SB創意

软银集团旗下的公司

SB創意株式會社(日语:SBクリエイティブ株式会社エスビーくりえいてぃぶかぶしきがいしゃ Esubī kurieitibu kabushiki gaisha *,英語:SB Creative Corp.),是以數字內容產業出版業作為主要業務日本株式会社,為軟銀株式會社旗下的SB媒體控股株式會社日语SBメディアホールディングス株式會社100%持股子公司[3]。它的出版業務涵蓋一般書籍商業書籍、電腦資訊科技相關的書籍、輕小說漫畫電子書[4][5],同時也正在運營商業和資訊科技的新聞網站[6],以及銷售供便利商店超市等店家使用的數位標牌[7]

SB創意株式會社
SB Creative Corp.
原文名称SBクリエイティブ株式会社
曾用名軟銀創意株式會社(ソフトバンク クリエイティブ株式会社
軟銀媒體與行銷株式會社(ソフトバンク・メディア・アンド・マーケティング株式会社
軟銀出版株式會社(ソフトバンク パブリッシング株式会社
公司類型子公司
法人番號3010401041317
公司前身「軟銀株式會社」(ソフトバンク株式会社,現為軟銀集團株式會社)的出版部門
成立1999年3月24日,​23年前​(1999-03-24
代表人物代表董事 土橋康成
執行董事 小川淳、坂本博之
董事 下山達也
法定審計師英语Statutory auditor 井垣正幸
總部 日本
106-0032
東京都港區六本木2丁目4番5號
六本木D廣場(六本木Dスクエア
35°39′57.6″N 139°44′12.7″E / 35.666000°N 139.736861°E / 35.666000; 139.736861
標語口號Information Revolution Happiness for everyone
Change the world with excitement
情報革命で人々を幸せに
感動で世界を変える
業務範圍 日本
产业數位內容出版、銷售支援、企劃製作
產品一般書籍、商業書籍、電腦資訊科技相關書籍、輕小說漫畫電子書數位標牌
净利润 7億1619萬1000日元(截至2022年3月31日 (2022-03-31)[1]
資產 148億5924萬5000日元(截至2022年3月31日 (2022-03-31)[1]
所有權者SB媒體控股株式會社
員工人數246[2](截至2022年7月3日 (2022-07-03)
結算期3月31日
主要股東SB媒體控股株式會社日语SBメディアホールディングス株式会社 100%
母公司SB媒體控股株式會社
主要子公司Tugikuru株式會社(ツギクル株式会社
网站www.softbankcr.co.jp 編輯維基數據鏈接

「SB創意株式會社」的前身是「軟銀株式會社」(ソフトバンク株式会社,現為軟銀集團株式會社)的出版部門[8]。1999年3月,「軟銀株式會社」分拆出版部門至新成立的100%持股子公司「軟銀出版株式會社」(ソフトバンク パブリッシング株式会社[9]。2000年4月1日,「軟銀出版株式會社」改名為「軟銀媒體與行銷株式會社」(ソフトバンク・メディア・アンド・マーケティング株式会社)並轉為控股公司,同時分拆出版業務至新成立的100%持股子公司「軟銀出版株式會社」[9][10]。2005年10月1日,「軟銀媒體與行銷株式會社」、「軟銀出版株式會社」和「SBMM創意株式會社」(SBMMクリエイティブ株式会社合併,並且改名為「軟銀創意株式會社」(ソフトバンク クリエイティブ株式会社[9][11][12]。2013年10月1日,「軟銀創意株式會社」改名為「SB創意株式會社」(SBクリエイティブ株式会社[9][13]

SB創意株式會社的主要業務是數字內容產業和出版業。
隨著技術的發展,多樣化的內容傳播方式,巨大的變化會持續產生。
內容及其展示方法也將進化。
創造新的可能性和機會。
我們的目標是成為一家能夠在應對變化的同時繼續為人們帶來感動的公司。

——土橋康成,2013年10月,SB創意網站[14]

