臣籍降下

臣籍降下(日语:臣籍降下しんせきこうか shinseki kōka */?)是指日本皇室成員被取消皇族資格、取得姓氏戶籍成為一般民眾之事。現行日本憲法施行後則稱為皇籍離脱皇籍離脱こうせきりだつ kōseki ridatsu)。

沿革编辑

平安時代皇族人数太多,皇宮財政甚窘;天皇唯有將血缘疏远或者較不受寵的皇室子弟降為臣民,让他们自力更生,以維繫宮內財政。這些成為臣民的公子王孫多半成为武士,如平氏源氏

明治維新後,內親王女王下嫁日语降嫁平民後也會脫離皇族(臣籍降嫁),若嫁給皇族則可保留皇族身份。

第二次世界大戰日本投降後,盟軍佔領日本。1947年,奉駐日盟軍總司令部(GHQ)指示,閑院宮伏見宮東伏見宮久邇宮東久邇宮北白川宮山階宮梨本宮賀陽宮朝香宮竹田宮等11個宮家宗室子弟皆被昭和天皇賜姓成為平民,以宮名為新的苗字,比如伏見宮第26代當主伏見宮博明王脫離皇室後改名「伏見博明」、閑院宮第7代當主閑院宮春仁王脫離皇室後改名「閑院春仁」。

