打开主菜单
天山坂

天山陵琉球語天山陵ティンサンリョウ Tinsanryō ?),或稱天山御墓天山極樂陵天山ようどれ),位於沖繩縣那霸市首里池端町,是琉球國第一尚氏王朝尚巴志王陵墓的遺跡。

天山陵於15世紀初建造,在一個向南的崖面挖掘建造而成,分為東室、中室、西室三間。此陵為琉球國相懷機負責建造。尚巴志王死後,懷機將其葬於國都外的天齊山。《歷代寶案》中收錄有懷機於1439年向中國龍虎山的張天師求取符籙以庇護尚巴志王的文書。長虹堤建成以後,懷機住在天山陵旁,死後葬於天山陵旁,他的墓被稱為坊主之墓。

天山陵在尚圓奪權的時候被燒毀,在此之前,先王的遺骨已被尚德王的近親轉移了出去。此後在第二尚氏王朝時期成為王室的一次葬墓地,據《中山世譜》記載,尚永王之妃坤功曾葬於此,洗骨後葬入玉陵尚寧王之妃蘭叢曾葬於此,洗骨後遷葬浦添極樂陵

天山陵在沖繩島戰役中被毀,後來的城市開發過程也對這一帶造成嚴重破壞。現為私有地,一般不對外開放。

參考文獻编辑

  • 沖縄県教育委員会文化課編 『紀要 第一号』 沖縄県教育委員会文化課、1984年3月31日。
  • 沖縄大百科事典刊行事務局編 『沖縄大百科事典沖縄タイムス社、1983年5月30日。
  • 沖縄タイムス社編集・発行 『沖縄タイムス縮刷版 昭和58年12月号』、1984年1月20日。
  • 沖縄タイムス社編集・発行 『沖縄タイムス縮刷版 昭和59年1月号』、1984年2月20日。
  • 角川日本地名大辞典編纂委員会編 『角川日本地名大辞典 47.沖縄県』 角川書店、1986年7月8日。ISBN 4-04-001470-7
  • 久手堅憲夫 『首里の地名 - その由来と縁起 -』〈南島文化叢書 22〉 第一書房、2000年10月12日。ISBN 4-8042-0717-1
  • 古都首里探訪会編著 『王都首里見て歩き 御城と全19町ガイド&マップ』 新星出版株式会社、2016年3月31日。ISBN 978-4-905192-78-7
  • 財団法人沖縄県文化振興会公文書館管理部史料編集室編 『歴代宝案 訳注本第2冊 第一集巻二三 - 四三』 沖縄県教育委員会、1997年3月31日。
  • 佐敷町文化財保護委員会編 『第一尚氏関連写真集』〈佐敷町文化財 IV〉 佐敷町教育委員会、1996年3月31日。
  • 篠原啓方編 『陵墓からみた東アジア諸国の位相 -朝鮮王陵とその周縁-』〈周縁の文化交渉学シリーズ 3〉 関西大学文化交渉学教育研究拠点、2011年12月31日。ISBN 978-4-9905164-6-8
  • 當真荘平 『月代の神々』 印刷センター大永、1985年11月10日。
  • 平凡社地方資料センター編 『日本歴史地名大系第四八巻 沖縄県の地名』 平凡社、2002年12月10日。ISBN 4-582-49048-4
  • 琉球新報社編 『東恩納寛惇全集 7』 第一書房、1980年2月29日(1993年7月25日再版)。ISBN 4-8042-0057-6

相關條目编辑