影星奇侠

(重定向自影星俠

影星奇侠(日语:ザ・カゲスター)是在1976年(昭和51年)4月5日到同年11月29日全34話在NET系毎週週一19時正-19時30分播放,由東映制作的特摄剧。

台版漫畫譯稱〝幻影奇俠〞[1]

介绍编辑

風村集團主席的千金鈴子和其秘書影夫被白蠟魔人捉,兩人逃跑却跌落山崖碰到高壓電線,電流令兩人產生可以實體化的影子,令二人就能變影星奇俠及警鈴女俠。鈴子及影夫決定以此力量與惡勢力挑戰打倒壞人。但這些壞人的背後是由Dr.撒旦率領的組織撒旦帝國。

登場人物编辑

影星奇俠/カゲスター编辑

從影夫的影子實體化而出現的戰士,影星奇俠一名,是由香港動漫論壇,動漫特攝同好聚的版主超音所取.

警鈴女侠/ベルスター编辑

由鈴子的影子實體化而出現的戰士.警鈴女侠一名,是由香港動漫論壇,動漫特攝同好聚的版主超音所取.

演员编辑

皮套演员编辑

  • カゲスター[4]中村文弥
  • カゲスター(代役)[4]:奈良光一
  • カゲスター(トランポリン)[4]:湯川泰男
  • ベルスター[4]:清田真妃
  • その他:大島久雄、前田直孝、伊藤勇治(大野剣友会[5])、大塚秀宣、影山実、山本雅彦、富永行雄、鈴木洋史、橋本芳郎

主なゲスト编辑

括弧内は登場話数。悪人・サタン帝国関係のゲストは放送リストを参照。

  • 与久野:杉義一(2話)
  • 香山:明石潮(2話)
  • ゆかり:竹中ゆりか(2話)
  • 美術館館長:近藤準(2話)
  • 福井アキラ:江村和紀(3話)
  • アキラの父:朝倉一(3話)
  • 影夫の上司:二瓶秀雄(3話)
  • 富田博之(4話)
  • 子供たち:劇団いろは(4話)
  • 大山社長:斉藤英雄(5話)
  • 大和田健蔵:山本武(6話)
  • 大和田の孫:庄野武志、田辺友啓 ほか(6話)
  • 須藤えい子:萩原奈穂美(7話)
  • 須藤啓介:暁津純(7話)
  • 観世音センター職員:橋本春彦(7話)
  • 三大寺:田島義文(8話)
  • 警視庁捜査係長:守屋俊志(8話)
  • 銀行員:入江正徳(10話)
  • 犬神博士:東大二朗(11話)
  • 三津野博士:増田順司(12話)
  • 真由美:小貫千恵子(12話)
  • 怪力ロボットX1:山本昌平(13話)
  • 峰博士:宮崎和命(13話)
  • 西園寺博士:梶哲也(13話)
  • マサオ:中村英生(14話)
  • ミドリ:鈴木陽子(14話)
  • 子供たちの保護者:若尾義昭、桜井明子、酒井郷博、安達由紀、芦沢孝子、八百原寿子(15話)
  • 警官:八代駿(15話)
  • 南川博士:細川俊夫(16話)
  • 医師:相馬剛三(17話)
  • 田川アナウンサー:田川勝雄(17・25話)※ノンクレジット
  • 北東京薬物研究所所員:大矢兼臣(17話)※ノンクレジット
  • ゴロー:大柴学(19話)
  • ゴローの姉:近藤三容子(19話)
  • 五十嵐五十鈴、五十嵐美鈴、小林敏也、小林久也(20話)
  • 虎松:中本竜夫(20話)
  • 虎松のコピー人間:中本恒夫(20話)
  • イサム:薄田拓己(21話)
  • 陳田のトレーナー:富士乃幸夫(21話)
  • 選考委員長:片山滉(21話)
  • イチロー:加藤淳也(21話)
  • イチローの父:晴海勇三(21話)
  • ホテル山下家の支配人:轟謙二(22・23・25話)
  • 中山助手:千葉宏和(22話)
  • ケンイチ:鈴木まさゆき(23話)
  • ケンイチの母:岡田和子(23話)
  • 店主:五藤雅博(23話)
  • 大神博士:二瓶秀雄(24話)
  • 大原博士:弘松三郎(25話)
  • 大原ミエ:飛田愛子(25話)
  • 医師:河合弦司(25話)
  • 朝田博士:高木二朗(26話)
  • 朝田浩一:福田信義(26話)
  • 平井助手:佐久間祐子(26話)
  • 信二の父:小林勝彦(27話)
  • 信二の母:内田尋子(27話)
  • 信二:大栗正史(27話)
  • 坂田:暁津純(28話)
  • 五月みつ子:続圭子(30話)
  • 五月しのぶ:島さゆり(30話)
  • しのぶの祖父:今村原兵(30話)
  • 五木一夫:池田秀一(30話)
  • 山川ディレクター:若尾義昭(30話)
  • 北山博士:外山高士(31話)
  • 北山タダオ:中野健(31話)
  • ダイスケ:加藤淳也(32話)
  • アカギ外科医:小沢忠臣(33話)