公司沿革编辑

創始時期编辑

1981年9月,孫正義成立電腦軟體銷售公司「株式會社日本軟銀」(株式会社日本ソフトバンク,現為軟銀集團株式會社[8]。1982年5月,「株式會社日本軟銀」成立出版部門,《Oh!MZ》(改名為Oh!X日语Oh!X)和《Oh!PC日语Oh!PC》也於同月創刊,是當時在日本為數不多以電腦作為主題的雜誌[8]。1990年7月,「株式會社日本軟銀」改名為「軟銀株式會社」(ソフトバンク株式会社[8]。1999年3月,「軟銀株式會社」分拆出版部門至新成立的100%持股子公司「軟銀出版株式會社」(ソフトバンク パブリッシング株式会社[9]。1999年12月,「軟銀出版株式會社」成立子公司「軟銀ZDNet株式會社」(ソフトバンク・ジーディーネット株式会社,現為ITmedia株式會社日语アイティメディア株式会社),主要業務為運營資訊科技新聞網站「ZDNet Japan」(現為「ITmedia」)[9]。2000年3月,「軟銀出版株式會社」、「LaunchMedia有限公司」、Yahoo Japan株式會社株式會社東京放送合資成立「Launch Japan株式會社」(ロンチ・ジャパン株式会社),主要業務為運營音樂新聞網站「Launch Japan」(現為BARKS日语BARKS[15]。同年4月1日,「軟銀出版株式會社」改名為「軟銀媒體與行銷株式會社」(ソフトバンク・メディア・アンド・マーケティング株式会社)並轉為控股公司,同時分拆出版業務至新成立的100%持股子公司「軟銀出版株式會社」[9][10]

軟銀媒體與行銷编辑

2000年5月,「軟銀媒體與行銷株式會社」的總公司移至赤坂[9]。同年7月,「軟銀媒體與行銷株式會社」與「WebMD公司」(現為WebMD Health公司英语WebMD)合資成立「WebMD株式會社」(ウェブエムディ株式会社),主要業務為提供醫療新聞[16]。「軟銀媒體與行銷株式會社」與Rivals.com公司也於同月合資成立「Rivals株式会社」(ライバルズ株式会社),主要業務為運營運動新聞網站[17]。同年10月,「軟銀媒體與行銷株式會社」與「株式會社ORVIS」(株式会社オービス)合資成立「株式會社嘉嘉娛樂」(株式会社ジャジャ・エンタテイメント),主要業務為運營會員賽馬新聞網站[18]。2004年3月,「軟銀媒體與行銷株式會社」吸收合併「株式會社Compass」(株式会社コンパス)、「Rivals株式會社」和株式會社BARKS日语株式会社バークス[19]。2005年8月,「軟銀媒體與行銷株式會社」透過股權轉讓成立控股公司「軟銀媒體行銷控股株式會社」(ソフトバンクバンク メディアマーケティング ホールディングス株式会社,現為SB媒體控股株式會社日语SBメディアホールディングス株式会社[9]。同年10月1日,「軟銀媒體與行銷株式會社」、「軟銀出版株式會社」和「SBMM創意株式會社」(SBMMクリエイティブ株式会社合併,並且改名為「軟銀創意株式會社」(ソフトバンク クリエイティブ株式会社[9][11][12]

軟銀創意编辑

2006年1月,「軟銀媒體行銷控股株式會社」與「SBMM控股株式會社」(SBMMホールディングス株式会社)合併[9][20]。「軟銀創意株式會社」也於同月開始發行輕小說文庫系列《GA文庫[21]。同年3月,「軟銀創意株式會社」開始發行一般新書日语新書系列《軟銀新書》(ソフトバンク新書,現為SB新書日语SB新書[22]。同年10月,「軟銀創意株式會社」開始發行科學新書系列《科學i新書日语サイエンス・アイ新書[23]。2008年4月,「軟銀創意株式會社」與「株式會社禾林」(株式会社ハーレクイン),現為「株式會社哈潑柯林斯日本」(株式会社ハーパーコリンズ・ジャパン))開始共同發行網路漫畫《禾林漫畫》(ハーレクインコミックス[9][24][25]。2009年8月20日,「軟銀創意株式會社」開始在韓國發行《禾林漫畫》[9][26]。2010年3月31日,「軟銀創意株式會社」取得2010年國際足總世界盃日本國內手機的獨家轉播[9][27]。同年8月,「軟銀創意株式會社」、「Finger Touch公司」和「Tubecomm公司」就日本和和韓國的數位標牌業務達成基本共識[9][28]。2011年6月,「軟銀創意株式會社」與歐力士株式會社成為數位標牌業務上的戰略合作夥伴[9][29]。同月27日,「軟銀創意株式會社」的總公司移至六本木[9][30]。2012年3月,隨着《Gemaga日语ゲーマガ》停止發行,「軟銀創意株式會社」正式退出雜誌出版行業[31][32]。2013年10月1日,「軟銀創意株式會社」改名為「SB創意株式會社」(SBクリエイティブ株式会社[9][13]

