打开主菜单

裁判所法(さいばんしょほう、昭和22年4月16日法律第59号、日本法院法)為決定日本最高裁判所以及下級裁判所之組織構成、裁判官及其他裁判所職員以及司法修習生的任免、任命資格、裁判事務處理等之事宜的法律。最高裁判所是日本憲法所明確界定,下級裁判所等之各裁判所的構成均由本法所規定。

裁判所法
日本國政府國章(準)
日本法律
正式名稱 裁判所法
通稱、簡稱 裁判所法
編號 昭和22年4月16日法律第59号
效力 現行法
種類 日本憲法附屬法裁判法
內容 裁判所組織、裁判事務
相關 日本國憲法裁判員法
知財高裁設置法国民審査法
最高裁判所規則
鏈接 総務省法令データ提供システム

目录

構成编辑

  • 第1編 總則(1 - 5條)
    • 3條(裁判所權限)
    • 5條(裁判官)
  • 第2編 最高裁判所(6 - 14條之3)
    • 9條 (大法廷・小法廷)
  • 第3編 下級裁判所(15 - 38條)
  • 第4編 裁判所職員及司法修習生(39 - 68條)
    • 第1章 裁判官
      • 50條 (定年)
    • 第2章 裁判官以外裁判所職員
    • 第3章 司法修習生
  • 第5編 裁判事務之處理(69 - 78條)
    • 第1章 法庭
    • 第2章 裁判所用語
    • 第3章 裁判評議
    • 第4章 裁判所共助
  • 第6編 司法行政(80 - 82條)
  • 第7編 裁判所經費(83條)
  • 附則

関連項目编辑

參考文獻编辑

  • 齊藤 友嘉 (等著)『裁判所法等改正一括法/弁護士法 (司法制度改革概説)』商事法務 (2005/03)。ISBN 978-4785712044
  • 野中ら 等著『憲法II』有斐閣; 第5版 (2012/3/30)。ISBN 978-4641131194
  • 野村二郎「日本の裁判史を読む事典」自由国民社 (2004/11/25)。 ISBN 978-4426221126

外部連接编辑