外进了四次元世界,然后获得了可以暂停与启动时间的能力。借此行侠仗义打击犯罪。

电视版编辑

1961年4月3日至62年3月31日間,月曜日与金曜日まで、18時35分至18時50分放送。[1]

主要登場人物(漫画版)编辑

  • 大西三郎(サブタン)
  • 大西一郎(サブタンの兄、理論物理学者)
  • 大西和夫(サブタンの父)
  • サブタンの母
  • サブタンの姉
  • アンパカ組(サブタンの遊び友達の男児グループ)
  • 四次元世界的人类

电视剧编辑

単行本编辑

脚注编辑

  1. ^ 『手塚治虫物語』(全2冊)伴俊男+手塚プロダクション・著、朝日新聞社

外部链接编辑