豬瀨直樹

豬瀨直樹(日语:猪瀬 直樹,1946年11月20日),日本作家政治人物,曾担任第18代東京都知事,也擔任地方分権改革推進委員会日语地方分権改革推進委員会委員(2007年4月 - )、東京工業大学世界文明中心特任教授(2006年4月 - )。歴任東京大学大学院人文社会系研究科日语東京大学大学院人文社会系研究科・文学部客座教授国際日本文化研究中心日语国際日本文化研究センター客座教授。

豬瀨直樹
Naoki Inose.jpg
東京都第18任民選東京都知事
任期
2012年12月18日-2013年12月24日
前任石原慎太郎
继任舛添要一
个人资料
出生 (1946-11-20) 1946年11月20日74歲)
 日本長野縣下水内郡飯山町
(現飯山市
政党無黨籍
配偶蜷川有紀日语蜷川有紀
亲属水野陽美(岳父)
蜷川幸雄(妻子的叔父)
蜷川宏子日语真山知子(妻子的叔母)
蜷川美穗日语蜷川みほ(妻妹)
蜷川實花(妻子的堂妹)
学历政治學碩士
母校信州大學人文學部經濟學科
明治大學政治經濟學研究所
职业作家
豬瀨直樹
原文名稱猪瀬 直樹
日文假名いのせ なおき
羅馬拼音Inose Naoki
出生 日本長野縣飯山市
職業作家、政治家
語言日語
國籍 日本
教育程度信州大學人文學部經濟學科
明治大學政治經濟學研究所
創作時期1983年 -
體裁小說
批判
主題天皇
政治
社会
代表作ミカドの肖像(1986年)
日本国の研究(1997年)
獎項大宅壯一非小說文學獎(1987年)
日本主義學會特別獎(1987年)
文藝春秋讀者獎(1996年)
配偶なし(2013年7月21日已故)
受影響於清水慎三
橋川文三

簡介编辑

豬瀨直樹出生於長野縣飯山市,兩歲半時因父母工作調動而移往長野市居住。三歲半時父親就因狹心症而去世。大學畢業於信州大學人文學部經濟學科。大學在學時是新左翼學生運動的領導者,在革命的共產主義者同盟全國委員會麾下活動。1967年時,因羽田事件使得新左翼學生運動日益勃發,豬瀨也於1969年時擔任信州大學全共鬪的議長。爾後,封路占領大學,率領學生前往東京參與反美反以色列的10.21國際反戰日活動與阻止佐藤首相訪美鬥爭中,都有看到他的身影出現。

大學畢業後,前往東京並結婚。在辭掉出版社的工作之後,於1972年進入明治大學政治經濟學研究所,在政治學者橋川文三門下研究日本政治思想史。對於師事研究民族主義橋川文三之理由,據稱為停止參與學生運動後,感受到「為求溫飽的連續就是平凡無奇的每一天」,而「從求溫飽的每一天出發,我想我必須重新省事近代日本的民族主義思想」。

之後,豬瀨開始作家生涯。1987年以《ミカドの肖像》一書獲得大宅壯一非小說文學獎及日本主義學會特別獎。1996年以《日本國之研究》(日本国の研究)獲文藝春秋讀者獎。

2007年,豬瀨擔任東京都副知事。2012年10月31日,因石原慎太郎請辭知事獲准,豬瀨開始代理知事一職,並宣布參與知事補選。同年12月16日當選東京都知事,豬瀨獲得了東京都知事選舉的史上最高得票(433.9萬票)[1],為日本首位二戰後出生的東京都知事,亦是自青島幸男石原慎太郎後第三位作家出身的東京都知事。

2013年4月15日上午(美東時間),猪濑直树参观纽约地铁时表示:“东京的公共交通也将实施24小时运行。”[2]

