打开主菜单

落武者狩(落難武士獵人)是指日本历史上抢劫或袭击,擊殺战败的落单武士的行动,参与者主要是农民,農兵(當時有農兵合一的現象)或有组织的土匪。日本战国时代的社会混乱不堪,農兵合一,战场附近的农民兵往往抢劫通過的落難武士或以武士首级邀功的形式取得财富。如明智光秀天王山战役被秀吉擊败后,在逃跑途中死于农民兵之手。

参考文献编辑

  • 藤木久志 『雑兵たちの戦場 中世の傭兵と奴隷狩り』 〈朝日選書〉 2005年
  • 今谷明 『戦国の世 日本の歴史〈5〉』 岩波ジュニア新書 2000年
  • 今谷明. 天皇と天下人. 新人物往来社. 1993. ISBN 4404020732. 
  • 清水克行 『喧嘩両成敗の誕生』 〈講談社選書メチエ〉 2006年
  • 藤木久志 『戦国の村を行く』 朝日新聞社 〈朝日選書〉 1997年
  • 藤木久志 『刀狩り 武器を封印した民衆』〈岩波新書〉 2005年
  • 藤木久志 『戦う村の民俗を行く』 朝日新聞社 〈朝日選書〉 2008年
  • 藤木久志 『土一揆と城の戦国を行く』 朝日新聞社 〈朝日選書〉 2006年
  • 今井林太郎 『石田三成』 吉川弘文館 〈人物叢書〉 1961年
  • 保谷徹 『戊辰戦争』 吉川弘文館 〈戦争の日本史18〉 2007年