秋山骏

秋山骏(1930年4月23日-2013年10月2日),日本文艺评论家。早稻田大学法文科毕业。50年代起长期在报社工作,1960年以《小林秀雄》一文获群像新人奖。著有《内部的人》(1967)、《隐秘的火焰:中原中也评传》(1975—1977)等。他的评论多偏重于对现代人的存在方式进行批判的审视,是“内向的一代”的代表性批评家之一。1990年曾访问中国。2013年10月2日因食道癌去世。

日語寫法
日語原文秋山 駿
假名あきやま しゅん
平文式罗马字Akiyama Shun

著作编辑

  • 『内部人間』(1967, 南北社, のち晶文社)
  • 『対談・私の文学』(1969, 講談社)
  • 『無用の告発-存在のための考察』(1969, 河出書房)
  • 『抽象的な逃走』冬樹社 1970
  • 『歩行と貝殻』講談社 1970
  • 『時が流れるお城が見える』(1971, 仮面社)
  • 『考える兇器』冬樹社 1972
  • 『小林秀雄と中原中也』 第三文明社(レグルス文庫) 1973
  • 『作家論』 第三文明社 1973
  • 『秋山駿批評 1』1973, 小沢書店
  • 『地下室手記』(1974, 徳間書店/1991年5月、日本文芸社)
  • 『秋山駿批評 2』小沢書店 1975
  • 『言葉の棘 』北洋社 1975
  • 『文学への問い 秋山駿第一対談集』徳間書店 1975
  • 『秋山駿文芸時評 1970・6-1973・12 』河出書房新社 1975
  • 『内的生活』(1976, 講談社)
  • 『秋山駿批評 3』小沢書店 1976
  • 『知れざる炎 評伝中原中也』(1977, 河出書房新社/1991年5月, 講談社文芸文庫)
  • 『架空のレッスン』小沢書店 1977
  • 『批評のスタイル 』アディン書房 1978
  • 『内的な理由』構想社 1979
  • 『文学の目覚める時 秋山駿第二対談集』徳間書店 1979
  • 『舗石の思想』 講談社 1980 (2002, 講談社文芸文庫)
  • 『秋山駿批評 4』小沢書店 1981
  • 『生の磁場 文芸時評1977~1981』小沢書店 1982
  • 『本の顔本の声』福武書店 1982
  • 『こころの詭計』(小沢書店 1983)
  • 『魂と意匠 小林秀雄』(1985, 講談社)
  • 『簡単生活者意見』(1988年, 小沢書店)
  • 『恋愛の発見』小沢書店 1988
  • 『人生の検証』(1990, 新潮社 のち新潮文庫/2002年5月, 新潮オンデマンドブックス)
  • 『時代小説礼讃』(1990, 日本文芸社)
  • 『歩行者の夢想 秋山駿自選評論集』学芸書林 1991
  • 『路上の櫂歌』(1994, 小沢書店)
  • 『信長』新潮社 1996(のち新潮文庫, 1999年)
  • 『信長発見』共著(1997, 小沢書店 のち朝日文庫)
  • 『砂粒の私記』(1997年, 講談社)
  • 『作家と作品私のデッサン集成』(1998, 小沢書店)
  • 『片耳の話 言葉はこころの杖』(2001, 光芒社)
  • 『神経と夢想-私の「罪と罰」』(2003, 講談社)
  • 『信長と日本人 魂の言葉で語れ!』(2004, 飛鳥新社)
  • 『小説家の誕生 瀬戸内寂聴』(2004, おうふう)
  • 『批評の透き間』(2005, 鳥影社)
  • 『私小説という人生』(2006, 新潮社)
  • 『内部の人間の犯罪 秋山駿評論集』 2007 講談社文芸文庫
  • 『忠臣蔵』(2008年, 新潮社)
  • 『「生」の日ばかり』講談社 2011

外部链接编辑