2013年4月27日接受《纽约时报》访问时称:“伊斯兰教国家共通的只有真主阿拉,平时互相争吵,还有阶级区分。”又说:“如果土耳其人也想长寿,那么就应创造像我们日本这样的文化。即使年轻人众多,但如果年轻时就去世,那也没有意义。[3]”激起国际社会特别是伊斯兰教国家强烈批评[4]。而后,在5月4日访问土耳其首都安卡拉日本首相安倍晋三称:“假如伊斯坦布尔胜出的话,我们将热烈鼓掌高喊万岁。”[4]5月24日,猪濑向阿拉伯国家大使道歉称:“我对不恰当的发言表示歉意。”[5]

2013年6月15、16日东京都议会选举电话民调显示,猪濑的支持率为51%,不及当年的石原慎太郎[6]

2013年11月22日,猪濑承认在2012年东京都知事选举时接受医疗法人德洲会日语德洲会政治献金5千万日元[7]。而德洲会又因为涉嫌违反《公職選挙法日语公職選挙法》被東京地方检察廳特別搜查部在2013年9月强制搜查其设施[8]。又有报道称此笔政治献金在德洲会被调查后已经由猪濑的秘书返还[9]。2013年11月26日,猪濑直樹在出席记者招待会时表示这五千万是借款,并拿出一张A4纸,纸上写最上方着“借用证”三个汉字,下面写着金额五千万和猪濑直樹的签名[10]。又该说明遭到自民党公明党日本共产党的联合批判[11]。对于猪瀬借款的说法,东京都总务局局长中西充回答说这是违反了《職員服務紀律》[12]

在2013年12月5日的东京都议会会议中,猪瀬就政治献金遭到自民党、公明党、共产党、民主党的议员的质问。据《读卖新闻》报道,会议中甚至出现要求猪瀬下台的呼声[13]。12月19日,猪瀬舉行記者會,宣佈將辭去東京都知事一職[14],并依然表示医疗法人“德州会”5000万资金是“个人借款”[15]。又在豬瀨直樹辞去东京都知事一职后,他因为涉嫌违反《公職選举法》继续受到东京地方检察厅调查[16]

2014年3月25日,猪濑直树在面对东京地方检察厅特搜部问话的时候承认这五千万日元是作为政治选举资金使用,东京地方检察厅决定以违反《公职选举法》(收支报告书虚假记录)的罪名对猪濑提起简易公诉[17][18][19][20]