臣籍降嫁编辑

名前 降嫁後 続柄 日付 事由
あきこ/安喜子女王(あきこ) いけだ/池田安喜子 くに/久邇宮朝彦親王第3王女 1890年(明治23年)12月24日 池田侯爵家継嗣の池田詮政と婚姻[1]
あやこ/絢子女王(あやこ) たけのうち/竹内絢子 くに/久邇宮朝彦親王第5王女 1892年(明治25年)12月26日 竹内子爵家当主の竹内惟忠と婚姻[2]
もとこ/素子女王(もとこ) せんごく/仙石素子 くに/久邇宮朝彦親王第6王女 1893年(明治26年)11月15日 仙石子爵家継嗣の仙石政敬と婚姻[3]
さかこ/栄子女王(さかこ) ひがしぞの/東園栄子 くに/久邇宮朝彦親王第2王女 1899年(明治32年)9月26日 東園子爵家当主の東園基愛と婚姻[4]
さちこ/禎子女王(さちこ) やまうち/山内禎子 ふしみ/伏見宮貞愛親王第1王女 1901年(明治34年)04月6日 山内侯爵家当主の山内豊景と婚姻[5]
あつこ/純子女王(あつこ) おだ/織田純子 くに/久邇宮朝彦親王第9王女 1901年(明治34年)11月27日 織田子爵家当主の織田秀実と婚姻[6]
さだこ/貞子女王(さだこ) ありま/有馬貞子 きたしらかわ/北白川宮能久親王第2王女 1903年(明治36年)2月6日 有馬伯爵家継嗣の有馬頼寧と婚姻[7]
みつこ/滿子女王(みつこ) かんろじ/甘露寺滿子 きたしらかわ/北白川宮能久親王第1王女 1904年(明治37年)11月14日 甘露寺伯爵家継嗣の甘露寺受長と婚姻[8]
すずこ/篶子女王(すずこ) みぶ/壬生篶子 くに/久邇宮朝彦親王第8王女 1906年(明治39年)10月28日 壬生伯爵家当主の壬生基義と婚姻[9]
みえこ/實枝子女王(みえこ) とくがわ/徳川實枝子 ありすがわ/有栖川宮威仁親王第2王女 1908年(明治41年)11月8日 徳川公爵家(慶喜家)継嗣の徳川慶久と婚姻[10]
たけこ/武子女王(たけこ) ほしな/保科武子 きたしらかわ/北白川宮能久親王第3王女 1911年(明治44年)4月17日 保科子爵家当主の保科正昭と婚姻[11]
しげこ/茂子女王(しげこ) くろだ/黒田茂子 かんいん/閑院宮載仁親王第2王女 1914年(大正3年)1月21日 黒田侯爵家継嗣の黒田長礼と婚姻[12]
ゆきこ/由紀子女王(ゆきこ) まちじり/町尻由紀子 かや/賀陽宮邦憲王第1王女 1915年(大正4年)4月30日 町尻子爵家養継嗣の町尻量基と婚姻[13]
ひろこ/擴子女王(ひろこ) ふたら/二荒擴子 きたしらかわ/北白川宮能久親王第5王女 1915年(大正4年)7月20日 二荒伯爵家当主の二荒芳徳と婚姻[14]
ゆきこ/恭子女王(ゆきこ) あんどう/安藤恭子 かんいん/閑院宮載仁親王第1王女 1915年(大正4年)9月3日 安藤子爵家当主の安藤信昭と婚姻[15]
やすこ/恭子女王(やすこ) あさの/浅野恭子 伏見宮博恭王第1王女 1918年(大正7年)5月29日 浅野侯爵家継嗣浅野長之の長男の浅野長武と婚姻[16]
まさこ/方子女王(まさこ) い/李方子 なしもと/梨本宮守正王第1王女 1920年(大正9年)04月28日 李王世子の李垠と婚姻するのに伴い皇室を離れた[17]
やすこ/安子女王(やすこ) あさの/浅野安子 やましな/山階宮菊麿王第1王女 1920年(大正9年)11月9日 浅野侯爵家継嗣浅野長之の長男の浅野長武と婚姻[18]
さとこ/智子女王(さとこ) おおたに/大谷智子 くに/久邇宮邦彦王第3王女 1924年(大正13年)05月3日 大谷伯爵家継嗣の大谷光暢と婚姻[19]
のぶこ/信子女王(のぶこ) さんじょうにし/三条西信子 くに/久邇宮邦彦王第2王女 1924年(大正13年)12月9日 三条西伯爵家継嗣の三条西公正と婚姻[20]
あつこ/敦子女王(あつこ) きよす/清棲敦子 ふしみ/伏見宮博恭王第2王女 1926年(大正15年)10月27日 清棲伯爵家当主の清棲幸保と婚姻[21]
のりこ/規子女王(のりこ) ひろはし/広橋規子 なしもと/梨本宮守正王第2王女 1926年(大正15年)12月02日 広橋伯爵家当主の広橋真光と婚姻[22]
はなこ/華子女王(はなこ) かちょう/華頂華子 かんいん/閑院宮載仁親王第5王女 1926年(大正15年)12月13日 華頂侯爵家当主の華頂博信と婚姻[23]
きくこ/紀久子女王(きくこ) なべしま/鍋島紀久子 あさか/朝香宮鳩彦王第1王女 1931年(昭和6年)5月12日 鍋島侯爵家継嗣の鍋島直泰と婚姻[24]
みねこ/美年子女王(みねこ) たちばな/立花美年子 きたしらかわ/北白川宮成久王第1王女 1933年(昭和8年)1月17日 立花子爵家継嗣の立花種勝と婚姻[25]
あやこ/禮子女王(あやこ) さの/佐野禮子 たけだ/竹田宮恒久王第1王女 1934年(昭和9年)3月26日 新華族佐野伯爵家継嗣の佐野常光と婚姻[26]
さわこ/佐和子女王(さわこ) ひがしその/東園佐和子 きたしらかわ/北白川宮成久王第2王女 1935年(昭和10年)1月7日 東園子爵家当主の東園基文と婚姻[27]
くにこ/恭仁子女王(くにこ) にじょう/二条恭仁子 たかおう/多嘉王第3王女 1939年(昭和14年)4月2日 二条公爵家当主の二条弼基と婚姻[28]
たえこ/多惠子女王(たえこ) とくがわ/徳川多恵子 きたしらかわ/北白川宮成久王第3王女 1941年(昭和16年)04月14日 徳川公爵家(水戸家)当主徳川圀順二男の徳川圀禎と婚姻[29]
きよこ/湛子女王(きよこ) おぎゅう/大給湛子 あさか/朝香宮鳩彦王第2王女 1941年(昭和16年)11月7日 大給伯爵家当主の大給義龍と婚姻[30]
みちこ/美智子女王(みちこ) とくだいじ/徳大寺美智子 かや/賀陽宮恒憲王第1王女 1943年(昭和18年)12月29日 徳大寺公爵家当主徳大寺実厚二男の徳大寺斉定と婚姻[31]
まさこ/正子女王(まさこ) たつた/龍田正子 くに/久邇宮朝融王第1王女 1945年(昭和20年)4月22日 龍田伯爵家当主の龍田徳彦と婚姻[32]
たかのみや かずこ/孝宮和子内親王
(たかのみや かずこ)
たかつかさ/鷹司和子 /124th_昭和天皇第3皇女 1950年(昭和25年)5月20日 鷹司旧公爵家継嗣の鷹司平通と婚姻[33]
よりのみや あつこ/順宮厚子内親王
(よりのみや あつこ)
いけだ/池田厚子 /124th_昭和天皇第4皇女 1952年(昭和27年)10月10日 池田旧侯爵家継嗣の池田隆政と婚姻
すがのみや たかこ/清宮貴子内親王
(すがのみや たかこ)
しまづ/島津貴子 /124th_昭和天皇第5皇女 1960年(昭和35年)3月10日 島津旧伯爵家継嗣の島津久永と婚姻
やすこ/甯子内親王 (やすこ) このえ/近衛甯子 みかさ/三笠宮崇仁親王第1王女 1966年(昭和41年)12月18日 近衛旧公爵家当主の近衛護煇と婚姻
まさこ/容子内親王 (まさこ) せん/千容子 みかさ/三笠宮崇仁親王第2王女 1983年(昭和58年)10月14日 裏千家若宗匠の千宗之と婚姻
のりのみや さやこ/紀宮清子内親王
(のりのみや さやこ)
くろだ/黒田清子 /125th_上皇明仁第1皇女 2005年(平成17年)11月15日 黒田慶樹と婚姻
のりこ/典子女王 (のりこ) せんげ/千家典子 たかまど/高円宮憲仁親王第2王女 2014年(平成26年)10月5日 千家旧男爵家継嗣の千家国麿と婚姻[34]
あやこ/絢子女王 (あやこ) もりや/守谷絢子 たかまど/高円宮憲仁親王第3王女 2018年(平成30年)10月29日 守谷慧と婚姻