人员编辑

  • 原作:八手三郎
  • 連載:てれびくん小学館学習雑誌テレビランド
  • プロデューサー:吉津正(NET)、松永英(大広)、平山亨阿部征司(東映)
  • 脚本:石森史郎、村山庄三、土筆勉鷺山京子
  • 監督:加島昭、原田雄一、内田一作田口勝彦山田稔長石多可男折田至
  • 音楽:渡辺岳夫[6]
  • 音楽制作:あんだんて
  • 撮影:小林武治、古市勝嗣、吉田重業、小川康男、加藤弘章
  • 照明:酒井信雄、戸塚和夫、銀屋謙蔵、城田昌貞、山岸清海
  • 美術:川村晴通、阿部三郎、大瀬賢一
  • 助監督:長石多可男、小林俊夫、鈴木隆志、松本喜隆、堀内泰治、天間敏広
  • 作画(キャラクターデザイン):野口竜
  • 録音:北條照二
  • 編集:吉川泰弘、祖田富美夫
  • 選曲:秋本彰
  • 効果:原田千昭
  • 進行主任:飯田康之、工藤孝行、原田良彦、伊藤隆造、伊藤一男、立花浩
  • 記録:山ノ内康代、久保田民子、福富京子、紀志一子、阿部道子、森美礼、川村澪子、植松よし子、津田のり子、船津一 ほか
  • オートバイアクション(特技):高橋政生、熊沢敏明
  • 技斗:渡辺安章、岡田勝
  • 企画協力:企画者104
  • 制作担当:末永和雄、大里俊博
  • 特撮:特撮研究所、石山信雄
  • 特殊美術:コスモプロダクション
  • 現像:東映化学
  • オートバイ協力:鈴木自動車工業
  • 衣裳協力:子供服のチャイルド
  • 美術協力:島野工業
  • 車輛協力:いすゞ自動車
  • 制作仕上:映広音響
  • 装置:協和美建、生田美術
  • 装飾:大晃商会
  • 衣裳:東京衣裳
  • 美粧:入江プロ、佐藤せつ子
  • 制作:NET東映大広

主題歌・挿入歌编辑

主題歌シングルは1976年4月25日発売(SCS-294)。挿入歌の初出は1976年8月25日発売の「テレビまんが人気者(アイドル)デラックス 5」(CW-7076)。

全曲とも、作詞は八手三郎、作曲は渡辺岳夫[6]、編曲は松山祐士による。

主題歌编辑

オープニングテーマ「輝く太陽! カゲスター」
歌:水木一郎
映像は2バージョン有るが、いずれもベルスターは登場しない。
藤井健ザ・ブレッスン・フォーによるカヴァー版(編曲は筒井広志)が存在する[7]
エンディングテーマ「スター! スター! カゲスター」
歌:水木一郎、コロムビアゆりかご会
こちらの方の映像には、ベルスターが登場している。

挿入歌编辑

「カゲは行く行く」
歌:水木一郎、コロムビアゆりかご会
「カゲよきみは友達さ」
歌:水木一郎、こおろぎ'73

漫画版编辑

游戏编辑

脚注编辑

  1. ^ 台灣人壽. 柑仔店10《光之國》. [2015-04-09]. (原始内容存档于2015-04-03) (中文(台灣)‎). 
  2. ^ 引用错误:没有为名为全怪獣187的参考文献提供内容
  3. ^ アクションシーンの多くは早川自身が演じている[2]
  4. ^ 4.0 4.1 4.2 4.3 大野剣友会伝 ヒーローアクションを生んだ達人たち. 風塵社. 1999-07-15. ISBN 4-938733-69-2. 
  5. ^ 第22話以降、中村文弥以外のメンバーはクレジットされなくなった。
  6. ^ 6.0 6.1 当時渡辺は、裏のギャグアニメの劇伴と主題歌作曲も担当していたが、本作は担当番組が重複する際に使用する偽名「大塩潤」を使用しなかった(理由不明)。
  7. ^ 「ヤッターマンの歌 / 最新テレビまんがちびっこ大集合」(JBX-131、1977年発売)に収録。

参考文献编辑