SB創意编辑

2014年1月,「SB創意株式會社」與「英特爾株式會社」(インテル株式会社)合作開發數位標牌貨架「智能貨架」(インテリジェント・シェルフ[33][34]。2016年4月,「SB創意株式會社」成立子公司「Tugikuru株式會社」(ツギクル株式会社[35][36]。2017年2月,「SB創意株式會社」與鹿兒島縣錦江町簽定協議,共同研究當地的環境改善的方法以促進衛星工作室日语サテライトオフィス的使用[37][38]。2020年11月,「SB創意株式會社」推出以降低嚴重特殊傳染性肺炎感染風險為目標的數位標牌「密集回避標牌」(密回避サイネージ)和「非接觸式顯示標牌」(タッチレス コミュニケーション サイネージ), 「密集回避標牌」的功能是可以在感測器偵測到人與人之間的距離過近時顯示警告並且可以提供特定位置的停留人數和停留時長的資料[39][40],「非接觸式顯示標牌」的功能是可以使用人工智慧來偵測顧客的手部動作並顯示不同的內容[41][42]。2022年1月,「軟銀創意株式會社」開始發行《GA漫畫》(GAコミック[43],是自《GA文庫雜誌》(GA文庫マガジン)於6年前停刊以來首次涉足漫畫行業[44]

出版書籍编辑

正在發行编辑

小說编辑

新書编辑

漫畫编辑

  • GA漫畫(GAコミック

曾經發行编辑

雜誌编辑

漫畫编辑

網站编辑

正在運營编辑

  • AQUTNET研究(AQUTNETリサーチ[45]
  • 商業+IT(ビジネス+IT[46]
  • SBCrOnline
  • FinTech Journal[47][48]

