打开主菜单

中山七里 (なかやま しちり、1961年 - )是一位日本小說家推理作家,出生於岐阜縣[1][2]

中山 七里
(なかやま しちり)
出生 (1961-12-16) 1961年12月16日57歲)
日本 岐阜県
職業 小說家
國籍  日本
體裁 推理小說
獎項 「這本推理小說了不起!」大獎(2009年)

經歷编辑

1961年、中山七里出生於岐阜縣[3]。幼稚園時期經常閱讀書籍[3],小學生時期接觸英國作家阿瑟·柯南·道爾福爾摩斯探案》、法國作家莫理斯·盧布朗亞森·羅賓系列。中學生時期接觸阿嘉莎·克莉絲蒂艾勒里·昆恩作品[4]。1970年代、中山七里觀看電影『犬神家一族』,開始對橫溝正史江戶川亂歩產生興趣[3]。中山七里於高中時代開始創作[3],並參加小說新人賞[2]、大學時代、中山七里以「謝罪」入選江戶川亂步獎[3]

中山七里畢業於花園大學文學部國文科[5],之後停止創作。

2006年、中山七里參加島田莊司見面會後、興起創作小說的念頭[6]。中山七里以『魔女甦醒』參加「這本推理小說了不起!」大獎、最終審査落選。2009年、『再見,德布西』獲得第8回「這本推理小說了不起!」大獎[2]、48歳以小説家出道[7]

家族编辑

中山七里妻子是電子琴教師[8][5],目前育有一子。

作品编辑

單行本编辑

岬洋介系列编辑

  • 再見,德布西(さよならドビュッシー)(2010年1月 宝島社 / 2011年1月 宝島社文庫 / 2014年7月 野人)
  • 晚安,拉赫曼尼諾夫(おやすみラフマニノフ)(2010年10月 宝島社 / 2011年9月 宝島社文庫 / 2014年9月 野人)
  • 要介護偵探事件簿(2011年10月 宝島社) - 『さよならドビュッシー』スピンオフ
    • 【改題・加筆修正】五張面具的微笑(さよならドビュッシー前奏曲 要介護探偵の事件簿)(2012年5月 宝島社文庫 / 2014年12月 瑞昇)
      • 收錄作品:冒險 / 生還 / 賽跑 / 四個署名 / 最後的問候
  • 永遠的蕭邦(いつまでもショパン)(2013年1月 宝島社 / 2014年1月 宝島社文庫 / 2015年2月 瑞昇)
  • 邂逅貝多芬(どこかでベートーヴェン)(2016年5月 宝島社 / 2018年1月 瑞昇)
  • もういちどベートーヴェン(2019年3月 宝島社)

御子柴禮司系列编辑

  • 贖罪奏鳴曲(贖罪の奏鳴曲)(2011年12月 講談社 / 2013年11月 講談社文庫 / 2015年8月 獨步)
  • 追憶夜想曲(追憶の夜想曲)(2013年11月 講談社/ 2016年3月 講談社文庫 / 2015年12月 獨步)
  • 恩仇鎮魂曲(恩讐の鎮魂曲)(2016年3月 講談社 / 2017年11月 獨步)
  • 悪徳の輪舞曲(2018年3月 講談社)

刑事犬養隼人系列编辑

  • 開膛手傑克的告白(切り裂きジャックの告白)(2013年4月 角川書店 / 2014年7月 瑞昇)
    • 【改題】切り裂きジャックの告白 刑事犬養隼人(2014年12月 角川文庫
  • 七色之毒(七色の毒)(2013年7月 角川書店 / 2014年10月 瑞昇)
    • 【改題】七色の毒 刑事犬養隼人(2015年1月 角川文庫)
      • 收錄作品:赤い水 / 黒いハト / 白い原稿 / 青い魚 / 緑園の主 / 黄色いリボン / 紫の供花(単行本收錄時は『紫の献花』)
  • 哈梅爾吹笛人的誘拐(ハーメルンの誘拐魔)(2016年1月 KADOKAWA / 2017年10月 瑞昇)
  • ドクター・デスの遺産(2017年5月 KADOKAWA)

希波克拉底系列编辑

  • 希波克拉底的誓言(ヒポクラテスの誓い)(2015年5月 祥伝社 / 2016年10月 時報)
  • 希波克拉底的憂鬱(ヒポクラテスの憂鬱)(2016年9月 祥伝社 / 2018年3月 時報)

