鈴木俊一 (東京都知事)

東京都知事

鈴木俊一(1910年11月6日-2010年5月14日),日本政治人物内務官僚東京都名譽都民北京市榮譽市民[1]

鈴木俊一
東京都 第9-12任民選東京都知事
任期
1979年4月22日-1995年4月22日
前任美濃部亮吉
继任青島幸男
个人资料
出生(1910-11-06)1910年11月6日
 大日本帝國東京府北多摩郡中神村
(現昭島市
逝世2010年5月14日(2010歲-05-14)(99歲)
 日本東京都杉並区永福
政党無黨籍
配偶鈴木敦
儿女鈴木紘一(長子)
鈴木悠二(次子)
父母鈴木俊雄(父)
亲属中溝昌弘(外曾祖父)
中溝五郎(外祖父)
青木昌吉日语青木昌吉(外伯祖父)
石田馨日语石田馨(岳父)
母校東京帝國大學法學部政治學科
职业内務省地方自治廳公務員

生平编辑

1910年,東京府北多摩郡出生。畢業東京帝國大學法學部政治學科,1933年 加入內務省(地方局分配)。1938年,內務省地方局行政課事務官。進行選舉法修改。1945年,內務省地方局行政課長。1948年,總理廳內事局庶務課長。1949年,地方自治廳聯絡行政部長。1950年,地方自治次長(次官級)。1958年6月,第2次岸內閣內閣官房副長官。1959年,東京都副知事。1979年4月,東京都知事初次當選(以後4期連續)。

著書编辑

  • 『實例判例挿入地方自治法講義』(金丸三郎との共著(講述)) 1947年 東光出版社
  • 『新地方議会の運営 都道府県市町村議会』 1948年 時事通信社
  • 『地方自治制度』(公務員選書・第4) 1950年 学陽書房
  • 『新地方自治制度』(全訂版)(公務員選書・第4) 1961年 学陽書房
  • 『東京の明日を拓く 東京都知事鈴木俊一発言集』 1982年 ぎょうせい
  • 『世界都市東京を語る』 1986年 ぎょうせい ISBN 4-324-00603-2
  • 『多摩ルネサンスの提言 産・学・官・民交流による多摩ルネサンス・シンポジウム'86の記録』(多摩川流域テクノルネサンス研究協会/編・共著) 1987年 自治日報社 ISBN 4-915211-08-8
  • 『東京・21世紀への飛翔』 1990年 ぎょうせい ISBN 4-324-02478-2
  • 『地球時代の首都経営』 1994年 ぎょうせい ISBN 4-324-04311-6
  • 『回想・地方自治五十年』 1997年 ぎょうせい ISBN 4-324-05326-X
  • 『官を生きる 鈴木俊一回顧録』(政策研究院政策情報プロジェクト監修) 1999年 都市出版 ISBN 4-924831-88-3
  • 『国づくり ロングインタビュー』〔読売ぶっくれっとno.47 時代の証言者7) (下河辺淳/著・鈴木俊一/述) 2005年 読売新聞東京本社 ISBN 4-643-05020-9

ほか多数

參見编辑

注釋编辑

官衔
前任:
美濃部亮吉
  東京都知事
公選第9 - 12代:1979年 - 1995年
繼任:
青島幸男
其他職務
前任:
林敬三
日本善行会会長
第7代:1990年 - 2004年
繼任:
川村皓章
前任:
奥田良三
全国知事会会長
第6代:1980年 - 1995年
繼任:
長野士郎