打开主菜单

秦郁彦(日语:秦 郁彦はた いくひこ Hata Ikuhiko,1932年12月12日)是日本歷史学者。原日本大学法学部教授。1974年在東京大学取得法学博士學位。山口县出身。因专注研究日本近現代史并发表相关研究著作等而为人所知。

目录

略歷编辑

学歷编辑

職歷编辑

同期に小粥正巳(大藏事務次官)、大橋宗夫(関税局長)等。為替局、中国財務局名古屋国税局经济企画厅などで勤務。
大藏省大臣官房参事官を最後に大藏事務官を1976年依願退官

学風编辑

专攻日本近現代史日语日本近代史、以第二次世界大战为中心的日本军事史日语日本の軍事史。著書《日中戦争史》被评价为该领域的经典大作[1]

获奖编辑

  • 1993年 - 《昭和史の謎を追う》获得第41回菊池寬獎

著書编辑

个人著作编辑

  • 《日中戦争史》(河出書房新社、1961年/増訂版、1972年/新装版、原書房、1979年)
  • 《軍ファシズム運動史――3月事件から2・26後まで》(河出書房新社、1962年/増訂版、1972年/新装版.原書房、1980年)
  • 《実録第二次世界大戦――運命の瞬間》(桃源社、1968年)
  • 《太平洋国際関係史―日米および日露危機の系譜 1900-1935》(福村出版、1972年)
  • 《昭和財政史 終戦から講和まで(3) アメリカの対日占領政策》(大蔵省財政史室編、東洋经济新報社、1976年)
  • 《太平洋戦争六大決戦―なぜ日本は敗れたか》(读卖新聞社、1976年)
  • 《史録日本再軍備》(文藝春秋、1976年)
  • 《八月十五日の空―日本空軍の最後》(文藝春秋、1978年/文春文庫、1995年)
  • 《太平洋戦争航空史話》(全2卷.冬樹社、1980年/光風社出版、1984年/中公文庫、1995年)
  • 《昭和史の軍人たち》(文藝春秋、1982年/文春文庫、1987年)
  • 《官僚の研究―不滅のパワー・1868-1983》(講談社、1983年)
  • 《裕仁天皇五つの決断》(講談社、1984年)
    • 昭和天皇五つの決断》(文春文庫、1994年)
  • 《実録太平洋戦争―六大決戦》(光風社出版、1984年/光風社選書、1995年)
    • 《太平洋戦争六大決戦》(中公文庫、1998年)
  • 《実録第二次世界大戦―運命を変えた、六大決戦》(光風社出版、1984年/光風社選書、1995年)
    • 《第二次世界大戦―鋼鉄の激突》(中公文庫、1998年)
  • 《昭和史を縦走する―柳条溝事件から教科書問題まで》(グラフ社、1984年)
  • 《南京事件―「虐殺」の構造》(中公新書、1986年/増補版、2007年)
  • 《第二次大戦航空史話》(全3卷.光風社出版、1986年/中公文庫、1996年)
  • 《昭和史の謎を追う》(全2卷.文藝春秋、1993年/文春文庫、1999年)
  • 盧溝橋事件の研究》(東京大学出版会、1996年)
  • 《日本人捕虜―白村江からシベリア抑留まで》(原書房、1998年)
  • 《現代史の争点》(文藝春秋、1998年/文春文庫、2001年)
  • 《現代史の光と影―南京事件から嫌煙権論争まで》(グラフ社、1998年)
  • 《慰安婦と戦場の性》(新潮選書、1999年)
  • 《なぜ日本は敗れたのか―太平洋戦争六大決戦を検証する》(洋泉社、新書y、2001年)
  • 《現代史の対決》(文藝春秋、2003年/文春文庫、2005年)
  • 旧制高校物語》(文春新書、2003年)
  • 漱石文学のモデルたち》(講談社、2004年)
  • 《歪められる日本現代史》(PHP研究所、2006年)
  • 《統帥権と帝国陸海軍の時代》(平凡社新書、2006年)
  • 《現代史の虚実―沖縄大江裁判・靖国・慰安婦・南京・フェミニズム》(文藝春秋社、2008年)
  • 《靖国神社の祭神たち》(新潮選書、2010年) 
  • 《病気の日本近代史 幕末から平成まで》(文藝春秋、2011年) 
  • 《昭和史の秘話を追う》(PHP研究所、2012年)
  • 《陰謀史観》(新潮新書、2012年)

