第26师团

(重定向自第26師團 (日本陸軍)

第26师团大日本帝国陆军师团之一。抗日战争爆发后组建。

第26師団

存在時期1937年昭和12年)9月30日
(独立混成第11旅团)
國家或地區Flag of Japan.svg大日本帝国
部門大日本帝国陆军
規模混成旅団/兵団/师团
別稱
參與戰役日中战争-太平洋战争

沿革编辑

1937年(昭和12年)9月30日以独立混成第11旅团编成第26师团。是第一个「三單位編制師團」,所辖的步兵連隊日语歩兵連隊都继承了独立混成第11旅团时的番号,以「独立」冠名。師團編成後,从凉城县发动了綏遠、包頭攻略戰。1938年(昭和13年)1月编入駐蒙兵團序列。

1944年(昭和19年)7月,调菲律宾方面军,在搭乘ヒ71船團日语ヒ71船団马尼拉時,因船團受美軍潛艇襲擊,本師團喪失約7000人。在莱特岛战役奧爾莫克灣戰役,损失了装备与供给物资。后续供应船队也被击沉,最终包括师团长以下大都战死。残部在Kangipot山脉[哪個/哪些?]坚持至终战。第11步兵联队未去莱特岛,在Balete山谷[哪個/哪些?]参战。

司令部人事编辑

歴代司令官编辑

独立混成第11旅团長
第26師団長
  • 後宮淳 中将:1937年(昭和12年)10月5日陆军省军务局长 - 1939年(昭和14年)8月1日
  • 黑田重德 中将:1939年(昭和14年)8月1日 - 1941年(昭和16年)6月30日
  • 矢野音三郎 中将:1941年(昭和16年)6月30日 - 1942年(昭和17年)4月1日
  • 柴山兼四郎 中将:1942年(昭和17年)4月1日 - 1943年(昭和18年)4月8日
  • 佐伯文郎 中将:1943年(昭和18年)4月8日 - 1944年(昭和19年)7月18日
  • 山県栗花生 中将:1944年(昭和19年)7月18日 - 1945年(昭和20年)2月5日(戦死)
  • (心)栗栖猛夫 少将:1945年(昭和20年)2月7日 - 1945年(昭和20年)7月17日(戦死)

歴代参謀長编辑

第27師団参謀長
  • 白銀重二 航空兵中佐:1937年(昭和12年)10月5日 - 1939年3月9日[1]
  • 长勇 歩兵大佐:1939年(昭和14年)3月9日 - 1940年8月1日[2]
  • 黒田茂 砲兵大佐:1940年(昭和15年)8月1日 - 1942年3月11日[3]
  • 萩三郎 大佐:1942年(昭和17年)3月11日 - 1943年9月11日[4]
  • 加藤芳寿 大佐:1943年(昭和18年)9月11日 - 1945年(昭和20年)7月27日(戦死)[5]

歴代兵器部長编辑

歴代経理部長编辑

歴代軍医部長编辑

歴代獣医部長编辑

隷下部隊编辑

1937年(昭和12年)当時の編制编辑

  • 師団司令部
  • 第26歩兵団(1943年(昭和18年)3月18日裁撤步兵团、歩兵連隊由後師団直率)团长黑田重德
    • 第26歩兵団司令部
    • 独立歩兵第11連隊 联队长千田贞雄大佐
    • 独立歩兵第12連隊 联队长原口启之助大佐
    • 独立歩兵第13連隊 联队长久野村桃代大佐
  • 独立炮兵第26連隊 联队长入江莞尔大佐
  • 独立山炮兵第12联队 联队长塚本善太郎大佐
  • 工兵第26連隊 联队长吉冈善四郎中佐
  • 輜重兵第26連隊 联队长椎桥侃二中佐
  • 第26師団捜索隊 队长岩田文三中佐(骑兵、装甲兵混成)
  • 第26師団通信隊 队长船户东大尉
  • 第26師団兵器勤務隊
  • 第26師団野戦病院
  • 第26師団病馬廠

最終所属部隊编辑

  • 独立歩兵第11連隊(津):津田佃大佐
  • 独立歩兵第12連隊(岐阜):今堀銕作大佐
  • 独立歩兵第13連隊(静岡):森岡信之丞大佐
  • 独立野砲兵第11連隊: 馬場喜重大佐
  • 工兵第26連隊:品川弥治中佐
  • 輜重兵第26連隊:新村理市大佐
  • 第26師団通信隊:内ヶ島芳男少佐
  • 第26師団兵器勤務隊:山田清次郎大尉
  • 第26師団野戦病院:武藤有一軍医少佐
  • 第26師団病馬廠:吉田周一獣医少佐

部隊歌编辑

脚注编辑

  1. ^ 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』388頁。
  2. ^ 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』391頁。
  3. ^ 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』421-422頁。
  4. ^ 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』407頁。
  5. ^ 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』458頁。

参考文献编辑

  • 外山操・森松俊夫編著『帝国陸軍編制総覧』芙蓉書房出版、1987年。
  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 福川秀樹『日本陸軍将官辞典』芙蓉書房出版、2001年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』芙蓉書房出版、1981年。

相关条目编辑

参考编辑

大日本帝国陆军师团总览