曾經運營编辑

參考文獻编辑

  1. ^ 1.0 1.1 SBクリエイティブ株式会社 第24期決算公告. 官報決算データベース. Company Activities Total Research Institute. 2022-07-07 [2022-08-20] (日语). 
  2. ^ SBクリエイティブ株式会社. リクナビNEXT. 株式会社リクルート. [2022-07-24]. (原始内容存档于2018-06-27) (日语). 
  3. ^ Corporate Data 会社概要. SB Creative. SBクリエイティブ株式会社. [2022-07-17]. (原始内容存档于2022-07-17) (日语). 
  4. ^ 出版. SB Creative. SBクリエイティブ株式会社. [2022-07-17]. (原始内容存档于2022-07-17) (日语). 
  5. ^ ハーレクインコミックス. SB Creative. SBクリエイティブ株式会社. [2022-08-24] (日语). 
  6. ^ ビジネス+IT. SB Creative. SBクリエイティブ株式会社. [2022-07-17]. (原始内容存档于2022-07-17) (日语). 
  7. ^ デジタルサイネージ. SB Creative. SBクリエイティブ株式会社. [2022-07-17]. (原始内容存档于2021-08-03) (日语). 
  8. ^ 8.0 8.1 8.2 8.3 ソフトバンクグループの歩み. SoftBank Group. ソフトバンクグループ株式会社. [2022-07-17]. (原始内容存档于2022-07-17) (日语). 
  9. ^ 9.00 9.01 9.02 9.03 9.04 9.05 9.06 9.07 9.08 9.09 9.10 9.11 9.12 9.13 9.14 9.15 9.16 9.17 Corporate History 沿革. SB Creative. SBクリエイティブ株式会社. [2022-07-17]. (原始内容存档于2022-07-20) (日语). 
  10. ^ 10.0 10.1 事業分野ごとの中間持株会社の設置について. SoftBank Group. ソフトバンクグループ株式会社. 2000-03-31 [2022-07-27]. (原始内容存档于2022-07-27) (日语). 
  11. ^ 11.0 11.1 ソフトバンク出版系新社名は「ソフトバンク クリエイティブ」に. ITmediaNEWS. アイティメディア株式会社. 2005-08-15 [2022-07-14]. (原始内容存档于2022-07-14) (日语). 
  12. ^ 12.0 12.1 ソフトバンク メディア・マーケティング事業会社3社合併新社名発表 「 ソフトバンク クリエイティブ 」感動を伝える - IT's Creative -. BARKS. ソフトバンク・メディア・アンド・マーケティング株式会社. 2005-08-15 [2022-07-27]. (原始内容存档于2006-04-26) (日语). 
  13. ^ 13.0 13.1 社名変更に関するお知らせ. SB Creative. SBクリエイティブ株式会社. 2013-08-26 [2022-07-20]. (原始内容存档于2022-07-20) (日语). 
  14. ^ 経営理念. SB Creative. SBクリエイティブ株式会社. [2022-07-17] (日语). 
  15. ^ 15.0 15.1 音楽情報サイト「Launch.com」が日本でサービス開始. Internet Watch. 株式会社インプレス. 2000-03-16 [2022-07-11]. (原始内容存档于2022-04-10) (日语). 
  16. ^ ソネット・エムスリー、ウェブエムディの事業を統合. ASCII. 株式会社角川アスキー総合研究所. 2001-12-05 [2022-07-11]. (原始内容存档于2022-07-14) (日语). 
  17. ^ ソフトバンク子会社、米Rivals.comとスポーツ情報サイトの合弁会社. Internet Watch. 株式会社インプレス. 2000-07-21 [2022-07-11]. (原始内容存档于2022-04-10) (日语). 
  18. ^ 18.0 18.1 ソフトバンクら、エンターテイメントコンテンツの新会社設立. Internet Watch. 株式会社インプレス. 2000-10-18 [2022-07-11]. (原始内容存档于2022-07-13) (日语). 
  19. ^ 株式会社バークス、ソフトバンク・メディア・アンド・マーケティング株式会社と合併. BARKS. ソフトバンク・メディア・アンド・マーケティング株式会社. 2004-03-01 [2022-07-19]. (原始内容存档于2004-12-18) (日语). 
  20. ^ Corporate History沿革. SB Media Holdings. SBメディアホールディングス株式会社. [2022-07-17]. (原始内容存档于2022-07-17) (日语). 
  21. ^ 編集長K村. 初めましてのご挨拶. GA文庫. SBクリエイティブ株式会社. 2009-09-30 [2022-07-20]. (原始内容存档于2021-01-18) (日语). 
  22. ^ 「ソフトバンク新書」創刊!. SB Creative. SBクリエイティブ株式会社. 2010-12-22 [2022-07-20]. (原始内容存档于2021-08-03) (日语). 
  23. ^ ソフトバンク クリエイティブ、科学新書「サイエンス・アイ」電子版の配信開始. ITmedia NEWS. アイティメディア株式会社. 2006-03-16 [2022-07-20]. (原始内容存档于2022-07-20) (日语). 
