小結(日语:小結こむすび Komusubi */?),是日本大相撲力士中第七級,也是三役中最低一級。小結的字面意思是兩個力士之間的對決。

這個位置一般有東西兩名(最多四人),也是前頭級別力士所可直接昇進的最高位置。對於達到這個級別的力士來說,好處是加薪,並且在每年舉行六次官方本場所比賽的開幕式和閉幕式的演講中,站在日本相撲協會主席的側面。在其他活動中,他也作為可能代表相撲協會的力士,特別是如果大關橫綱的數量很少的話。如果這是力士達到的最高等級,即使只是一場比賽,他將在引退後被稱為“前小結”,這是一個相撲力士職業生涯相當成功的的指標。

小結被廣泛認為是一個難以維持的排名,因為這個級別的力士可能在比賽的第一周面對所有的大關和橫綱,與橫綱的比賽通常安排在開幕日。在第二週主要面對前頭力士,但是經常比賽的人在這一點上是如此士氣低落,很少有人在首次作為小結時就有勝越記錄。

第二次世界大戰之前,每年的季賽次數不多,每次比賽的表現都更加重要,有幾次小結在幾乎贏得比賽后立即昇進為大關,但自從實行六場所制後沒有這樣的例子。

記録编辑

小結優勝力士编辑

場 所 地 位 四股名 成 績 翌場所 最高位
1931年(昭和6年)5月場所 東小結 武藏山武 10勝1敗
清水川
東小結(8勝2敗1休) 横綱
1932年(昭和7年)3月場所 西小結 沖ツ海福雄 9勝1敗 東関脇(6勝4敗1分) 関脇
1944年(昭和19年)1月場所 西小結 佐賀ノ花勝巳 13勝2敗 東関脇(7勝3敗) 大関
1957年(昭和32年)5月場所 西小結 安念山治
(のち羽黒山礎丞)
13勝2敗 西関脇(9勝6敗) 関脇
1974年(昭和49年)11月場所 西張出小結 魁傑將晃 12勝3敗
(○北之湖
東関脇(11勝4敗) 大関
1992年(平成4年)9月場所 西小結 貴花田光司
(のち貴乃花光司)
14勝1敗 西関脇(10勝5敗) 横綱
1993年(平成5年)3月場所 東小結 若花田勝
(のち若乃花勝)
14勝1敗 西関脇(10勝5敗) 横綱
2000年(平成12年)5月場所 西小結 魁皇博之 14勝1敗 東関脇(11勝4敗) 大関
2018年(平成30年)11月場所 東小結 貴景勝光信 13勝2敗 東関脇(11勝4敗) (現役)

通算小結在位编辑

順位 小結在位 四股名 最高位
1位 19場所 高見山大五郎 関脇
2位 15場所 安芸乃島勝巳 関脇
3位 14場所 出羽錦忠雄 関脇
栃煌山雄一郎 関脇
5位 13場所 琴錦功宗 関脇
土佐ノ海敏生 関脇
7位 12場所 出羽の花義貴 関脇
稀勢之里寛 横綱
9位 11場所 貴鬥力忠茂 関脇
魁皇博之 大関
武双山正士 大関

小結連続在位编辑

順位 小結在位 四股名 在位期間
1位 5場所 麒麟児將能 1969年1月場所-1969年9月場所
土佐ノ海敏生 1999年11月場所-2000年7月場所
琴光喜啓司 2004年5月場所-2005年1月場所
4位 4場所 信夫山治貞 1955年1月場所-1955年9月場所
朝潮太郎 1954年1月場所-1954年9月場所
高見山大五郎 1971年7月場所-1972年1月場所
出島武春 1998年9月場所-1999年3月場所
稀勢之里寛 2006年7月場所-2007年1月場所
阿炎政虎 2019年7月場所-2020年1月場所

新小結成績编辑

順位 四股名 新小結成績 最高位
1位 安念山治 13勝2敗 関脇
照之富士春雄 (橫綱)
3位 小錦八十吉 12勝3敗 大関
雅山哲士 大関
5位 名寄岩静男※◯ 11勝4敗 大関
佐賀ノ花勝巳 大関
増位山大志郎 大関
大鵬幸喜 横綱
栃ノ海晃嘉 横綱
魁傑將晃 大関
貴花田光司 横綱
白鵬翔 (横綱)
朝乃山英樹 (大関)