笹井芳樹

京都大學醫學系畢業

笹井芳樹(日语:笹井 芳樹ささい よしき Sasai Yoshiki,1962年3月5日-2014年8月5日[1][2][3]),日本生物學家、醫學家京都大學博士[4]理化学研究所發育與再生科學綜合研究中心(CDB)小組指導兼副所長[1]等。

笹井芳樹
笹井 芳樹(ささい よしき)
Yoshiki Sasai, circa 2012.jpg
出生(1962-03-05)1962年3月5日
日本兵庫縣
逝世2014年8月5日(2014歲-08-05)(52歲)
日本兵庫縣神户市
死因自殺縊死
居住地 日本
国籍 日本
母校京都大学
知名于神經誘導因子的發現與解析
幹細胞研究
奖项貝爾茲獎
文部科学大臣表彰科学技術奖
井上学術奖
塚原仲晃纪念奖
武田医学奖日语武田医学賞
上原奖日语上原賞
科学生涯
研究领域細胞生物學組織工程學
机构京都大学
UCLA
理化学研究所
博士導師中西重忠
受影响自早石修
岡田節人日语岡田節人
Edward M. De Robertis英语Edward M. De Robertis
山中伸弥
施影响于高橋淳
高橋政代日语高橋政代
小保方晴子

生平與成就编辑

笹井芳樹是神經系統初期發生遺傳基因及細胞研究者,曾完成世界首例通過ES細胞分化誘導出網膜、生成立体網膜的實驗。[5]其後,他又通過ES細胞成功分化誘導出下丘腦前駆細胞、形成立體的腦下垂体[6][7][1]

笹井身為世界級的組織工程學權威,生前被認為有力問鼎諾貝爾獎[8]。其歷年主要成就包括:

  • 神經誘導因子的發現與解析
  • 幹細胞的分化誘導之自我組織
  • 人體幹細胞的大量培養法
  • 提倡Urbilateria假說

自殺身亡编辑

2014年2月,小保方晴子主導的STAP細胞論文因相關數據造假等多項問題遭到撤銷[9]且被處分[10][11][12][13],作為小保方導師的笹井也被追究責任。8月5日,笹井芳樹在神户市尖端醫療中心內上吊自殺,並於神戶市立醫療中心中央市民醫院日语神戸市立医療センター中央市民病院確認身亡[14][15]

笹井之死震撼全世界,美國歐洲各國、韓國中國的媒體皆有大幅報導[16][17]。《自然》主編Philip Campbell英语Philip Campbell (scientist)在聲明中表示,笹井的自殺「是科學界的一起慘痛悲劇,研究者社群的一個巨大損失」,悼文也在《自然》官方部落格刊登[18][19]

在日本,多位重量級科學家與政府要員(包含理化學研究所理事長野依良治[20]、理研中心主任竹市雅俊[21][22][23]京都大學教授山中伸弥山梨大學教授若山照彥日语若山照彦科學技術振興機構日语科学技術振興機構(JST)、內閣官房長官菅義偉、內閣府擔當大臣山本一太等)皆相繼發表訃告、哀悼聲明[15]

