打开主菜单

淨土真宗親鸞會

淨土真宗親鸞會於1958年成立,是屬於日本佛教淨土真宗的一個新興宗派[1]。代表是原淨土真宗本願寺派僧侶的高森顕徹日语高森顕徹

歷史编辑

  • 1952年 - 高森顕徹日语高森顕徹当会長、68名的会員組織創立「徹信会」
  • 1957年 - 富山県高岡市的建設前田町徹信会館(24畳)。
  • 1958年 - 取得宗教法人格後改称、浄土真宗親鸞会
  • 1974年 - 高岡市芳野本部移転(100畳)。
  • 1979年 - 浄土真宗本願寺派の紅楳英顕が論文「現代における異義の研究 ─高森親鸞会の主張とその問題点」を発表。親鸞会はこれに反発し、再三にわたり質問状を送り、本願寺派に対する批判キャンペーンが展開される。
  • 1984年 - 上記に関し、紅楳側が誠意を持って答えていないとして、親鸞会会員約1,500人が西本願寺御影堂に座り込み抗議を行う。
  • 1988年 - 射水郡小杉町的本部移転。親鸞会館(現本館・520畳)となり、支部是全国及南美・北美・台湾韓国
  • 1992年 - 建設顕真会館。
  • 2004年 - 親鸞会館本館隣接地建設有2,000畳講堂的正本堂。
  • 2013年 - 開館北海道会館対札幌市厚別区

教義编辑

布教编辑

布施编辑

關連項目编辑

參考資料编辑

連結编辑