  24. ^ ハーレクインコミックス. SB Creative. SBクリエイティブ株式会社. [2022-07-20]. (原始内容存档于2022-07-20) (日语). 
  25. ^ ソフトバンク クリエイティブとハーレクイン、共同で電子コミックを配信. SB Creative. SBクリエイティブ株式会社. 2008-03-17 [2022-07-20]. (原始内容存档于2022-07-20) (日语). 
  26. ^ 韓国でハーレクインコミックスの電子配信を開始. SB Creative. SBクリエイティブ株式会社. 2009-08-20 [2022-07-20]. (原始内容存档于2022-07-20) (日语). 
  27. ^ 「2010 FIFA ワールドカップ 南アフリカ」の携帯電話向け動画の独占配信権を取得. SB Creative. SBクリエイティブ株式会社. 2010-05-28 [2022-07-20]. (原始内容存档于2022-07-20) (日语). 
  28. ^ 日本と韓国のデジタルサイネージ事業に関する韓国2社との基本合意について. SB Creative. SBクリエイティブ株式会社. 2010-08-02 [2022-07-20]. (原始内容存档于2022-07-20) (日语). 
  29. ^ ソフトバンク クリエイティブとオリックスがデジタルサイネージ事業の戦略的パートナーとして業務提携. SB Creative. SBクリエイティブ株式会社. 2011-06-22 [2022-07-20]. (原始内容存档于2022-07-20) (日语). 
  30. ^ 本社移転のお知らせ. SB Creative. SBクリエイティブ株式会社. 2011-06-15 [2022-07-20]. (原始内容存档于2022-07-20) (日语). 
  31. ^ 『ゲーマガ』休刊のお知らせとゲーマガブログにつきまして. ゲーマガ Blog. ソフトバンク クリエイティブ株式会社. 2012-03-30 [2022-07-20]. (原始内容存档于2012-04-04) (日语). 
  32. ^ ゲーマガ、休刊へ. ITmedia NEWS. アイティメディア株式会社. 2012-01-18 [2022-07-20]. (原始内容存档于2022-07-20) (日语). 
  33. ^ 小売店向け「インテリジェント・シェルフ」サービスの提供に向けて、インテルと協力~第一弾として書店向けの「インテリジェント・ブックシェルフ」を開発~. SB Creative. SBクリエイティブ株式会社. 2014-10 [2022-07-20]. (原始内容存档于2022-07-26) (日语). 
  34. ^ 小売店の魅力をさらに高める 次世代デジタルサイネージ 「インテリジェント・シェルフ」 (PDF). インテル株式会社. 2014-01-21 [2022-07-20]. (原始内容存档 (PDF)于2022-07-26) (日语). 
  35. ^ 企業情報. ツギクル. ツギクル株式会社. [2022-07-23]. (原始内容存档于2022-07-26) (日语). 
  36. ^ ツギクル株式会社. 全國法人リスト. 全国法人リスト. [2022-07-23]. (原始内容存档于2022-07-26) (日语). 
  37. ^ 鹿児島県錦江(きんこう)町とSBクリエイティブサテライトオフィス利用促進のための環境整備に関する共同研究を開始~サテライトオフィス誘致のための実証実験に関する事業契約を締結~. SB Creative. SBクリエイティブ株式会社. 2017-02-06 [2022-07-23]. (原始内容存档于2022-07-26) (日语). 
  38. ^ SBクリエイティブ、鹿児島県錦江町とサテライトオフィス利用促進のための環境整備で共同研究を開始. 日本經濟新聞. 株式会社日本経済新聞社. 2017-02-06 [2022-07-23]. (原始内容存档于2022-07-26) (日语). 
  39. ^ 新型コロナウイルスの感染リスクの低減を目的とした新サービス「密回避サイネージ」を提供開始. SB Creative digital signage. SBクリエイティブ株式会社. 2020-11-24 [2022-07-15]. (原始内容存档于2022-07-15) (日语). 
  40. ^ 「密回避サイネージ」とは. SB Creative digital signage. SBクリエイティブ株式会社. [2022-07-23]. (原始内容存档于2022-07-27) (日语). 
  41. ^ AIを活用して非接触でデジタルサイネージのコンテンツを切り替えることができる新サービス「タッチレス コミュニケーション サイネージ」を提供開始. SB Creative. SBクリエイティブ株式会社. 2020-11-25 [2022-07-15]. (原始内容存档于2021-08-03) (日语). 
  42. ^ SBクリエイティブ、「タッチレス コミュニケーション サイネージ」を提供開始. 日本經濟新聞. 株式会社日本経済新聞社. 2020-11-25 [2022-07-23]. (原始内容存档于2022-07-29) (日语). 
  43. ^ 新レーベル「GAコミック」創刊!ライトノベルの人気作をコミカライズして配信開始~第1弾はアニメ化した大人気作『魔女の旅々』の公式スピンオフを含む2作品をリリース. SB Creative. SBクリエイティブ株式会社. 2020-01-14 [2022-07-23]. (原始内容存档于2022-07-06) (日语). 
