藤原種繼

藤原種繼(ふじわら の たねつぐ、737年-785年10月31日)是奈良時代末期的公卿。藤原式家日语藤原式家之祖、参議藤原宇合之孫。無位・藤原清成之長男。母是秦朝元日语秦朝元之女。官位日语官位正三位中納言正一位太政大臣

經歷编辑

藤原種繼暗殺事件编辑

長岡京遷都後不久的延曆4年(785年)9月23日夜,種繼在造宮監督中被箭矢射中,翌日薨去。大伴竹良等人作為暗殺犯被捕,調查之後,大伴繼人佐伯高成等十數人被斬首。在事件直前的8月28日死去的大伴家持作為首謀者,從官籍除名。因事件連座而被流罪者也有五百枝王藤原雄依紀白麻呂大伴永主等數人。

之後,事件演變成桓武天皇的皇太弟早良親王廢嫡、配流,最後憤死。種繼和早良親王素來不和,但是,實際上早良親王和事件有無關係並不確定。之後的短期間之內從長岡京遷都平安京,早良親王的怨靈作祟,這一連串的事件也是原因之一。

参考文献编辑

  • 竹内理三他編『日本古代人名辭典』第六巻、吉川弘文館、1973年、ISBN 4642020063
  • 坂本太郎・平野邦雄監修『日本古代氏族人名辞典』吉川弘文館、1990年、ISBN 4642022430
  • 木本好信「藤原種継」『藤原式家官人の考察』高科書店、1998年
  • 北山茂夫「藤原種継事件の前後」『日本古代政治史の研究』岩波書店、1959年
  • 栄原永遠男「藤原種継暗殺事件後の任官人事」『長岡京古文化論叢』同朋社出版、1986年
  • 木本好信「藤原種継暗殺と早良廃太子の政治的背景」『奈良時代の人びとと政争』おうふう、2003年
  • 木本好信『藤原種継』ミネルヴァ書房、2015年
  • 木本好信『奈良時代の人びとと政争』おうふう、2003年
  • 宇治谷孟『続日本紀 (下)』講談社〈講談社学術文庫〉、1995年
  • 『公卿補任 第一篇』吉川弘文館、1982年
  • 『尊卑分脈 第二篇』吉川弘文館、1987年

關連項目编辑