羽田正

羽田 正はねだ まさし,1953年7月9日[1] 是一名日本歴史學家。現任東京大学東洋文化研究所教授,専門は研究伊斯蘭建築史、近世伊斯蘭史。

来歴・人物编辑

1953年7月出生於大阪市的一個學術世家,是羽田明的兒子、羽田亨的孫子。

學歷编辑

  • 1976年 京都大学文学部史学科畢業
  • 1978年 同大学院文学研究科東洋史学(西南亞洲史学)修士課程修了、同博士後期課程進学
  • 1980年 巴黎第三大学博士課程進学
  • 1983年 Doctorat de troisieme cycle (Etudes iraniennes)取得
  • 1984年 京都大学大学院文学研究科博士後期課程單位取得退学

研究歴编辑

獲獎编辑

著作编辑

單著编辑

  • 『モスクが語るイスラム史―建築と政治権力』(中央公論社〈中公新書〉、1994年/ちくま学芸文庫(増補版)、2016年)
  • 『勲爵士シャルダンの生涯―十七世紀のヨーロッパとイスラーム世界』(中央公論新社、1999年)
  • 『イスラーム世界の創造』(東京大学出版会〈東洋叢書〉、2005年)
  • 『興亡の世界史(15) 東インド会社とアジアの海』(講談社、2007年/講談社学術文庫、2017年11月)
    • 『興亡的世界史(15) 東印度公司與亞洲的海洋:跨國公司如何創造二百年歐亞整體史』 林詠純譯(八旗文化、2018年1月)
  • 『新しい世界史へ―地球市民のための構想』(岩波書店岩波新書〉、2011年)

共著编辑

  • 永田雄三)『世界の歴史(15) 成熟のイスラーム社会』(中央公論社 1998年/中公文庫 2008年)

編著・共編编辑

  • 三浦徹[2])『イスラム都市研究―歴史と展望』(東京大学出版会 1991年)
  • 大塚和夫小杉泰小松久男東長靖山内昌之
     『岩波イスラーム辞典』(岩波書店 2002年)
  • 大谷幸夫和田清美)『シリーズ・都市のアナトミー(1) 都市のフィロソフィー 都市とは何か、その本質』(こうち書房 2004年)
  • 『シリーズ港町の世界史(3) 港町に生きる』(歴史学研究会編、青木書店 2006年)
  • 『東アジア海域に漕ぎだす(1) 海から見た歴史』(小島毅監修、東京大学出版会 2013年)
  • 『グローバルヒストリーと東アジア史』(東京大学出版会、2016年)
  • 『地域史と世界史』(ミネルヴァ書房、2016年)。責任編集

翻譯编辑

參考資料编辑

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.337
  2. ^ 三浦 徹. [2014-10-31]. (原始内容存档于2014-10-31). 

外部連結编辑