北畠家

(重定向自北畠氏

tián(日语:北畠家きたばたけけ Kitabatake Ke),又稱北畠氏(日语:北畠氏きたばたけし Kitabatake Shi),是日本姓氏苗字)。北畠家属村上源氏中院家的庶流,原为公家,后成为战国大名。北畠家在日本南北朝时代曾是南朝的忠臣,受后醍醐天皇的信任。南朝战败后,归降于支持北朝的室町幕府,获封伊势国司,维持对伊势国南部的统治[1]。北畠氏的本据是位于伊势国一志郡的多气城(雾山城)。1576年,雾山城被织田信长攻克,北畠氏自此灭亡[2]。明治时代,久我家久我通城日语北畠通城因与北畠氏同属村上源氏而改姓为北畠氏,使北畠氏再兴[3]

北畠家
Sasa Rindō inverted.png
本姓村上源氏中院庶流
村上源氏久我流
家祖(中院)北畠雅家
(久我)北畠通城
种别公家、武家、華族(男爵)
出身地山城国
根据地
  • 山城国
  • 陸奥国
    • 多賀城
    • 霊山城
    • 浪岡城
  • 伊勢国
    • 多気御所(霧山城)
    • 大河内城
    • 田丸城
    • 松島城
代表人物北畠親房
北畠顯家
北畠顯信
北畠具教
北畠晴具
支系浪岡氏(武家)

大河内氏(武家)
木造氏(公家→武家)
滝川氏(武家)
坂内氏(武家)
田丸氏(武家)
星合氏(武家)
岩内氏(武家)
藤方氏(武家)
波瀬氏(武家)
有馬北畠氏(武家)?
大坂氏(武家)
森本氏(武家)
方穂氏(武家)
園氏(武家)
笠木氏(武家)
八(矢)下氏(武家)
林氏(武家)
大石氏(武家)
田村氏(武家)

一之濑氏(武家)

历代当主编辑

  1. 北畠雅家(1215年 - 1274年)
  2. 北畠師親(1244年 - 1315年)
  3. 北畠師重(1270年 - 1322年)
  4. 北畠親房(1293年 - 1354年)
  5. 北畠顕能(1326年? - 1383年?)
  6. 北畠顕泰(1361年? - 1414年)
  7. 北畠満雅(1382年? - 1429年)
  8. 北畠教具(1423年 - 1471年)
  9. 北畠政郷(1449年 - 1508年)
  10. 北畠材親(1468年 - 1518年)
  11. 北畠晴具(1503年 - 1563年)
  12. 北畠具教(1528年 - 1576年)
  13. 北畠具房(1547年 - 1580年)
  14. 北畠具豊(1558年 - 1630年)

北畠男爵家编辑

1871年(明治4年),久我通城改姓北畠。

  1. 北畠通城(1849年 - 1888年)
  2. 北畠克通(1875年 - 1943年)
  3. 北畠義郎(1897年 - 1961年)

参见编辑

参考资料编辑

  1. ^ 日本の国宝: 中部, 関東. 朝日新聞社. 1999: 83 [2018-10-07]. (原始内容存档于2019-05-14). 
  2. ^ 北畠氏. kotobank. [2018-10-07]. (原始内容存档于2022-02-10). 
  3. ^ 日本歴史学会. 明治維新人名辞典. 吉川弘文館. 1981: 331.