合著编辑

  • 袖井林二郎)《日本占領秘史 下卷》(朝日新聞社、1977年/早川書房ハヤカワ文庫]、1986年)
  • 坂本多加雄半藤一利保阪正康)《昭和史の論点》(文藝春秋[文春新書]、2000年)
  • 半藤一利横山惠一)《太平洋戦争―日本海軍戦場の教訓》(PHP研究所、2001年/PHP文庫、2003年)
  • (半藤一利・横山惠一・户高一成)《歷代海軍大将全覧》(中央公論新社中公新書ラクレ]、2005年)
  • (半藤一利・原剛・横山惠一)《歷代陸軍大将全覧 明治編》(中央公論新社[新書ラクレ]、2009年)
  • (半藤一利・原剛・横山惠一)《歷代陸軍大将全覧 大正編》(中央公論新社[新書ラクレ]、2009年)
  • (半藤一利・原剛・横山惠一)《歷代陸軍大将全覧 昭和篇 满州事変・支那事変期》(中央公論新社[新書ラクレ]、2010年)
  • (半藤一利・原剛・横山惠一)《歷代陸軍大将全覧 昭和篇 太平洋戦争期》(中央公論新社[新書ラクレ]、2010年)
  • (伊沢保穂)《日本海軍戦闘機隊-戦歷と航空隊史話》(大日本絵画、2010年)
  • (半藤一利・保阪正康・井上亮)《「BC級裁判」を読む》(日本经济新聞出版社、2010年)
  • (半藤一利・原剛・松本健一・户高一成)《徹底検証 日清・日露戦争》(文藝春秋[文春新書]、2011年)
  • (半藤一利・户高一成)《連合艦隊・戦艦12隻を探偵する》(PHP研究所、2011年)

編著编辑

  • 《戦前期日本官僚制の制度・組織・人事》(战前期官僚制研究会編、東京大学出版会、1981年)
  • 《世界諸国の制度・組織・人事 1840-1987》(東京大学出版会、1988年/増補版、2001年)-2000年までを追加した
  • 《真珠湾燃える(上・下)》(原書房、1988年)
  • 《日本陸海軍総合事典》(東京大学出版会、1991年/第二版、2005年)
  • 《ゼロ戦20番勝負》(PHP研究所[PHP文庫]、1999年)
  • 《日本官僚制総合事典 1868-2000》(東京大学出版会、2001年)
  • 《検証・真珠湾の謎と真実-ルーズベルトは知っていたか 》(PHP研究所、2001年)
  • 《太平洋戦争のif「イフ」-絶対不敗は可能だったか?》(グラフ社、2002年/中公文庫、2010年)
  • 《日本近現代人物履歷事典》(東京大学出版会、2002年)[2]
  • 《昭和史20の争点 日本人の常識》(文藝春秋、2003年/文春文庫、2006年)
  • 《沖縄戦「集团自杀」の謎と真実》(PHP研究所、2009年)

合作編著编辑

  • 日本国際政治学会太平洋戦争原因究明部編《太平洋戦争への道 第4卷 日中戦争 下》(朝日新聞社、1963年)
  • 日本国際政治学会太平洋戦争原因究明部編《太平洋戦争への道 第6卷 南方進出》(朝日新聞社、1963年)
  • 三宅正樹藤村道生義井博)《昭和史の軍部と政治(全5卷)》(第一法規出版、1983年)

監修编辑

  • 《連合艦隊海空戦戦闘詳報(全18卷・別卷2卷)》(アテネ書房、1996年)

合作監修・合著编辑

翻译著作编辑

  • デイヴィッド・カーン《暗号戦争》(共訳.早川書房、1968年/ハヤカワ文庫、1978年)
  • ウォルター・ロード《南太平洋の勇者たち――ソロモン諜報戦》(早川書房、1981年)

論文编辑

  • 「20世紀の戦争と平和」(年報戦略研究6<20世紀の戦争と平和>、戦略研究学会編、芙蓉書房出版、2009年3月)

注释编辑

  1. ^ 復刊の際のパンフ(池井優日语池井優慶大教授)より
  2. ^ 「日本近現代人物履歴事典」秦郁彦【著】. [2012-09-08]. (原始内容存档于2013-07-31). 
  3. ^ 文藝春秋 80周年記念出版 世界戦争犯罪事典

相关条目编辑

外部链接编辑