著作编辑

豬瀨直樹的著作主要是日語版,翻譯成中文版的數量極少,其中最著名的作品是描寫記者發掘新聞真相的故事《真相夜線》(ラストニュース),由漫畫家弘兼憲史畫成漫畫。

  • 『天皇の影法師』朝日新聞社(1983年)・新潮文庫、朝日文庫、中公文庫
  • 『昭和16年夏の敗戦 総力戦研究所"模擬内閣"の日米戦必敗の予測』世界文化社(1983年)・文春文庫(1986年)・中公文庫(2010年)
  • 『日本凡人伝』弓立社(1983年)・新潮文庫(1985年)
  • 『死者たちのロッキード事件文藝春秋(1983年)・文春文庫(1987年)
  • 『日本凡人伝-二度目の仕事』新潮社(1985年)・新潮文庫(1988年)
  • 『あさってのジョー』新潮社 1985 「二度目の仕事 日本凡人伝」文庫
  • 『ミカドの肖像』小学館(1986年)のちライブラリー、新潮文庫、小学館文庫
  • 『死を見つめる仕事』新潮社(1987年)・「死を見つめる仕事 日本凡人伝」文庫(1991年)
  • 『土地の神話』小学館(1988年)のちライブラリー、新潮文庫(1993年)
  • 『ノンフィクション宣言』インタビュー・編 文藝春秋(1988年)・文春文庫(1992年)
  • 『ニューズの冒険』文藝春秋(1989年)「ニュースの冒険」文庫(1993年)
  • 『東京レクイエム』河出書房新社(1989年)・河出文庫(1995年)
  • 『今をつかむ仕事」新潮社(1989年)「今をつかむ仕事 日本凡人伝」文庫(1993年)
  • 『東京、ながい夢』北島敬三写真 河出書房新社 1989 「東京レクイエム」文庫
  • 『ふるさとを創った男』日本放送出版協会 1990 『唱歌誕生』文春文庫(1994年)
  • 『欲望のメディア』小学館(1990年)・新潮文庫(1994年)
  • 『ミカドの国の記号論』小学館(1991年)・河出文庫(1996年)
  • 『ニュースの考古学』文芸春秋 1992
  • 『迷路の達人 猪瀬直樹エッセイ全集成』文芸春秋 1993 『僕の青春放浪』文庫(1998年)
  • 『禁忌の領域 ニュースの考古学2』文芸春秋 1993
  • 『黒船の世紀 ミカドの国の未来戦記』小学館(1993年)・文春文庫(1998年)、中公文庫
  • 『交通事故鑑定人S氏の事件簿』文芸春秋 1994
  • 『ニュースの考古学 3』文芸春秋 1994
  • 『ペルソナ-三島由紀夫伝』文藝春秋(1995年)・文春文庫(1999年)
  • 『ニッポンを読み解く!』小学館 1996
  • 『瀕死のジャーナリズム』文芸春秋 1996
  • 『日本国の研究』文藝春秋(1997年)・文春文庫(1999年)
  • 『マガジン青春譜』小学館(1998年)・文春文庫(1994年)(副題:川端康成大宅壮一
  • 『続・日本国の研究』文藝春秋(1999年)・文春文庫(2002年)
  • 『明日も夕焼け』朝日新聞社(2000年)
  • 『二十世紀-日本の戦争』文春新書(2000年)
  • 『ピカレスク-太宰治伝』小学館(2000年)・文春文庫(2007年)(2002年映画化(河村隆一主演))
  • 『小論文の書き方』文春新書(2001年)
  • 『ラストチャンス』光文社 2001
  • 日本の近代 猪瀬直樹著作集』全12巻(小学館)2001-02
    • 第1巻『構造改革とはなにか-新篇日本国の研究』
    • 第2巻『ペルソナ-三島由紀夫伝』
    • 第3巻『マガジン青春譜-川端康成と大宅壮一』
    • 第4巻『ピカレスク-太宰治伝』
    • 第5巻『ミカドの肖像』
    • 第6巻『土地の神話』
    • 第7巻『欲望のメディア』
    • 第8巻『日本人はなぜ戦争をしたか-昭和16年夏の敗戦』
    • 第9巻『唱歌誕生-ふるさとを創った男』
    • 第10巻『天皇の影法師』
    • 第11巻『日本凡人伝』
    • 第12巻『黒船の世紀』
  • 『日本システムの神話』2002 角川oneテーマ21
  • 『日本復活のシナリオ 論客20人の結論』PHP研究所 2002
  • 『道路の権力 道路公団民営化の攻防1000日』文藝春秋(2003年)・文春文庫(2006年)
  • 『決戦・郵政民営化』PHP研究所 2005
  • 『ゼロ成長の富国論』文藝春秋 2005 『二宮金次郎はなぜ薪を背負っているのか』文庫
  • こころの王国 菊池寛と文藝春秋の誕生』文藝春秋(2004年)・文春文庫(2008年)(2008年5月映画化(タイトルは『丘を越えて』西田敏行主演))
  • 『道路の決着』小学館(2006年)・文春文庫(2008年)
  • 『作家の誕生』朝日新書(2007年)
  • 『空気と戦争』文春新書(2007年)
  • 『日本の信義 知の巨星十人と語る』小学館(2008年)
  • 『国を変える力 ニッポン再生を探る10人の提言』ダイヤモンド社(2008年)
  • 『霞ヶ関「解体」戦争』草思社(2008年)のちちくま文庫
  • 『ジミーの誕生日-アメリカが天皇明仁に刻んだ「死の暗号」』文藝春秋(2009年)『東條英機 処刑の日』文庫
  • 『東京の副知事になってみたら』小学館101新書(2010年)
  • 『猪瀬直樹の仕事力』潮出版社(2011年)
  • 『地下鉄は誰のものか』中公新書(2011年)
  • 『突破する力』青春新書インテリジェンス(2011年)
  • 『言葉の力 「作家の視点」で国をつくる』中公新書ラクレ(2011年)
  • 『決断する力』PHPビジネス新書(2012年)
  • 『解決する力』PHPビジネス新書(2012年)

