大友黑主

大友黑主像,土佐光起

大友黑主(日语:大友 黒主おおとも の くろぬし Otomo no Kuronushi,生卒年不詳)是平安時代歌人。姓村主,亦称大伴黑主六歌仙中的一人。官位为从八位上[1]滋賀郡大領。《續日本後紀》中称他们一族为汉献帝的后裔[2]

代表和歌编辑

  • 春さめのふるは涙か桜花散るを惜しまぬ人しなければ(古今集88)
  • 思ひいでて恋しきときははつかりのなきてわたると人知るらめや(古今集735)
  • 鏡山いざたちよりて見てゆかむ年へぬる身は老いやしぬると(古今集899。左註に黒主の歌かとする説を記す)
  • 近江のや鏡の山をたてたればかねてぞ見ゆる君が千歳は(古今集1086)
  • 白浪のよする磯間をこぐ舟の梶とりあへぬ恋もするかな(後撰集670)
  • 玉津島深き入江をこぐ舟のうきたる恋も我はするかな(後撰集768)
  • 何せむにへたのみるめを思ひけん沖つ玉藻をかづく身にして(後撰集1099)
  • 我が心あやしくあだに春くれば花につく身となどてなりけむ(拾遺集404)
  • さく花に思ひつくみのあぢきなさ身にいたつきの入るも知らずて(拾遺集405)

系譜[3]编辑

  • 父:大友列躬
  • 母:不詳
  • 養父:大友豊足
  • 妻:不詳
    • 子:大友吉継
    • 子:大友弟上
    • 子:大友道守

脚注编辑

  1. ^ 勅撰作者部類』では五位とする。
  2. ^ 《続日本後紀》:後漢献帝苗裔也
  3. ^ 鈴木真年『百家系図』巻9,大友村主

参考文献编辑

  • 太田亮《姓氏家系大辞典》角川書店,1963年
  • 宝賀寿男《古代氏族系譜集成》古代氏族研究会,1986年