日本SF大獎

(重定向自日本SF大賞

日本SF大獎(日语:日本SF大賞)是由日本SF作家俱樂部於1980年設立的獎項,主辦者為日本SF作家俱樂部,德間書店支助。不論媒體或藝術的種類,只要是有關科幻的作品,都可作為受獎對象,是該獎的一大特色。有許多小說、電影等專屬的大獎,但像此獎一樣將不同種類的作品放在一起評價的,卻相當罕見。

受賞作品编辑

第1回至第10回编辑

屆數 年度 得獎作品 特別獎
1 1980年 堀晃 《太陽風交点》
2 1981年 井上廈吉里吉里人
3 1982年 山田正紀《最後の敵》
4 1983年 大友克洋童夢
5 1984年 川又千秋幻詩狩り》
6 1985年 小松左京首都消失
7 1986年 かんべむさし《笑い宇宙の旅芸人》
8 1987年 荒俣宏帝都物語
9 1988年 半村良《岬一郎の抵抗》
横田順彌會津信吾《快男児・押川春浪》
10 1989年 夢枕獏《吞食上弦月的獅子》 手塚治虫

第11回至第20回编辑

届数 年度 得獎作品
第11回 1990年 椎名誠《アド・バード》
第12回 1991年 梶尾真治《サラマンダー殲滅》 石原藤夫
第13回 1992年 筒井康隆《清晨的加斯巴》
第14回 1993年 柾悟郎 『ヴィーナス・シティ』 黑丸尚
第15回 1994年 大原まり子 『戦争を演じた神々たち』
小谷真理 『女性狀無意識』
第16回 1995年 神林長平 『言壷』 野田昌宏
第17回 1996年 金子修介卡美拉2 雷吉翁襲來
第18回 1997年 宮部美幸 『蒲生邸事件』
庵野秀明新世紀福音戰士
第19回 1998年 瀬名秀明 『BRAIN VALLEY(上・下)』 星新一
NHK人間大学 『宇宙を空想してきた人々』
井上雅彦『異形コレクション1~6』
第20回 1999年 新井素子 『チグリスとユーフラテス』 光瀬龍

第21回至第30回编辑

届数 年度 得獎作品 特別獎
第21回 2000年 巽孝之『日本SF論争史』
第22回 2001年 北野勇作『かめくん』
第23回 2002年 古川日出男《阿拉伯的夜之種族》
牧野修『傀儡后』
第24回 2003年 冲方丁壳中少女
第25回 2004年 押井守攻殼機動隊2 INNOCENCE 矢野徹
第26回 2005年 飛浩隆『象られた力』
第27回 2006年 萩尾望都沉睡的祕境
第28回 2007年 最相葉月『星新一 一〇〇一話をつくった人』
第29回 2008年 貴志祐介來自新世界
磯光雄電腦線圈
野田昌宏
第30回 2009年 伊藤計劃和諧 栗本薫豹頭王傳說

第31回至第40回编辑

  • 第31回(2010年) - 長山靖生『日本SF精神史』、森見登美彦企鵝公路》、特別賞 柴野拓美浅倉久志
  • 第32回(2011年) - 上田早夕里『華竜の宮』、特別賞 横田順彌『近代日本奇想小説史 明治篇』、 特別功劳賞 小松左京
  • 第33回(2012年) - 月村了衛『機龍警察 自爆条項』、宮内悠介『盤上の夜』、特別賞 伊藤計劃円城塔『屍者の帝国』
  • 第34回(2013年) - 酉島伝法『皆勤の徒』、特別賞 大森望責任編集『NOVA 書き下ろし日本SFコレクション』 全10巻、宮内悠介『ヨハネスブルグの天使たち』
  • 第35回(2014年) - 藤井太洋『オービタル・クラウド』、長谷敏司『My Humanity』、功績賞 平井和正
  • 第36回(2015年) - 谷甲州『コロンビア・ゼロ 新・航空宇宙軍史』、森岡浩之『突変』、特別賞 牧野修『月世界小説』、功績賞 生賴範義
  • 第37回(2016年)- 白井弓子『轉孕奇兵』、特別賞 庵野秀明(脚本・総監督)・樋口真嗣(監督・特技監督)・尾上克郎(准監督・特技統括)『シン・ゴジラ』
  • 第38回(2017年)- 小川哲『ゲームの王国』、飛浩隆『自生の夢』、功績賞 山野浩一
  • 第39回(2018年)- 山尾悠子『飛ぶ孔雀』、円城塔『文字渦』、功績賞 横田順彌
  • 第40回(2019年)- 小川一水『天冥の標』、酉島伝法『宿借りの星』、特別賞 大森望・日下三蔵編『年刊日本SF傑作選』、功績賞 眉村卓、吾妻ひでお、会長賞 小川隆、星敬

第41回至第42回编辑

  • 第41回(2020年)- 菅浩江『歓喜の歌 博物館惑星Ⅲ』、林譲治『星系出雲の兵站』全9巻、特別賞 立原透耶、功績賞 小林泰三
  • 第42回(2021年)- 吉永史大奧[1]

參考來源编辑

  1. ^ 第42回日本SF大賞決定のお知らせ. [2022-02-20]. (原始内容存档于2022-02-23). 

外部連結编辑