開高健

開高健(開高健,かいこう たけし,1930年12月30日-1989年12月9日),日本作家,出生於日本大阪府

開高 健
(かいこう たけし)
出生1930年12月30日
 日本大阪府大阪市天王寺區
逝世1989年12月9日(1989歲-12-09)(58歲)
 日本神奈川縣茅崎市
職業小說家
語言日語
國籍 日本
教育程度学士法学
母校大阪市立大学法文学部
創作時期1957年 - 1989年
體裁小說随筆
代表作『パニック』(1957年)
『裸の王様』(1957年)
『輝ける闇』(1968年)
『玉、砕ける』(1978年)
獎項芥川龍之介獎(1958年)
毎日出版文化獎(1968年)
川端康成文学獎(1979年)
菊池寬獎(1981年)
日本文学大獎(1987年)
受影響於萊納·瑪利亞·里爾克
安東·帕夫洛維奇·契訶夫
尚-保羅·沙特
中島敦
梶井基次郎
井伏鱒二
舊約聖經
日語寫法
日語原文開高健
假名かいこう たけし
平文式罗马字Kaiko Takeshi

作品编辑

小説编辑

  • あかでみあ めらんこりあ(1951年)
  • パニック※(1957年)
  • 巨人と玩具※(1957年)
  • 裸の王様※(1957年 翌年、第三十八回芥川賞受賞)
  • 流亡記※(1959年)
  • 日本三文オペラ(1959年)
  • ロビンソンの末裔(1960年)
  • 片隅の迷路(1962年)
  • 青い月曜日(1965年)
  • 輝ける闇(1968年 毎日出版文化賞受賞)
  • 夏の闇(1972年)
  • 新しい天体(1974年)
  • ロマネ・コンティ・一九三五年※(1978年)
  • 玉、砕ける※(1978年 翌年、第六回川端康成文学賞受賞)
  • 歩く影たち(1979年)
  • 耳の物語(1986年 翌年、第十九回日本文学大賞受賞)
  • 珠玉※(1990年)
  • 花終る闇(1990年)

散文编辑

  • 日本人の遊び場(1963年)
  • ずばり東京(1964年)
  • ベトナム戦記(1965年)
  • 私の釣魚大全(1969年)
  • フィッシュ・オン(1971年)
  • オーパ!(1978年)
  • 最後の晩餐(1979年)
  • もっと遠く!(1981年)
  • もっと広く!(1981年)
  • オーパ、オーパ!(シリーズ。1983年より順次刊行)
  • 生物としての静物(1984年)

伝記编辑

  • 牧羊子編 『悠々として急げ 追悼開高健』(筑摩書房, 1991)
  • 谷沢永一『回想 開高健』(新潮社, 1992、PHP文庫, 1999)
「七つとしうえの女につかまり、しだいに事態の意味するところに気づき」「見る見る不機嫌となった」という、当時存命だった妻の牧羊子にとってショッキングな記述がある。
  • 向井敏『開高健 青春の闇』(文藝春秋, 1992、文春文庫, 1999)
  • 『総特集 開高健 夢ムック』(河出書房新社, 2010、増補新版2015)
  • 『大阪で生まれた開高健』(たる出版, 2011)。大阪での友人らによる人物エッセイ集
  • 細川布久子『わたしの開高健』(創美社, 2011)。担当編集者の回想
  • 坪松博之『壽屋コピーライター 開高健』(たる出版, 2014)。壮年期までの伝記
  • 小玉武 『開高健 生きた、書いた、ぶつかった!』(筑摩書房, 2017)
  • 北康利 『佐治敬三と開高健 最強のふたり』 (講談社, 2017)
  • 菊谷匡祐『開高健のいる風景』(集英社, 2002)
  • 菊谷匡祐『開高健が喰った』(実業之日本社, 2005)
  • 高橋昇写真『開高健の旅、神とともに行け』(集英社, 1990)
  • 高橋昇写真・文『男、が、いた。開高健』(小学館, 2004)
  • 高橋昇『旅人 開高健』(つり人社, 2005)
  • 高橋昇『開高健 夢駆ける草原』(つり人社, 2006)。続編
  • 谷口博之『開高健先生と、オーパ!旅の特別料理』(集英社, 1991、集英社文庫, 1995)
  • 菊池治男『開高健とオーパ!を歩く』(河出書房新社, 2012)
  • 滝田誠一郎『長靴を履いた開高健』(小学館ラピタ・ブックス, 2006、朝日文庫, 2010)
  • 仲間秀典『開高健の憂鬱』(文芸社, 2004)
  • 『コレクシオン 開高健』(潮出版社, 1982)。谷沢永一・向井敏・浦西和彦編。
  • 『近代文学書誌大系 開高健書誌』浦西和彦編(和泉書院, 1990)

參見條目编辑

外部連結编辑