阿久悠(日语:阿久 悠,1937年2月7日-2007年8月1日),本名:深田公之(日语:深田 公之),是日本的放送作家、诗人作词家小说家兵库县津名郡鮎原村(即现在的洲本市五色町鮎原)出身。曾经获得第2回横沟正史推理大奖、第45回菊池宽奖。并且曾经获得紫綬褒章旭日小綬章[1]

阿久悠
幕后
昵称 多夢星人
出生 深田公之
1937年2月7日
 日本兵庫縣津名郡(現洲本市
逝世 2007年8月1日(2007-08-01)(70歲)
 日本東京都港区
职业 作詞家
母校 明治大学文学部毕业
音乐类型 日本歌谣曲
活跃年代 1964年 - 2007年

人物编辑

  • 阿久悠这个笔名的来历是“惡友”这个词(因为在日语中发音相近),还有一个别名叫梦星人。
  • 长子是作曲家深田太郎。
  • 幼年时期经常跟着职业是巡查的父亲反复搬家。
  • 兵库县立洲本高等学校、明治大学文学部毕业。后来参加广告代理店、宣弘社的CM制作工作。现明治大学设有阿久悠纪念馆[2]
  • 昭和三十九年(1964年),他开始当放送作家。昭和四十一年(1966年),他退出宣弘社。然后开始当作词家,他的处女作是为当时的著名乐队The Spiders提供的Group Sounds《モンキーダンス》(是《フリフリ》这张专辑的B面)。他一生创作的歌词达到了5000多首,有演歌、偶像歌謠曲民间音乐漫畫动画歌曲CM歌曲等。他的小说作品《瀨戶內少年野球团》是直木三十五奖的候补作品。昭和五十七年(1982年),小说《殺人狂時代ユリエ》获得第2回横沟正史推理大奖。他的短篇小说《恋文》、长篇小说《電台》(ラヂオ)曾经广播剧化,《電台》这部作品曾经获得银河奖的广播部门优秀奖。平成九年(1997年),获得菊池宽奖。平成十一年(1999年),获得紫綬褒章。平成十二年(2000年)10月,小说集《詩小説》获得岛清恋爱文学奖。
  • 平成十三年(2001年)時驗出患有肾癌。同年9月12日,做了切除手术。平成十九年(2007年)8月1日5时29分,因为尿道癌在东京都港区西新桥東京慈恵会医科大学附属医院去世,享年70岁,法号天翔院词圣悠久居士。最後一次出席活動是3月時參加石川小百合的「出道35週年 感謝之宴」(デビュー35周年 感謝の宴)上。生前最后的演出是7月28日深夜於NHK综合频道播出的《通〜歌謠曲〜》节目的解说。同年的8月3日(也就是他去世的两天后),NHK综合频道为他播出了追悼节目《謝謝阿久悠~日本第一名曲Hit Maker〜》(ありがとう阿久悠さん〜日本一のヒットメーカーが生んだ名曲たち〜)。9月7日,閣議日语閣議决定追赠他旭日小綬章。并且他在死后获得了第49回日本唱片大賞的「特别功劳奖」、「金箭獎」艺能功劳奖。
  • 截止2013年2月28日,他作词的音乐作品累计销售量为6831.9万,仅次于秋元康,居全国第二[3]

纪念专辑编辑

  • VELFARRE J-POP NIGHT presents DANCE with YOU (1997年、爱贝克思制作)
  • 歌鬼 (Ga-Ki) 〜阿久悠トリビュート〜 (2008年7月30日、NAYUTAWAVE RECORDS/ユニバーサルミュージックより発売)
  • COVER YOU (2008年11月25日、UP-FRONT WORKS制作、五木广志監修によるモーニング娘。のアルバム)
  • 歌鬼2 〜阿久悠 vs.フォーク〜 (2009年2月4日、NAYUTAWAVE RECORDS/ユニバーサルミュージックより発売)
  • Bad Friends(2009年12月16日、ポニーキャニオンより発売)