其他编辑

  • 連續殺人鬼青蛙男(連続殺人鬼カエル男)(2011年2月 宝島社文庫 / 2015年5月 瑞昇)
  • 魔女は甦る(2011年5月 幻冬舎 / 2013年8月 幻冬舎文庫
  • 静おばあちゃんにおまかせ(2012年7月 文藝春秋 / 2014年11月 文春文庫
  • ヒートアップ(2012年9月 幻冬舎 / 2014年8月 幻冬舎文庫)
  • Start!(スタート!)(2012年11月 光文社 / 2015年2月 光文社文庫 / 2015年7月 瑞昇)
  • アポロンの嘲笑(2014年9月 集英社
  • 泰米斯之劍(テミスの剣)(2014年10月 文藝春秋 / 2016年1月 瑞昇)
  • 月光のスティグマ(2014年12月 新潮社
  • 嘲笑的淑女(嗤う淑女)(2015年1月 実業之日本社 / 2016年4月 瑞昇)
  • 替身總理(総理にされた男)(2015年8月 NHK出版 / 2017年8月 瑞昇)
  • 戰鬥之歌(闘う君の唄を)(2015年10月 朝日新聞出版 / 2017年4月 瑞昇)
  • 作家刑事毒島(2016年8月 幻冬舎)
  • セイレーンの懺悔(2016年11月 小学館)
  • 翼がなくても(2017年1月 双葉社)
  • 秋山善吉工務店(2017年3月 光文社)
  • ネメシスの使者(2017年7月 文藝春秋)
  • ワルツを踊ろう(2017年9月 幻冬舎)
  • 逃亡刑事(2017年11月 PHP研究所)
  • 那些得不到保護的人(護られなかった者たちへ)(2018年1月 NHK出版 / 2019年8月 時報)
  • 連續殺人鬼青蛙男:噩夢再臨(連続殺人鬼カエル男ふたたび)(2018年5月 宝島社 / 2019年1月 瑞昇) - 『連続殺人鬼カエル男』続編
  • 能面検事(2018年7月 光文社)
  • TAS 特別師弟捜査員(2018年9月 集英社)
  • 静おばあちゃんと要介護探偵(2018年11月 文藝春秋)
  • ふたたび嗤う淑女(2019年1月 実業之日本社)
  • 笑え、シャイロック(2019年5月 KADOKAWA)

隨筆编辑

  • 中山七転八倒(2018年8月 幻冬舎文庫)

單行本未收錄作品编辑

雑誌連載
  • 騒がしい楽園(朝日新聞出版『小説トリッパー』2016年10月号 - 2017年7月号)
  • ヒポクラテスの試練(祥伝社『小説NON』2017年1月号 - 10月号)
  • 蕁麻のなる家(角川書店『小説 野性時代』2017年3月号 - 12月号)
  • テロリストの家(双葉社『小説推理』2017年5月号 - 2018年2月号)
  • 死にゆく者の祈り(新潮社『yom yom』2017年6月号 - )
  • 毒島刑事最後の事件(幻冬舎『小説幻冬』2017年10月号 - 2018年7月号)
  • 人面瘡探偵(小学館『きらら』2017年11月号 - 2018年8月号)
  • カインの系譜(角川書店『本の旅人』2018年4月号 - )
  • 隣はシリアルキラー(集英社『小説すばる』2018年5月号 - )
  • ヒポクラテスの悔恨(祥伝社『小説NON』2018年6月号 - )
  • 能面検事の奮迅(光文社『小説宝石』2018年8月号 - )
  • 復讐の協奏曲(講談社『メフィスト』2018 VOL.2 - )
WEB連載
  • 帝都地下迷宮(PHP研究所 「WEB文蔵」 2017年10月 - )

文庫解說编辑

參考資料编辑

  1. ^ 小説家・推理作家の中山七里氏 岐阜が舞台の作品書く 県出身作家の活躍、秘密語る. 岐阜新聞Web. 2013-01-24 [2014-12-12]. (原始内容存档于2014-12-15). 
  2. ^ 2.0 2.1 2.2 『スタート!』インタビュー|中山七里さん「映画を作るつもりで、この本を書きました」. リーダーストア. [2013-02-19]. (原始内容存档于2013-01-02). 
  3. ^ 3.0 3.1 3.2 3.3 3.4 IN★POCKET, 読者を挑発する新社会派 中山七里スペシャルインタビュー, 講談社: 172–191, 2013-11, ISBN 9784060607133 
  4. ^ 中山七里. インタビュー 「ミステリは最高のエンタテイメントなんです」. 小説すばる (集英社). 2014-10-17, (2014年11月号): 80–83. 
  5. ^ 5.0 5.1 2013年12月号 創作の現場 中山七里. Honya Club.com. [2014-01-17]. 
  6. ^ オトナファミ, 音楽ミステリーの名手が放つ家族と記憶、その罪の物語, KADOKAWA: 10, 2013-12, ISBN 4910022631235 请检查|isbn=值 (帮助) 
  7. ^ ダ・ヴィンチ, めくるめく仕掛けに喝采必至! 中山七里版"キネマの天地" 225, メディアファクトリー: 70, 2013-01, ISBN 4910059470135 请检查|isbn=值 (帮助) 
  8. ^ 宇田夏苗. 著者インタビュー - 中山七里『さよならドビュッシー』. 楽天ブックス. 2013-02-07 [2013-08-17].