打开主菜单

神田 喜一郎1897年;明治30年10月16日-1984年;昭和59年4月10日),號鬯盦,書室稱佞古書屋日本學者、元台北帝国大学文政学部文学科東洋学講座教授(吳守禮田大熊黃得時的老師)、京都大学文学博士、京都国立博物館館長退休、日本学士院会員。父神田喜左卫门,祖父神田香巌

日語寫法
日語原文 神田 喜一郎
假名 かんだ きいちろう
平文式罗马字 Kanda Kiichirō

來歷编辑

生在京都市上京區,京都府立第一中学校和旧制第三高等学校畢業。

  • 1921年(大正10年)3月自京都帝国大学文学部史学科支那史学專攻卒業。
  • 1923年(大正12年)4月任大谷大学教授。
  • 1926年(大正15年)3月辭大谷大学教授職、4月任宮内省図書寮囑託,負責編纂漢籍的目錄和題解。
  • 1929年(昭和4年)4月任台北帝国大学助教授。
  • 1934年(昭和9年)11月任台北帝国大学教授。
  • 1934年(昭和9年)12月到1936年(昭和11年)8月間留學法國巴黎,研究敦煌古卷。
  • 1945年(昭和20年)12月免台北帝国大学教授職。
  • 1946年(昭和21年)5月任大谷大学教授。
  • 1950年(昭和25年)1月以「支那訓詁学上より見たる日本書紀古訓攷証」論文獲京都大学授與文学博士学位。
  • 1952年(昭和27年)5月任京都国立博物館館長。
  • 1960年(昭和35年)7月從京都国立博物館館長任上退休。
  • 1972年(昭和47年)11月被選任為日本学士院会員。

家族编辑

長男神田信夫(東洋学者。史・满族史研究)、次男神田孝夫(比較文学者・德語學者、東洋大學教授、1923年-1996年)。

主要著書编辑

  • 『東洋学説林』(弘文館, 1948年 思文閣出版, 1974年)
  • 日本書紀古訓攷証』(養徳社, 1949年)
  • 敦煌学五十年』(二玄社, 1960年 筑摩叢書, 1970年、復刊1984年)
  • 『日本における中国文学-日本填詞史話』(全2巻、二玄社, 1965年-67年) 
  • 『中国の古印 その鑑賞の歴史』 (編著 二玄社, 1976年) 図版多数
  • 『墨林間話』(岩波書店, 1978年) 
  • 画禅室随筆講義』(同朋舎出版, 1980年)
  • 『藝林談叢』(法蔵選書:法蔵館 ,1981年)
  • 明治文学全集62 明治漢詩文集』 (編著、筑摩書房, 1983年)
  • 『中国書道史』 (岩波書店, 1985年) 遺著

全集编辑

  • 『神田喜一郎全集』 (全10巻、同朋舎出版, 1983年-97年)
  1. 東洋學説林.敦煌秘籍留真
  2. 続東洋學説林.日本書紀古訓攷証
  3. 東洋學文献叢説.旧鈔本叢説.鬯〓蔵書絶句
  4. 画禅室随筆講義.鬯〓蔵曲志
  5. 中国における詩と美術の間.附録(中国書法の二大潮流・中国の古印)、文のみ
  6. 日本における中国文学.1
  7. 日本における中国文学.2
  8. 扶桑學志.藝林談叢 
  9. 墨林間話.敦煌學五十年
  10. 漢詩文.鉄斎扇面.雑纂

相關詞條编辑

参考文献・資料编辑

  • 『神田喜一郎博士追悼中国学論集』(二玄社, 1986年)
  • 『神田喜一郎博士著書目録』 磯佳和編著(非売品)、2003年に出された。
  • 『先学を語る4 東方学回想第5巻』 (刀水書房、2000年) 回想がある。
  • 平凡社『書道全集』や百科事典世界大百科事典』の書道関係項目に執筆。
  • 蔵書は大谷大学に寄贈され『図書目録』が、1988年に出されている。