笹井之死,也讓STAP細胞的繼續檢證、神戶醫療產業都市構想日语神戸医療産業都市構想等重要計畫受到衝擊。

榮譽编辑

參見编辑

參考資料编辑

  1. ^ 1.0 1.1 1.2 平成25年度上原賞受賞者 (PDF) (新闻稿). (原始内容 (PDF)存档于2014-08-08). 
  2. ^ 理研の笹井芳樹氏が自殺 先端医療センター関連施設内. 朝日新聞. 2014-08-05 [2014-08-05]. 
  3. ^ 理研の笹井氏が死亡、自殺か 小保方氏の指導役. 神戸新聞NEXT (神戶新聞). 2014-08-05 [2014-08-05]. 
  4. ^ Y. Sasai 1993.
  5. ^ 笹井芳樹. 培养皿里长出视网膜. 环球科学. 2012年12月, (84): 48–53. 
  6. ^ iPS Trend(2).
  7. ^ iPS Trend(1) 2013.
  8. ^ ノーベル賞候補の理研『笹井 芳樹』氏を追い込んだのは・・・・・ - NAVER まとめ
  9. ^ STAP retracted - Two retractions highlight long-standing issues of trust and sloppiness that must be addressed. NATURE EDITORIAL Sharing. 2014-07-02 [2014-07-03]. 
  10. ^ STAP細胞:改革委員「疑惑後、理研の対応まずく」. 毎日新聞. 2014-06-18 [2014-06-18]. (原始内容存档于2014-07-09). 
  11. ^ 共著者ら「深くおわび」=STAP論文撤回で. 時事通信社. 2014-07-02 [2014-07-02]. (原始内容存档于2014-07-05). 
  12. ^ STAP細胞:ネイチャー反省記事 過去の教訓生かされず. 毎日新聞. 2014-07-04 [2014-07-04]. (原始内容存档于2014-07-05). 
  13. ^ 調査報告STAP細胞 不正の深層. NHKスペシャル. 2014-07-27 [2014-08-12]. NHK総合. (原始内容存档于2014-08-10). 
  14. ^ 赵松. 卷入STAP细胞论文造假风波的日本研究者自杀. 人民网-国际频道. 2014年8月5日 [2014年8月21日]. (原始内容存档于2014年8月8日) (简体中文). 
  15. ^ 15.0 15.1 山中教授「大変残念」、若山教授も哀悼の言葉. livedoor news. 2014-08-05 [2014-08-08]. 
  16. ^ 笹井氏自殺、「日本列島が衝撃」海外メディア報道. 共同通信. 2014-08-05 [2014-08-06]. 
  17. ^ J-CASTニュース. 笹井氏の自殺は「日本の伝統に従った」WSJ記事に「ミスリーディング」の指摘続々. J-CASTニュース. 2014-08-06 [2014-08-13]. 
  18. ^ Researcher’s death shocks Japan. ネイチャー. 2014-08-05 [2014-08-05]. (原始内容存档于2014-08-05). 
  19. ^ 【理研・笹井氏自殺】「悲劇」「多大な損失」ネイチャー誌声明. 産経新聞. 2014-08-05 [2014-08-06]. (原始内容存档于2014-08-05). 
  20. ^ 野依良治. 笹井芳樹 発生・再生科学総合研究センター副センター長の訃報に接して (PDF). 理化学研究所. 2014-08-05 [2014-08-05]. 
  21. ^ 竹市雅俊. 笹井芳樹副センター長の訃報に接して (PDF). 理化学研究所. 2014-08-05 [2014-08-05]. 
  22. ^ 笹井氏自殺:理研会見一問一答(2)小保方氏は「ショックを受けている」2名が付き添いケア. 毎日新聞. 2014-08-05 [2014-08-05]. 
  23. ^ 笹井氏自殺:理研会見一問一答(1)「疲労困憊、心身ともに疲れている状態だった」. 毎日新聞. 2014-08-05 [2014-08-07]. 
  24. ^ 引用错误:没有为名为jst_advisor的参考文献提供内容
  25. ^ ベルツ賞事務局. ベルツ賞> これまでの受賞論文> 第41回~45回の受賞論文. Boehringer Ingelheim. [2014-08-02]. (原始内容存档于2014-08-10). 
  26. ^ 文部科学大臣表彰の受賞について. 理化学研究所. 2009-04-15 [2014-08-02]. 
  27. ^ 平成21年度科学技術分野の文部科学大臣表彰 (PDF). 文部科学省. [2014-08-02]. (原始内容 (PDF)存档于2013-01-19). 
  28. ^ 読売テクノ・フォーラム> ゴールド・メダル受賞者一覧. 調査研究本部. 読売新聞. [2014-08-02]. (原始内容存档于2014-08-08). 
  29. ^ 笹井芳樹グループディレクターが大阪科学賞を受賞決定. 理化学研究所. 2010-09-25 [2014-08-02]. 
  30. ^ 井上学術賞受賞者一覧 (PDF) (新闻稿). [2014-08-02]. 
  31. ^ Second Symposium on Stem Cells. National Eye Institute. [2014-08-02]. 
  32. ^ 塚原仲晃記念賞受賞者および研究テーマ. ブレインサイエンス振興財団. [2014-08-02]. 
  33. ^ 33.0 33.1 笹井 芳樹グループディレクターが「山崎貞一賞」および「武田医学賞」を受賞. 理化学研究所. 2012-09-28 [2014-08-02]. 
  34. ^ 上原賞受賞. 公益財団法人 上原記念生命科学財団. [2014-08-02]. 

註釋编辑

  1. ^ 2006年の第43回は『感覚器の医学-基礎と臨床-』の分野が対象。「再生医学による重症角膜疾患の新規治療法開発への戦略的研究」というテーマで、京都府立医科大学同志社大学理化学研究所の研究グループと共同で受賞した。なお、理化学研究所のメンバーは上野盛夫と笹井[25]
  2. ^ 受賞テーマ「多能性幹細胞から多様な神経細胞への系統的分化誘導の研究」[26][27]
  3. ^ 受賞テーマ「ヒトのES細胞 (胚性幹細胞)から層構造を持った大脳皮質組織の産生に世界で初めて成功」[28]
  4. ^ 受賞テーマ「脳発生の制御原理の解明と試験管内再現」[29]
  5. ^ 受賞テーマ「自己組織化による中枢神経系の発生制御の試験管内再現」[30]
  6. ^ 受賞テーマ“Self-organization of neural structures in three-dimensional stem cell cultures”、米国NIH財団[31]
  7. ^ 受賞テーマ「脳発生の試験管内再現による制御機序の研究」[32]
  8. ^ 受賞テーマ「多能性幹細胞からの自己組織化による脳および感覚組織の3次元形成とその原理」[33]
  9. ^ 受賞テーマ「器官発生の機序解明と試験管内再現」[33]
  10. ^ 受賞テーマ「幹細胞の自己組織化による臓器形成の自律制御原理の研究」[34]

外部連結编辑

(理化学研究所)

(取材・講演・会見動画)

(その他)