打开主菜单

月ぬ美しゃ琉球群島八重山地區流傳的一首民謠。這首歌名字在琉球語八重山方言中意思是「月亮之美麗」,日語翻譯為「月の美しさ」,中文一般翻譯為「皓月」。

皓月
與那國語
琉球漢字月ぬ美しゃ
琉球國字頭つきぬかいしゃ
拉丁化Chiki nu kaisha
本頁面使用旁註標記,若瀏覽器不支持標音會顯示在文字後方,如:衣(yi)。

主要以童歌形式進行演唱,含有八重山方言獨特的母音,使用八重山地區獨特的演奏方法。使用沖繩本島地區的樂器三線則極難演奏。

不少民歌歌手曾演唱過此樂曲,例如赤鳥樂團宮良牧子夏川里美等。現在沖繩都市單軌鐵路列車到達古島站時,會播放這首樂曲。

歌詞编辑

月ぬ美しゃ
琉球語原文 日本語譯
第一段
つきかいしゃ とぅみっ[1] 月が最も美しい一三夜
女童みやらび美しゃ 十七ツとおななつ[2] 乙女が最も美しい一七歳
ほーいちょーが ほーいちょーが
第二段
あがりからあががりょる うふ月ぬ 東から上る 満月の夜
沖縄うちな八重山やいまん 照ぃてぃらしょうり 沖縄を 八重山を 照らしてください
ほーいちょーが ほーいちょーが
第三段
あんだぎなーぬ 月ぬ夜 あれほどの美しい月の夜
がげら あしょびょうら みんな今日は宴をしよう
ほーいちょーが ほーいちょーが
第四段
てぃ大札うふだんが 絹花いちゅばな 寺の大札に 絹のような花
黄金花くがにばな かりょうり 黄金のような花 咲かせてください
ほーいちょーが ほーいちょーが
第五段
ぴらまぬやーぬ 東んたんが 愛しいあなたの家の 東側に
むりくばなぬ 咲かりょうり ジャスミンの花を咲かせましょうね
うりり取り なつぃきばし それを採り あれを採るふりをして
びらまぬ家ぬ花ぶんなー 愛しいあなたの家の花
ほーいちょーが ほーいちょーが
第六段
女童家ぬ むんなんが 娘の家の門のそばに
花染はなしみ手布てぃさしおと 花染めの手ぬぐいを落として
うり取り 彼り取り なつぃきばし それを採り あれを採るふりをして
女童家ぬ 見舞みまいす 娘の家に伺います
ほーいちょーが ほーいちょーが

腳註编辑

  1. ^ 言外之意:未圓滿的時候。
  2. ^ 言外之意:未成熟的時候。