外部連結编辑

  1. ^ 『官報』第2249号、明治23年12月25日
  2. ^ 『官報』第2851号、明治25年12月27日
  3. ^ 『官報』第3116号、明治26年11月16日
  4. ^ 『官報』第4873号、明治32年9月27日
  5. ^ 『官報』号外、明治34年4月6日
  6. ^ 『官報』号外、明治34年11月27日
  7. ^ 『官報』号外、明治36年2月6日
  8. ^ 『官報』号外、明治37年11月14日
  9. ^ 『官報』号外、明治39年10月28日
  10. ^ 『官報』号外、明治41年11月8日
  11. ^ 『官報』号外、明治44年4月17日
  12. ^ 『官報』第443号、大正3年1月22日
  13. ^ 『官報』第822号、大正4年5月1日
  14. ^ 『官報』第891号、大正4年7月21日
  15. ^ 『官報』第928号、大正4年9月4日
  16. ^ 『官報』第1746号、大正7年5月30日
  17. ^ 『官報』第2320号、大正9年4月29日
  18. ^ 『官報』第2483号、大正9年11月10日
  19. ^ 『官報』第3507号、大正13年5月5日
  20. ^ 『官報』第3691号、大正13年12月10日
  21. ^ 『官報』第4254号、大正15年10月28日
  22. ^ 『官報』第4284号、大正15年12月3日
  23. ^ 『官報』第4293号、大正15年12月14日
  24. ^ 『官報』第1308号、昭和6年5月13日
  25. ^ 『官報』第1813号、昭和8年1月18日
  26. ^ 『官報』第2168号、昭和9年3月27日
  27. ^ 『官報』第2402号、昭和10年1月8日
  28. ^ 『官報』第3672号、昭和14年4月5日
  29. ^ 『官報』第4279号、昭和16年4月15日
  30. ^ 『官報』第4451号、昭和16年11月8日
  31. ^ 『官報』第5090号、昭和19年1月4日
  32. ^ 『官報』第5480号、昭和20年4月24日
  33. ^ 『官報』第7004号、昭和25年5月20日「和子内親王殿下が皇族の身分を離れられる件(昭和25年宮内庁告示第4号)」
  34. ^ 『官報』特別号外 第19号、平成26年10月5日