共編著编辑

  • 『ミカドと世紀末』(山口昌男との対論)平凡社(1987年)・新潮文庫、小学館文庫
  • 猪瀬直樹「戦う講座」(編著)ダイヤモンド社(2006年)
    • 『この国のゆくえ』
    • 『持続可能なニッポンへ』
  • 『東京からはじめよう 国の再生をめぐる9つの対論』編著 ダイヤモンド社(2007年)

演出编辑

  • 東京からはじめよう(MXテレビ 毎月第1土曜日 21:00-22:00)

過去的演出编辑

關聯圖書编辑

参考来源编辑

  1. ^ 東京都選挙管理委員会-平成24年-東京都知事選挙-開票結果 互联网档案馆存檔,存档日期2014-02-12.
  2. ^ 朝日新闻腾讯微博-4月18日-东京巴士将逐步实现24小时运营
  3. ^ 共同社-4月30日-东京都知事因涉伊斯坦布尔发言引发国际奥委会提醒
  4. ^ 4.0 4.1 中评社-2013年5月5日-东京知事歧视伊斯兰被要求辞职
  5. ^ 共同社-2013年5月24日-东京都知事向阿拉伯国家大使道歉
  6. ^ 东京共同社-2013年6月17日-都知事猪濑直树支持率51% 不及石原慎太郎当年
  7. ^ 朝日新闻-2013/11/22/-猪瀬知事、5千万円の受領認める 「徳田氏から応援」
  8. ^ 朝日新闻-2013/11/18-選挙違反、複数幹部が証拠隠蔽指示か 徳洲会、捜索直後
  9. ^ -朝日新闻-2013/11/22-徳洲会、猪瀬氏側に5千万円 都知事選前、捜査後に返却
  10. ^ 朝日新闻-2013年11月26日-猪瀬氏「間違いなく原本。僕が書いた」 5千万円借用証
  11. ^ 事时通信社-2013/11/29「不十分」「納得できない」=知事説明に批判相次ぐ-都議会各会派
  12. ^ 朝日新闻-2013年12月6日-猪瀬氏の借入金、服務違反に該当 都総務局長が答弁
  13. ^ 读卖新闻-2013年12月6日-猪瀬知事に「辞めろ」「信じられない」とヤジ[永久失效連結]
  14. ^ 猪瀬知事 まもなく会見で辞意表明
  15. ^ 日本共同社-2013/12/19/-详讯2:东京都知事因资金问题正式宣布辞职
  16. ^ 朝日新闻-2013/12/19-猪瀬知事辞職、残る5千万円の謎 特捜、告発受け捜査へ
  17. ^ 读卖新闻-2014/3/25-猪瀬氏、刑事責任追及へ…「選挙資金」と認める[永久失效連結]
  18. ^ 每日新闻-2014/3/25-徳洲会5000万円:猪瀬氏を立件へ 東京地検特捜部 互联网档案馆存檔,存档日期2014-03-25.
  19. ^ 日本经济新闻-2013/3/25-猪瀬氏「選挙目的」大筋認める意向 徳洲会5000万円
  20. ^ 中国新闻网-2014/3/25-因收受选举资金 东京地检将对猪濑提起简易公诉

外部連結编辑

前任:
石原慎太郎
東京都知事
2012年12月18日—2013年12月24日
舛添要一