著書编辑

  • 『作詞入門 阿久式ヒット・ソングの技法』サンポウブックス 1972 のち岩波現代文庫 
  • 『36歳・青年時にはざんげの値打ちもある』講談社 1973
  • 『ヒット 阿久悠の実戦的作詞講座』スポーツニッポン新聞社出版局 1975-77
  • 『阿久悠の魚眼思考』自由ブックス社 1978
  • 『ゴリラの首の懸賞金』スポニチ出版 1978(小説)のち角川文庫
  • 『阿久悠の仕事の知恵 まず魚眼思考で展望を開け』自由国民社 1979
  • 瀬戸内少年野球団文藝春秋 1979年 のち文庫、岩波現代文庫  
  • 『流行歌にみる大衆の心理』現代研究会 現代セミナー 1979
  • 『未完青書 生きることがファンタジー』集英社 明星デュエット・ブックス 1979
  • 『家族の神話』講談社 1981 のち文庫
  • 『紅顔期』文芸春秋 1981 「続瀬戸内少年野球団」文庫
  • 『未完青書 愛をみつけるために』集英社文庫 コバルトシリーズ 1981
  • 『家族の晩餐』講談社 1982 のち文庫 
  • 『殺人狂時代ユリエ』カドカワノベルズ 1982 のち文庫
  • 『時にはざんげの値打ちもある』角川文庫 1982
  • 『阿久悠自選詞集』グラフ社 1983『阿久悠とすばらしき仲間たち』福武書店 1983
  • 『鳥獣戯歌』角川書店 1983
  • 『甲子園の詩』part 1-3 福武書店 1984-86
    • 『甲子園の詩 敗れざる君たちへ 完全版』幻戯書房 2013
  • 『最後の楽園 長編小説』光文社 1984 「最後の楽園 瀬戸内少年野球団・青春編」文庫 
  • 『なに?お巡りさんが・・・ スラップスティック・スーパーマン』角川書店 1984
  • 『イブの黙示録』角川文庫 1985
  • 『くたばれテレビジョン』角川書店 1985
  • 『人生は第二志望で成功する 阿久悠の夢宙塾』徳間ブックス 1985
  • 『ちりめんじゃこの詩』文春文庫 1986
  • 『男の純情集団 長編小説』光文社 1987
  • 『あッ識捻転』マガジンハウス 鳩よ!の本 1988
  • 『喝采』文芸春秋 1988 のち文庫 
  • 『キングの火遊び ベビーシッター・ダンディ・ブルース』カドカワノベルズ 1988
  • 『どうせこの世は猫またぎ Odd eye essay』長尾みのる毎日新聞社 1988
  • 『墨ぬり少年オペラ』文芸春秋 1989 のち文庫 
  • 『ぼくといとこの甘い生活』集英社 1989
  • 『おかしなおかしな大誘拐』集英社文庫 1990
  • 『飢餓旅行』講談社 1990 のち文庫 
  • 『グッドバイ BN童子の青春』集英社 1990
  • 『阿久悠歌は時代を語りつづけた 写真詩集』土田ヒロミ撮影 日本放送出版協会 1992
  • 『家族元年』文芸春秋 1992
  • 『夏の終りに』講談社 1992
  • 『無名時代』集英社 1992 のち集英社文庫 
  • 『夢を食った男たち』毎日新聞社 1993
  • 『絹婚式』文化出版局 1994 のち河出文庫 
  • 『あこがれ』河出書房新社 1995 のち文庫 
  • 『恋歌ふたたび』講談社 1995
  • 『銀幕座二階最前列』講談社 1996
  • 『ちょっとお先に』河出書房新社 1996
  • 『ベースボール・パラダイス』河出書房新社 1996
  • 『夢を食った男たち -「スター誕生」と黄金の70年代』小池書院 1997年 のち文春文庫 
  • 『書き下ろし歌謡曲』岩波新書 1997年
  • 『恋文』文化出版局、1997年 のち河出文庫 
  • 『球心蔵』河出書房新社 1997年 のち文庫 
  • 『第3の家族 テレビ、このやっかいな同居人』KSS出版 1998 のち朝日文庫 
  • 愛すべき名歌たち 私的歌謡曲史』岩波新書 1999年
  • 『詩小説』中央公論新社 2000年 のち文庫
  • 『文楽(ぶんがく)〜歌謡曲春夏秋冬』河出書房新社 2000年、のち『歌謡曲春夏秋冬 音楽と文楽』文庫 
  • 『ラヂオ』日本放送出版協会 2000年
  • 『転がる石』文藝春秋 2001
  • 『もどりの春』中央公論新社 2001
  • 『花謡曲 写真集』大出一博写真 毎日新聞社 2002
  • 「ガラスの小びん」光村図書 2002年)- 教科書の為の書き下ろし。内容が本書「光村ライブラリー 第15巻」収録の一作品として再録され、一般にも確認できる
  • 『昭和おもちゃ箱』産経新聞ニュースサービス 2003 のち光文社知恵の森文庫 
  • 『ただ時の過ぎゆかぬように 僕のニュース詩』岩波書店 2003
  • 『なぜか売れなかったが愛しい歌』河出書房新社 2003 「なぜか売れなかったぼくの愛しい歌」文庫 
  • 『日記力『日記』を書く生活のすすめ』講談社+α新書 2003
  • 『生きっぱなしの記』日本経済新聞社 2004年 のち文庫 
  • 『犬猫太平記』河出書房新社 2004
  • 『歌謡曲の時代 歌もよう人もよう』新潮社 2004年 のち文庫 
  • 『ヒットメーカー ロングインタビュー』読売ぶっくれっと 2005
  • 『「企み」の仕事術』ロングセラーズ 2006 のち新書 
  • 『清らかな厭世-言葉を失くした日本人へ』新潮社 2007
  • 『阿久悠命の詩 『月刊you』とその時代』講談社 2007
  • 『華 君の唇に色あせぬ言葉を』大出一博写真 産経新聞出版 2008
  • 『凛とした女の子におなりなさい 日本人らしいひと』暮しの手帖社 2008
  • 『無冠の父』岩波書店 2011
  • 『昭和と歌謡曲と日本人』 河出書房新社 2017。新書判

共著编辑

評伝编辑

  • 『阿久悠のいた時代 戦後歌謡曲史』柏書房 2007。篠田正浩齋藤慎爾責任編集
  • 高沢秀次『ヒットメーカーの寿命 阿久悠に見る可能性と限界』東洋経済新報社 2009
  • 重松清『星をつくった男 阿久悠と、その時代』講談社 2009、講談社文庫 2012
  • 三田完『不機嫌な作詞家 阿久悠日記を読む』文藝春秋 2016
  • 吉田悦志『阿久悠 詞と人生』明治大学出版会〈明治大学リバティブックス〉 2017
  • 『文藝別冊 阿久悠』河出書房新社〈夢ムック〉 2017

出演的电视节目编辑

饰演他的演员编辑

  • 西村雅彦 - 2008年6月20日放送のフジテレビ系「金曜プレステージ 和田アキ子芸能生活40周年記念企画・和田アキ子物語」。
  • 田边誠一 - 2008年放送の日本テレビ系「日本テレビ開局55周年記念番組・ヒットメーカー 阿久悠物語」。
  • 龜梨和也 - 2017年放送の日本テレビ系《24小時電視 愛心救地球》・「時代をつくった男 阿久悠物語」。

关联条目编辑

參考資料编辑

外部連結编辑