  44. ^ 「ひとつぶラノベ」ブログ出張版!最終回. GA文庫. SBクリエイティブ株式会社. 2015-12-24 [2022-07-23]. (原始内容存档于2022-07-28) (日语). 
  45. ^ AQUTNETリサーチ. AQUTNETリサーチ. SBクリエイティブ株式会社. [2022-09-06] (日语). 
  46. ^ さまざまな業界を取材した「ビジネス+IT」の編集長が読み解く、デジタル化による世の中の変化. ソフトバンクニュース SoftBank News. ソフトバンク株式会社. 2021-06-10 [2022-09-01] (日语). 
  47. ^ 金融の未来を見通す新メディア「FinTech Journal」を創刊~業界を代表する有識者15人に創刊記念インタビューを実施~. SB Creative. SBクリエイティブ株式会社. 2019-08-07 [2022-08-07]. (原始内容存档于2021-06-23) (日语). 
  48. ^ SBクリエイティブ、金融のWebメディア「FinTech Journal」を創刊. 日本經濟新聞. 株式會社日本経済新聞社. 2019-08-07 [2022-08-07]. (原始内容存档于2022-08-07) (日语). 
  49. ^ 音楽サイト「ロンチ・ジャパン」、「BARKS」としてリニューアル. Internet Watch. 株式会社インプレス. 2001-05-14 [2022-07-25]. (原始内容存档于2022-07-27) (日语). 
  50. ^ 日本初!各専門雑誌のフォトコンテストと連携する次世代型フォト共有サービス 「クリエイティブピープル フォト」βサービス開始のお知らせ. SB Creative. SBクリエイティブ株式会社. 2007-08-20 [2022-09-02] (日语). 
  51. ^ 若林健太. ソフトバンク クリエイティブ、写真雑誌と連携した写真共有サービスのβ版を開始. ASCII. 株式會社角川アスキー総合研究所. 2007-08-20 [2022-09-02] (日语). 
  52. ^ パソコン関連製品の常設仮想展示会サイト「COM−PATH™」をサービス開始. SoftBank Group. ソフトバンクグループ株式会社. 1997-06-03 [2022-08-04]. (原始内容存档于2020-12-03) (日语). 
  53. ^ 電子ブック図書館「Flib」のサービス開始 ~音楽や動画なども表現できる電子ブック「FlipBook」形式のコンテンツの普及促進へ~. SB Creative. SBクリエイティブ株式会社. 2007-01-19 [2022-09-01] (日语). 
  54. ^ イーブック・システムズ株式会社 FlipBook ダウンロード販売サービスの開始. SB Creative. SBクリエイティブ株式会社. 2007-07-25 [2022-09-01] (日语). 
  55. ^ GA Graphic. GA文庫 Publishing. ソフトバンク パブリッシング株式会社. [2022-09-03]. (原始内容存档于2012-06-24) (日语). 
  56. ^ GA Graphic. Twitter. Twitter, Inc. 2012-08-27 [2022-09-03] (日语). 
  57. ^ SBCrショップをご利用くださっているみなさまへ. SBCr SHOP. ソフトバンク クリエイティブ株式会社. [2022-09-01]. (原始内容存档于2012-07-19) (日语). 
  58. ^ SBPストア. SOFTBANK Publishing. ソフトバンク パブリッシング株式会社. 2007-01-19 [2022-09-01]. (原始内容存档于2005-08-29) (日语). 
  59. ^ 12月7日、スポ二チプラスがサッカーサイトに!!. SponichiPlus+. 株式会社スポーツニッポン新聞社、ソフトバンク クリエイティブ株式会社. 2005-12 [2022-08-14]. (原始内容存档于2006-08-27) (日语). 
  60. ^ スポーツニッポンとSBMM、有料サイト「スポニチプラス」オープン. Internet Watch. 株式会社インプレス. 2003-04-02 [2022-08-14] (日语). 
  61. ^ 大久保有規彦. パソコンで絵本を配信する「おはなし絵本クラブ」が正式サービスを開始. BB Watch. 株式会社インプレス. 2004-06-30 [2022-09-01] (日语). 
  62. ^ 大久保有規彦. BIGLOBE、パソコンで絵本を読める「おはなし絵本クラブ」. BB Watch. 株式会社インプレス. 2004-06-30 [2022-09-01] (日语). 
  63. ^ 甲斐祐樹. パソコンで朗読付き絵本を配信する「おはなし絵本クラブ」. BB Watch. 株式会社インプレス. 2004-02-24 [2022-09-01] (日语). 
  64. ^ 「ロマンスブックカフェ」運営会社変更のお知らせ. ロマンスブックカフェ. 株式会社アクセルエンターメディア. 2018-02-01 [2022-07-23]. (原始内容存档于2018-06-27) (日语). 
  65. ^ ロマンス ブックカフェ. ロマンス ブックカフェ. AXELENTERMEDIA,INC. [2022-09-03]. (原始内容存档于2018-06-26) (日语). 
  66. ^ 1,000箇所以上の観光スポット情報をブログ形式で紹介する旅行情報サイト 『プチたび』 プレオープンのご案内. SB Creative. SBクリエイティブ株式会社. 2006-12-01 [2022-09-02] (日语). 

外部連結编辑